士業 独立・起業

ランサーズのWebサイト制作の外注は最高か最悪か?【使った感想】

投稿日:

悩んでいる人

ランサーズでWebサイト制作を外注しようか迷うな。

口コミを知りたい。

こうした疑問に答えます。

実際に筆者はWebサイト制作をランサーズで依頼したので感想を述べます。

これからランサーズでWebサイトを制作しようか迷っている方のご参考になればと思います。

「最悪」か「最高」か。

「最悪」を1とし、「最高」を5とすると、すみません「2」です。

筆者はあまりおすすめしません。

もちろん、たまたまランサーが悪かった(人柄はいい方でしたよ。)かもですが、ランサーの一般的な評価が5に近いので、正直ランサーズのランサーってそんなものか・・・と思いました。(ほんますみません・・・そして記事のネタにしてすみません。悪気はないです・・・)

そこで、以下、ランサーズでWebサイトの制作を外注してよかった点と悪かった点を解説していきます。

1.ランサーズのWebサイト制作の依頼内容

2.ランサーズのWebサイト制作を外注してよかった点と悪かった点

①ランサーズのWebサイト制作を外注してよかった点

②ランサーズのWebサイト制作を外注して悪かった点

3.結局外注に頼らず自分でやった方がよかった

 

1.ランサーズのWebサイト制作の依頼内容

まず、依頼内容についてお話しします。

  • ①既存のWebサイトの修正
  • 動きのあるサイトにしたい。英語や中国語の翻訳版サイトも作りたい。
  • ②Webサイトに記載したいデータ(文章・料金表・弁理士紹介文など)はこちらが用意。
  • ③納期は2週間後(希望)。延長可能。

基本的にWebサイトは筆者で作っていたのですが、動きのあるサイトを作りたくてこれはAffinger5(ワードプレスのテーマ)では無理みたいであり、やり方がよくわからなかったので業者に依頼することにしました。

ちなみにWeb制作業者に依頼をしたところいや150万円は最低かかりますよと言われて、そんなにかかるのかと思いランサーズに依頼しました。

100万円ほどの予算で依頼を募集したところ結構きました。50件くらい来ました。

どれを選んだらいいのかわかりません。モテモテです。

いかんせん素人ですし、よくわからなかったので、実績数と評価から選びました。実績数が豊富であり評価が5に近いものを選びました。

費用は100万円は覚悟していましたが、57万円ほどですみました。(ランサーズ手数料込み。)

しかも納期は2週間でOK。意外と早くて助かるなあと思いました。

電話での打合せでは、Webサイトのトップページのデザインはお任せしました。

そして、2週間後・・・

2.ランサーズのWebサイト制作を外注してよかった点と悪かった点

結果的に外注してまああんまり・・・という感想です。

外注してよかった点と悪かった点を簡単にまとめると以下のとおりです。

外注してよかった点

  • 対応が速い。
  • 質問に丁寧に答えてくれる
  • なんと返金を申し出てくれた

外注して悪かった点

  • 誤字脱字が多い。致命的なミスも・・・
  • 圧倒的な手抜き感・・・

①ランサーズのWebサイト制作を外注して悪かった点

おそらくチームでやっていると思います。

窓口の方はとても親切な方でした。

しかし、納品でできあがったものは「手抜き感」が感じましたです。

一言で言うと、「2回3回と見直していくうちに「あれ?しょぼくね・・・」という感じです。」

全体的に見るとまあまあですし、希望していた動きのあるサイトができあがったんですが、細かいところを見ていくと、なんていうかこちらの文章をそのままコピペで貼り付けている感じです。

せめて背景のデザインくらいつけてほしかったです…

(まあ面倒くさい作業ですし、手を抜きたくなるのはわからんでもないですが・・・)

ただ、その点についてデザインをつけてほしいとかお願いするとすぐに対応してくれました。

その点はよかったです。

しかし、決定的なミスとして誤字脱字が散漫していたことです。

まあ筆者も早く売り上げをあげたいと勤務時代に明細書を誤字脱字チェックせずに出したりしていたので、わからんでもないですが・・・

ただ致命的なミスがあり、それは弁理士紹介というタイトルがなぜか税理士紹介となっており、そこを指摘して修正依頼して、またチェックをしたところさらに筆者の肩書がなぜか弁護士になっていました。(どんだけ弁理士って知られていなんだよ・・・)

 

 

そのまま放置すると非弁行為っすよ・・・

この点をランサーに指摘すると、事の重大さに気が付いたのか、ご迷惑をおかけしてすみません。返金OKです。みたいな返事をなんと頂きました。

②ランサーズのWebサイト制作を外注してよかった点

外注してよかった点は対応が丁寧であったことと、質問に丁寧に答えてくれることと、返金の申し出を向こうからしてくれたことです。

普通、手抜き感が半端でないと対応もずさんのようなイメージですが決してそれはなかったです。

しかも返金の申し出もありました。お詫び?として、作り上げたサイトは無料でお渡ししますということです。

正直、「うっひょ~ラッキー!」と思ったんですが、筆者も個人事業主の身。

それではあまりにも申し訳ないと思ったので150,000円払うことにしました。ランサーズ手数料込で200,000円弱。

結果的に翻訳自体は自分でやることにしたのですが、まあ15万円くらいなら妥当かと思って払いました。

そちらがこのサイトです。

3.結局外注に頼らず自分でやった方がよかった

結論から言うと外注に頼らず自分でやった方がよかったなあというのが正直な感想です。

ただし、筆者の指示・依頼内容が明確に伝わっていなかった可能性もあり自分にも責任はあると思います。

 

満足いくレベルのものを頼むとやはり数百万円はかかるんでしょう。

ただし、動きのあるサイトの作り方は教えてもらったりとまあ有益でした。

教えてもらった動きのあるサイトの作り方はこちらで解説しています。

士業がホームページを自分で作るには?【早くて半日。通常2~3週間。】

続きを見る

ただし、サクッと作業的な仕事をお願いしたい場合はランサーに頼むといいと思います。

-士業, 独立・起業

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.