SEO ブログ 士業

士業のSEO対策【個人事務所向け】検索で上位をとるには?

更新日:

悩んでいる人

SEO対策がわからないな。

コツを教えてほしい。

こうした疑問に答えます。

士業男子やま

この記事を書いている人

  • ①独立開業弁理士。特許事務所サイトはこちら
  • ②本ブログで弁理士ワードで1位~3位を量産。一部を公開するとこちら。
  • 現在、2021年公開商標公報事務所ランキング第11位(京都第1位。関西第2位)←NEW(2021/2/5)(https://jp-ip.com/ranking/35733/2)
  • ⓸本業のサイトはSEO対策不十分。(特にやらなくても集客に問題がないため)
  • ※資格勉強法を発信。資格スクエアのYoutubeチャンネルにて勉強法を発信。
  • 弁理士の勉強法は「弁理士試験の勉強時間を1,500時間で合格するための勉強法」の記事で解説。

筆者は現在、3つサイトをもっています。

  • ①本ブログ。SEO対策ばっちし。
  • ②本業の事務所サイト。最近立ち上げ(2020年12月。)SEO対策不十分。
  • ③本業の事務所ブログ。(商標記事を量産化)SEO対策不十分。

士業の場合、SEO対策ってそれほど重要ではないです。理由は過去記事で解説しました。

士業はSEO集客が必要か?ぶっちゃけどっちでもよいです。

続きを見る

このため、本業の事務所サイトとブログについては①で得たノウハウを生かして検索順位を伸ばすことは可能と思いますが、特にやっていません。(おまけに筆者の場合集客は国内よりもむしろ外国を想定しているので。)

そのため、筆者はSEOのノウハウをもっていますが使いません。

そこで、士業の中でSEO対策に悩んでいる方にここでこっそりと教えちゃいます。

ただし、ノウハウは教えますが、面倒くさいです。(だから筆者はやってない。)簡単にはできません。その点をご理解ください。

ちなみに士業向けのSEO対策は、有料noteなどで5,000円近くで販売されているみたいですが、こちらは無料です。(本ブログの記事は全て無料で読めます)

参考:「士業・専門職のSEO対策【個人事務所向け】問い合せが増える『ミニマムSEO対策』マニュアル ¥4,980」

また、本内容はSEOについて初歩的な知識があるという前提で解説します。そもそもSEOって何!?と言う方は過去記事をご参考に。

no image
SEOの内部対策で見落としがちなポイントを10個紹介【初心者向け】

続きを見る

1.士業のSEO対策でまず知っておくべきこと

2.士業のSEO対策で重要な3つの要素

3.士業のSEO対策のまとめ

1.士業のSEO対策でまず知っておくべきこと

士業のSEO対策でまず知っておくべきことはコンテンツを充実させることです。

つまり、「経営理念」「料金表」「スタッフ紹介」「お問合せ」だけのコンテンツでは十分でなく、なかなか検索上位に上がりません。

同業の売れている士業のサイトを見ればわかると思いますが、どれもたいていブログ(ブログでなくてもお役立ち記事)も含めていることがわかります。

このため、もしSEO対策をやるのであれば、事務所HPにブログを加えることをおすすめします。

やり方は上の2つのいずれかであり、事務所HPにブログも含めるか、事務所HPとブログを分けてブログから事務所HPへ誘導させる(ブログの各記事に事務所HPのリンクを貼っておく)ことの2つです。

筆者の場合、事務所HPとブログはそれぞれ別のワードプレスのテーマを使っているので分けています。

ただしこだわりがなければ事務所HPにブログを含めてコンテンツを充実させることがよいと思います。

2.士業のSEO対策で重要な3つの要素

SEO対策で重要な要素は以下の3つです。

  • ①ドメインパワーを上げること➤自分でやることは無理。
  • ②内部SEO対策をやること  ➤簡単だが面倒くさい。
  • ③外部SEO対策をやること  ➤難しい。

ドメインパワーが高く、内部SEO対策と外部SEO対策がしっかりとされていると検索順位は上がります。

ドメインパワー自体は自分で上げることは難しいので「内部SEO対策」と「外部SEO対策」をしっかりやる必要があります。

以下、3つについて順番に解説します。

①ドメインパワー

自分のドメインパワーがどれくらいかはパワーランクチェックツールで調べることができます。

狙っているキーワードで上位表示をとる場合、「原則」ドメインパワーが重要となります。

例えば、「商標登録」というキーワードで上位表示をとる場合にはどれくらい必要か。

  • 商標登録専門サイト ドメインパワー(DA)「29」
  • Cotobox ドメインパワー(DA)「38」
  • Toreru ドメインパワー(DA)「33」
  • ※「Googleで『商標登録』(検索ボリューム数33,100)を検索した場合の表示結果」

