中小企業診断士 資格

【2021年】中小企業診断士試験の通信講座のおすすめを徹底比較

投稿日:

悩んでいる人

 中小企業診断士の通信講座って数が多すぎてどれを選べばよいのか分からないな。

 比較しながら検討したいな。費用もどのくらいかかるのだろう・・・

 こうした疑問に答えます。

士業男子やま

本記事を書いている人

難関士業の資格を1年弱の勉強量で突破。資格勉強法の記事が1日3万PV以上のアクセス。

資格の勉強法について、資格スクエアのYoutubeチャンネルにて解説。

 中小企業診断士の予備校・通信講座はたくさんありますので、どれを選んだらよいかわからないと思います。

 正直、通信講座の選びに時間を使い過ぎるのはもったいないです。

 そこで、本記事では、中小企業診断士の通信講座の中でも3つ厳選し、これらを徹底比較していきます。

選び方のポイントは以下の3つ。

ポイント

①価格の安さ(コスパ)

②学習のやり易さ

③実績

結論から言うと、中小企業診断士のおすすめの通信講座は以下の3つ。

1.診断士ゼミナール(レボ)
42,000と資格の通信講座では破格。3年間受講延長無料制度もあり。
ただし、DVDでの学習のみであり、スマホに対応していない。
2.スタディング
格安通信講座で有名。¥48,900と安め。合格者の声も多数あり。
スマホ対応なので、隙間時間に有効に学習可能。
3.フォーサイト

 ¥61,800とやや安め。

行政書士・宅建と言った資格では合格実績抜群の資格サイトです。

理由も含めて以下に解説していきます。

 1.中小企業診断士の通信講座のおすすめを3つ徹底比較

診断士ゼミナール(レボ) スタディング フォーサイト
価格 ¥42,000 ¥48,900 ¥61,800
学習形態 パソコン・スマホ両対応
テキスト付
パソコン・スマホ両対応
テキストはオンラインのみ
パソコン・スマホ両対応
テキスト付
合格実績 合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声なし
1次試験の合格率のみ掲載

 価格・学習形態・合格実績のいずれも各サイトの公式HPを参考にしています。

 中小企業診断士の通信講座の選び方は、価格・学習形態(学習のしやすさ)・合格実績の3つのポイントが重要です。

 比較すると上の表のようになります。

 結論から言うと、PC学習でOKなら診断士ゼミナール(レボ)を選択し、スマホでも勉強したいならスタディングを選択することをおすすめします。

PC学習・スマホ学習では、いずれも講師の講義動画を聴きながら勉強をすすめていきます。

資格講座は通学講座と通信講座の2つのタイプがありますが、断然通信講座がおすすめです。

また通信講座は動画をメインに学習するタイプと、ユーキャンのようにテキストをメインに学習するタイプの2つのタイプがありますが、動画メインの学習をおすすめします。

理由は、無駄なく時間を上手く使いながら勉強できるからで、筆者もこのやり方で短期合格しています。

さらに詳しく知りたい方は「資格試験の勉強法|1発で合格するために難関資格1発合格のプロが図解で解説」の記事もあわせてご参考ください。

 

 以下では、各通信講座の特徴をさらに深堀していきます。

1.1.診断士ゼミナールとスタディングの比較

診断士ゼミナール(レボ) スタディング
価格 ¥42,000 ¥48,900
学習形態 パソコン・スマホ両対応
テキスト付
パソコン・スマホ両対応
テキストはオンラインのみ
合格実績 合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声多数
(公式HP)

 いずれも価格は安めであり、合格者の声も多数あり、どちらもおすすめです。

 しかし、スタディングでは、テキストは紙媒体が用意されていません。PDFデータを印刷する必要があります。

このため、紙媒体のテキストを用意して自宅でじっくりと勉強したい方や、通勤時間といった隙間時間を有効活用したい方のいずれにも診断士ゼミナール(レボ)がおすすめです。

