商標を0から理解するためのガイドマップ【完全初心者の個人事業者向け】

「商標の勉強していますか?」

個人が会社に頼らずに稼ぐ時代。

副業や起業してビジネスをはじめる方も多いと思います。

その中で、あなたが屋号を作ったり、Twitter・ブログ・Youtubeなどでコンテンツを発信していくことも多いと思います。

そうすると、ビジネススキルはもちろん、商標を含む知的財産の理解も重要となります。

特に商標権については、あなたがとろうがとらまいが、知っておかないと大変なリスクを背負いかねないことになります。

(例えば「【ミニマリスト注意】商標権の侵害で動画450本を削除した件を弁護士に相談した結果。」)

 

ビジネスがうまくすすんだところで、知的財産の問題が生じて、これまでの蓄積を失ってしまうこともありえます。

このようなことにならないように、商標について理解を深めることはとても重要です。

「しかし、商標って難しいそうだな…法律の勉強なんてしたことがないし…」と思われるかもしれません。

安心してください!

本メディアでは、これから起業したり副業を始める個人事業主の方向けに、商標のプロが、法律に詳しくなくてもわかりやすい解説しています。

そして、「どこから勉強すればよいのか!?」という方のために、本内容では勉強のためのガイドマップを作成しました。

この通り、読み進めていただければ商標についての最低限必要な知識が身につくはず(特に1.と2.は読んでおいてください)です。

もしお困りでしたら筆者にご相談いただいてもかまいません。

1.商標の基本「なぜ商標をとるのか。」

「商標とは?」「区分とは?」

必要最小限の知識が以下の記事で学べます。

8,000文字のボリュームですが、事例をふまえてわかりやすく解説しています。

商標登録とは?区分から流れ・費用も含めてわかりやすくプロが解説

続きを見る

「区分」だけを知りたい方はこちらの記事が参考になります。

商標の区分とは!?意味と簡単に調べられるコツをプロが徹底解説

続きを見る

 

 「商標と商号と屋号の違いを言えますか?」

これらのワードはややこしいので混乱しがちです。

しかし、個人事業主であれば、これらのワードは知っておいた方がよいです。

下記記事では、商標・商号・屋号についてわかりやすく解説しています。

商標と商号と屋号の違いは?勘違いしやすいポイントを徹底解説

続きを見る

 

「商標はなぜとったほうがよいのか。」

商標は登録するメリットというより、登録しないことのデメリット・リスクのほうが大きいです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

商標の早期審査のメリットと早期事情説明の書き方まで徹底解説

続きを見る

 

2.商標権の侵害と言われないために発信者が知っておくべき注意点

商標権の侵害とあたる要件は大きく3つあります。

 ・登録済みの商標と同一・類似の商標を使用すること

 ・登録済みの商標が指定した商品・役務(サービス)と同一・類似の商品・役務に使用したこと

 ・商標的使用であること(※「業として」を含む)

このうち、3つ目の「商標的使用」というのが分かりづらいかもしれません。

例えば、「断捨離」という登録商標をブログの本文中で使う場合には「商標的使用」に該当しない可能性が低く、ブログのタイトルで使う場合では「商標的使用」に該当しする可能性が高いです。

あなたがコンテンツを発信する上で、「商標的使用」という概念は知っておくことをおすすめします。

下記記事では「商標的使用」をわかり易く解説しています。

商標的使用とは?知らないと恐ろしい商標的使用をプロが解説

続きを見る

次に、「商標権侵害」と言われないために必要最小限のことを知っておきましょう。

注意すべきポイントをしぼって下記記事で解説しています。

商標権の侵害とは!?知らないと恐ろしい注意点をプロが徹底解説

続きを見る

特に区分「41類」を指定している登録商標には要注意です。こちらで解説しています。

商標の区分「第41類」は知らないと怖い話【インフルエンサー必見】

続きを見る

 

「よく見られる商標マークの使い方知っていますか。」

®を登録されていない商標に使うと違法だったりします。

商標マークの使い方についても知っておきましょう。

商標マークの違いをプロが解説【知らずに使うと恐ろしいことに!?】

続きを見る

 

3.あなたが商標を自分でとるなら知っておくべきこととやり方

ここからはあなたが自分で商標登録したい場合の解説です。

基本こちらの記事でほぼ解決します。

商標登録を自分でやるときの方法と注意点をプロが解説

続きを見る

ロゴでとりたい方はこちら。

ロゴの商標登録で失敗しやすい注意点を商標のプロがわかりやすく解説

続きを見る

 

文字かロゴでどちらを登録すべきか迷ったらこちら。

文字商標とロゴ商標はどっちをとるべきか!?【結論:文字です】

続きを見る

 

商標出願から登録までの流れを知りたい方はこちら。

商標の登録流れがすぐわかる!プロがわかりやすいように解説

続きを見る

 

商標調査で類似群を知っておくと便利です。

類似群コードってなんだ!?商標調査に必須ワードを3分で解説

続きを見る

 

あなたがサイト名を商標登録したいときはこちら。(区分は41類です)。

サイト名・ネットショップ名を商標登録すべきケースはどういう時?|やり方も解説

続きを見る

 

なお、出願自体は自分でもできますが、その後の手続き(中間処理・登録納付料手続き)は手間がかかったりプロに任せた方がよかったりします。

もし費用に余裕があるならプロに頼むことをおすすめします。

「しかし、プロに頼むと2倍以上かかるんだろうな・・・」

いえ。心配しなくてOKです。

こちらの記事では費用と格安の商標出願サービスを紹介しています。

筆者が運営するBrandAgent(格安¥10,000。税別。1区分)をご利用するなら使い方はこちら。

商標出願代行サービス「BrandAgent」の紹介と使い方

続きを見る

 

4.あなたがネットショップを開設するなら知らないと損をすること

あなたがネットショップを開設する場合、Amazonに出店することもあるでしょう。

Amazonに出店する場合、Amazonブランド登録をしておくと便利です。

こちらの記事ではやり方を簡単に解説しています。

Amazonブランド登録のメリット・やり方をブランド登録のプロが解説

続きを見る

5.商標制度で使える便利な制度

最後に便利な制度を紹介しておきます。

商標登録出願では、出願から登録まで約1年かかります。

長いと思ったら商標早期審査制度を利用すると便利です。約2カ月に短縮されます。

こちらの記事では利用できる要件や早期審査の書き方について解説しています。

商標の早期審査のメリットと早期事情説明の書き方まで徹底解説

続きを見る

投稿日:

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.