上のとおり、検索ボリューム数が大きいワードほど上位で表示されるためには高いドメインパワーが重要となります。

通常、サイトを開設して半年くらいまでの間はドメインパワーは10程度です。以下に上記のドメインパワーが高いかがわかると思います。

しかし、ドメインパワーを上げるためには、年数的な要素が大きいです。参考:「パワーランクランキング【掲載サイト募集中!】

上記の参考サイトからわかるとおり、ランキング上位のサイトは年数が2年以上であることが多いです。

そうすると、「なんだ。じゃあSEO対策がんばってもすぐに効果は出ないのか…」と思って落胆するかもしれません。

しかし、例えば、キーワードによっては集客しやすいキーワードであっても、ドメインパワーの小さいサイトで上位表示が可能です。

例えば、「京都 行政書士」と言うキーワードの場合。

「Googleで『行政書士 京都』で検索した結果。」

この「行政書士アピー法律事務所」はドメインパワーが5ですが、ドメインパワー22のサイトより上位に表示されています。

こちらのサイトを確認すると、サイト内でコンテンツが充実しています。(行政書士の様々な業務について解説されている。)

「行政書士 京都」自体、検索ボリューム数は少な目ですが、集客しやすいキーワードであり、こうしたキーワードで上位表示をとることにドメインパワーは少なくてもとれることがわかると思います。

このため、ドメインパワーはおいて、内部対策と外部対策をしっかりとすることをおすすめします。

②内部SEO対策

内部SEO対策では、以下の2点が重要です。

  • コンテンツを充実させること(ユーザの悩みに答えられるサイトであること)
  • Googleが記事を見つけやすいサイトの構造とすること
  • 参考:「Googleスターターガイド

つまりユーザーとGoogleの双方にフレンドリーなサイトを構築する必要があります。

一見難しそうな感じがしますが、それほど簡単ではありません。

ただしコンテンツを充実させる必要があり、面倒です…

具体的なSEO対策をここで解説すると長くなるので過去記事をご参考ください。

no image
SEOの内部対策で見落としがちなポイントを10個紹介【初心者向け】

続きを見る

③外部SEO対策をやること

3つ目が外部SEO対策でして、これが1番重要であったりします。

内部SEO対策をしっかりとしても上位表示に時間がかかります。

すぐに上位表示させるために効果的なのが外部SEO対策であり、要は「被リンクを獲得すること」です。

被リンクとは、他のサイトやメディアにサイトのリンクを貼ってもらうことをいいます。

ただしやみくもにあれこれと相互リンクで貼り付けたりしても効果的ではありません。

国や公共団体など権威のあるサイトや、ドメインパワーの高い個人サイトにリンクを貼ってもらうことが重要となります。

具体例としては以下のとおりです。

①弁理士の場合、特許庁のサイトにリンクを貼ってもらう。

知財インテリジェンスサービスの紹介(試行)

※かなり強力と思われる。ただし、「利用者が求める文献集合や技術分野に対して、情報分析が可能な複数の機能を有するサービス」などの条件が必要。

②商工会議所にリンクを貼ってもらう。

引用:京都の商工会議所のHP(https://www.kyo.or.jp/kyoto/)

有料会員になれば掲載してもらえる。ただし年会費数万必要。

中小企業庁のサイトのBCP策定企業に登録する。(無料)

④他士業のサイトとの相互リンク。

いくつかの士業サイトには相互リンクを募集しているところもある。例えば、「行政書士 澤本行政書士事務所

⑤企業サイトとの相互リンク

いくつかの企業サイトには相互リンクを募集しているところもある。例えば、「共栄化学工業株式会社」では税務会計事務所のリンクが貼り付けられている。(営業にも有効!?)

これらを片っ端からサーチしてリンクの申請をすることにより、ドメインパワーも上がり易くなり検索で上位表示されやすくなります。

ただし、まずリンクを貼れるところを探すのが大変ですし、面倒な作業ではありますのでその点注意してください。

3.士業のSEO対策のまとめ

  • ①ドメインパワーを上げること➤自分でやることは無理。
  • ②内部SEO対策をやること  ➤簡単だが面倒くさい。
  • ③外部SEO対策をやること  ➤難しい。

以上解説しましたが、本内容のやり方でやればうまくいくと思いますが面倒ですのでその点注意してください。

ぶっちゃけ士業ならSEO対策しなくても、ブログで書きたい記事を発信してもよいと思います(筆者もそうしている。)

no image
SEOの内部対策で見落としがちなポイントを10個紹介【初心者向け】

続きを見る

本ブログではHPサイトの作り方も解説しているのであわせて読むと効果的です。

士業がホームページを自分で作るには?【早くて半日。通常2~3週間。】

続きを見る

-SEO, ブログ, 士業

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.