テキストは、図やイラストを多用したフルカラーテキストなので記憶に定着しやすく勉強の効率が高めです。

引用:https://www.rebo-success.co.jp/sample.html

動画は、イラストと図を多用してわかりやすく解説されています。

また、過去問題集は5年分ついていますので、過去問を別途購入する必要がありません。

さらに、わからない点があれば、プロの専門スタッフが質問に答えてくれる質問フォロー制度も用意されています。

以上をまとめると以下のようになります。

  • 価格が安い
  • 図やイラストを多用したフルカラーテキストつき
  • 図やイラストを多用した講義動画
  • 過去問題集つき(5年分)
  • 質問フォロー制度つき

サンプルテキストや動画を見ると、図やイラストがプロっぽくない感じがして本当に最後まで勉強できるのか不安に思われるかもしれませんが、合格者の声を見ると、「分かりやすく解説されている」「途中で諦めることなく最後まで勉強できた」という声も多いです。

以下に合格者の声を抜粋します。

「すべての科目がとても分かりやすく解説されており、途中で諦めることなく最後まで勉強することができました。」

「一言で言い表すと、「わかりやすい」に尽きると思います。更に、要点や重点箇所をコーチングしてくれたので、効率的に勉強が出来ました。」

「重要な点、そうでない点を明確に伝えていただいたのも非常に参考になりました。」

1.2.診断士ゼミナールとフォーサイトの比較

診断士ゼミナール(レボ) フォーサイト
価格 ¥42,000 ¥61,800
学習形態 パソコン・スマホ両対応
テキスト付
パソコン・スマホ両対応
テキスト付
合格実績 合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声なし
1次試験の合格率のみ掲載

 診断士ゼミナールとフォーサイトを比較すると、価格に大きな違いがあります。

また、フォーサイトの場合、1次試験の合格率のみ掲載されており、実際の合格者の声がないのに不安があります。

ただし、フォーサイトの方がテキストの図やイラストの質は高い印象です。

このため、中小企業診断士ゼミナールのテキストに抵抗があるという方はすこし値がはりますがフォーサイトを利用するのもありです。

2.中小企業診断士の通信講座の費用・予算は¥40,000ほどあればOKです

 以上のとおり、中小企業診断士の通信講座の費用は、格安で¥40,000ほどでして、過去問題集もそろっており、それ以外のテキストの購入はほぼ不要です。

中小企業診断士の通信講座の費用は、その他の士業の通信講座の費用と比較すると格安です。

中小企業診断士の通信講座の費用 ¥40,000

弁理士の通信講座の費用の相場  ¥250,000

行政書士の通信講座の費用の相場 ¥100,000

¥40,000ほどで難関資格をとれるのであればコスパよしと言えるのでお早めに準備することをおすすめします。

診断士ゼミナール(レボ) スタディング
価格 ¥42,000 ¥48,900
学習形態 パソコン・スマホ両対応
テキスト付
パソコン・スマホ両対応
テキストはオンラインのみ
合格実績 合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声多数
(公式HP)

3.中小企業診断士のおすすめの通信講座の比較のまとめ

診断士ゼミナール(レボ) スタディング フォーサイト
価格 ¥42,000 ¥48,900 ¥61,800
学習形態 パソコン・スマホ両対応
テキスト付
パソコン・スマホ両対応
テキストはオンラインのみ
パソコン・スマホ両対応
テキスト付
合格実績 合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声多数
(公式HP)
合格者の声なし
1次試験の合格率のみ掲載

 以上、中小企業診断士の通信講座を比較しました。

 最短で合格するには、早めに準備をしてとりかかることです。

 あなたに合った予備校・通信講座が見つかったらすぐにとりかかることをおすすめします。

診断士ゼミナールのお申し込みはこちらのサイトからできます。

「申し込み規約」「コース選択」「ご注文情報入力」をこの順番で選択して確認を選択すればOKです。

-中小企業診断士, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.