ユーキャン 行政書士 資格

【2023年】ユーキャンの行政書士の評判は最悪か最高か?

更新日:

悩み太郎

ユーキャンの行政書士の評判・口コミが知りたい。

最悪なのか最高なのか…

こうした疑問に答えます。

 

士業男子やま

結論から言うと、安心と知名度抜群の資格講座であり、悪くはないでしょう。

 

おまけに、

2022年には、リニューアルされてさらにパワーアップしています。

つまり、

動画学習、テキストの強化などさらにパワーアップしておりおすすめの講座となっております。

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

 

以下ではユーキャンの行政書士の通信講座について評判・口コミを含めてさらに深堀して解説していきます!

 

この記事を書いている人

弁理士やま
現役弁理士。ブラック零細企業に就職するも、半年で退職。一発逆転をかけて弁理士資格を受験。1日8時間以上の勉強量で弁理士試験(短答・論文必須・口述)に一発合格。この経験をもとに資格勉強法を発信したところ、1日3万PV以上のアクセス。資格スクエアさんのYoutubeチャンネルでも独自の資格勉強法を公開中。

この記事を監修している人

田中慎一先生
現役行政書士。行政書士たなか事務所を開業。京都東山にて、行政への各種許認可等のお手伝い、手続きのご相談を承う。WEB事業部企画室にてネットショップの運営全般においての店長業務を経験するという異色の経歴の持ち主。

 

ユーキャンの行政書士講座の口コミと評判

弁理士やま
ここではTwitterでの評判をまとめます。

 

 

 

添削指導が好評のようです。

添削指導は、他社の通信講座ではなかなか見られないシステムであり、

マンツーマンで指導を受けたい方にとってはおすすめかもしれません。

 

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

ユーキャンの行政書士の通信講座の最大の特徴は、添削指導にあるようですが、

そのほかの特徴はどのようなものか、見ていきましょう。

ユーキャンの行政書士講座の4つの特徴

弁理士やま
ユーキャンの行政書士の通信講座の特徴は以下のとおりです。

特徴

  • 一般教育訓練給付制度の対象
  • スマホ、パソコン、タブレット学習に対応 
  • メール等での質問受付サービス 

     

  • 半年で無理なく合格するためのサポート体制

一般教育訓練給付制度の対象

ユーキャンの行政書士講座は教育訓練給付制度の対象です。

教育訓練給付制度とは、厚生労働省より、「雇用の安定と再就職の促進を図る」という目的のもと、受講料の一部が支給される制度です。

1 雇用保険の被保険者(※)(在職者)
一般教育訓練の受講開始日に雇用保険の被保険者である方のうち、支給要件期間が3年(初めて教育訓練給付金を受給する場合は1年)以上ある方
2 雇用保険の被保険者であった方(離職者)
受講開始日に被保険者でない方のうち、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(妊娠、出産、育児、疾病、負傷などで教育訓練給付の適用対象期間が延長された場合は最大20年以内)であり、かつ支給要件期間が3年(初めて教育訓練給付金を受給する場合は1年)以上ある方

なお、上記要件に加え、平成26年10月1日以降、教育訓練給付金を受給した場合は、前回の教育訓練給付金受給日から今回受講開始日前までに3年以上経過していることが必要です。

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000197028.html

 申請すると費用の20%を国が負担してくれます。

 

スマホ、パソコン、タブレット学習に対応

ユーキャンの行政書士講座は、元々テキスト冊子等の紙教材メインの講座でした。

しかし、現在では、リニューアルされており、デジタルテキストやWEBテスト、動画学習も用意されています。

しかも、合格に必要なスケジュール管理や、弱点や課題把握までスマホ一つで管理できるようになっています。

 

このため、スキマ時間に勉強したい社会人も勉強しやすいようになっています。

 

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

メール等での質問受付サービス

ユーキャンの行政書士講座では、

学習をすすめる中ででてきた質問について、メール等で気軽に質問できます。

 

通信講座を選ぶ上で質問受付サービスは重要なポイントとなるでしょう。

半年で無理なく合格するためのサポート体制

ユーキャンの行政書士講座では、半年で無理なく合格するためのサポート体制が充実しております。

このサポート体制について、以下でくわしく見ていきます。

 

ユーキャンの行政書士講座のサポートシステム

弁理士やま
続いてユーキャンの行政書士の通信講座のサポートシステムを深堀します。

特徴は以下のとおり。

特徴

  • フルカラーのテキスト
  • 動画講義

 

ユーキャンの行政書士講座では、初学者でも6ヶ月で行政書士講座合格を目指せるよう、サポートが整っています。

以下で特徴的なサポートをご紹介します。

フルカラーのテキスト

実は、ユーキャンの行政書士講座のテキストは元々はフルカラーではありませんでした。

しかし、2022年のリニューアルでフルカラーに生まれ変わりました。

ユーキャンの行政書士講座には、入門テキストと応用テキストが用意されています。

いずれもフルカラーで、初心者でもわかりやすいように学習できます。

 

無理なく理解できる動画講義

ユーキャンの行政書士講座では、テキストの全レッスンを動画講義で用意しています。

テキストの学習だけでなく動画講義でさらに効率良く理解を深めることができます。

 

そして動画は1本あたり平均6分です。

ちょっとしたスキマ時間で学習を進めることができます。

スキマ時間も馬鹿にできません。

コツコツ積み上げて学習することが合格への1番の近道です。

 

このように、ユーキャンの行政書士の通信講座は生まれ変わり、

昔の問題点が解消され、さらに勉強しやすくなりました!

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

ではユーキャンの行政書士の通信講座の料金はどうなのか。

続いてみていきます。

ユーキャンの行政書士講座の費用と他社比較

ユーキャンの行政書士講座のコースは1つのみです。

一括払いであれば63,000円、分割払いであれば63,680円です。

 

ただし、一般教育訓練給付制度の対象講座となるため、制度を活用すると50,400円で受講することができます。

 

では、この料金と他社と比較するとどうなるのか。

 

フォーサイト アガルート スタディング TAC ユーキャン
価格 ¥94,800 ¥160,160 ¥44,000 ¥198,000 ¥63,000
コース バリューセット3 入門総合(ライト) 合格コース スタンダード ベーシック本科生 行政書士講座

 

ユーキャンの行政書士講座と他社講座の費用を比較してみると、さらに安い行政書士講座もあります。

しかし、大手予備校などと比較すると、

ユーキャンの行政書士講座はリーズナブルな価格設定となっています。

 

ユーキャンの行政書士講座はリニューアルにより、コスパの良いおすすめの行政書士講座だといえます。

 

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

では続いて合格実績はどうなのか。

ユーキャンの行政書士講座の合格実績と他社比較

ユーキャンの行政書士講座の合格実績は、過去10年で2,918名です。

実績は十分といえるでしょう。

 

平均すると1年あたり約300名ほどは受講して合格していることになります。

ただし、ユーキャンを受講した人数が把握できないので合格率はわからないことに注意してください

ユーキャンの行政書士講座では合格率を出していないため、他社講座と合格率の比較はできませんが、合格率を公表している他社講座をここではご紹介いたします。

 

アガルートの行政書士の通信講座の合格率:42.14%(アガルート公式ホームページより)

フォーサイトの行政書士の通信講座の合格率:38.0%(フォーサイト公式ホームページより。)

 その他の通信講座:非公表または合格者数のみ公開

行政書士試験の全国平均合格率は11.18%となっており、そこと比較するとご紹介したアガルート、フォーサイトはかなり高い合格率を誇っています。

ただユーキャンの行政書士講座では合格率を公表していないものの、10年で2,918名の合格者を輩出しており、サポート体制もリニューアルしているため、安心して受講できる講座の1つでしょう。

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

 

ユーキャンの行政書士講座のまとめ

ユーキャンの行政書士講座は2022年にリニューアルされ、おすすめできる行政書士講座の1つです。

迷ったらユーキャンでOKです。

 

行政書士は独立向けの資格です。

独立で成功することが重要であり、資格に合格することはあくまで通過点です。

講座選びや、やるかやらないかでいつまでも時間をかけるようでは

成功への道は遠く今の現状は変えることはできないでしょう。

行政書士で成功したいという気持ちが今少しでもあるなら、今すぐ行動に移しましょう。

思い立ったが吉日といいますが、その通りだと思います。

費用は数万円ですが、ぶっちゃけ安いと思います。

理由は、資格をとれば、転職・資格手当・独立後の成功により、すぐに回収しやすいからです。

筆者は別の資格勉強に40万円以上の費用を払って勉強しましたが、その後転職して数カ月で回収できました。今ではその費用対効果は抜群でした。

今、目の前の費用を惜しんで行動できなければ、貴重な時間はどんどん減っていきます。

今この瞬間が一番若い、今が行動を起こすチャンスだということを意識すればおのずと答えは見えてくるでしょう。

このブログを通じて一人でも多く行政書士として早くご活躍されることを祈っております。

 

最後に申し込み方法を記載しておきます。

 

ユーキャンの行政書士講座(3,980円×16か月)のお申し込みはこちらからできます。

受講お申込みをクリックして必要情報を記入すればOKです。

ユーキャンにクーポンはありませんのでご注意を。

なお、教育訓練給付制度を受ける人は受けるにチェックを入れることを忘れずに。

こちらの申し込みからあなたが教育訓練給付制度にあてはまるのかどうかチェックすることもできます。

ユーキャンの行政書士の通信講座のお申し込みはこちらから

-ユーキャン, 行政書士, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.