ブログ

ブログの書き方のコツ|3か月で月1万円の収益を達成したい初心者向け

投稿日:

悩んでいる人

ブログの書き方のコツが分からない。

書いても書いても収益が0のまま…。

Twitterではブログの収益報告がされているが何であんなに稼げるのだ!?

こうした疑問に答えます。

 

安心してください。あなただけではないのです。

ほとんどのブロガーは収益が出せていません。

 

※引用:http://affiliate-marketing.jp/release/202007.pdf(赤い四角は筆者の追記。)

ブログで収益化をたてることは相当難しいのです。

 

 

参考

・筆者の実績(あまり〇〇万円稼いでいる!というのは気が引けますが、実績として紹介します。)

 ・ブログを始めて5か月後に月3万円の収益達成

 ・その後、PV10,000~20,000くらいで月15~30万円弱の収益を達成

 ・しかし、5月のアップデートで法人メディアにシェアを奪われてガタ落ち(といっても月5万円以上はありますが)になっていることも正直に伝えておいます…

 

 

・本内容の構成

 1.ブログの書き方のテンプレート

 2.ブログの書き方のコツ

 3.ブログの書き方のまとめと企画

 

 本内容でわかること

 ・ブログを簡単に書く方法がわかる

 ・3か月で月1万円を稼ぐために必要なブログの書き方のコツがわかる

 

「3か月でたったの1万円!?」と思うかもしれませんが、ほとんどの人はそこまで達成していないのです。

また、¥0から¥10,000を稼げるようになると、努力の方向はわかったも同じですのであとは努力を継続すれば収益をのばせます

 

本内容は、ブログサービスとして、ワードプレスを使用していることを前提としてお話ししています。

まだの方はこちらの記事を先にご覧頂いてすませておくことをおすすめします。

>>ワードプレスの始め方がたった20分でできる方法【2020年最新版】

 

1.ブログの書き方のテンプレート

上の「ブログの書き方のテンプレート」をあなたのブログに徹底的にあてはめてください。

これが読者に最も読まれやすく、あなたが書きやすいテンプレートであり、筆者の記事ならず「ブログの書き方」講座でどこでも紹介されるものです。

各見出しの内容では、以下の順序の構成をとると読まれやすくおすすめです。

ポイント

 ①結論

 ②理由(なぜそう言えるか)

 ③具体的列挙(具体例をあげて読者を納得させる)

 

もし、理由が複数ある場合、さらに小見出し<h3タグ>を設けて階層化していきましょう。

ポイント

 ①結論

 ②理由は2つある

 <h3>理由A</h3>

 ③理由Aの具体的列挙

 <h3>理由B</h3>

 ③理由Aの具体的列挙

では、上のテンプレートを前提に、ブログの書き方のコツについて、初心者が誤解しやすいポイントにしぼって解説していきます。

2.ブログの書き方のコツ

あなたがブログで収益をたてるためには、以下の2つの書き方が重要です。

 

ポイント

 ・「読者に読まれる書き方」

 ・「SEOに有利な書き方」

順番に解説します。

2.1.読者に読まれるためのブログの書き方のコツ

ポイント

①導入文でターゲットを絞り込む

②絞り込んだターゲットに語りかけるように書いていく(セールスレター)

③文字の装飾を使い分ける(読者は全文を読んでくれると限らない)

④次の見出しに移る前に注意喚起(読者の離脱防止)

①導入文でターゲットを絞り込む

上の写真は、筆者が書いた記事「弁理士の年収はいくら?【稼ぎ方のコツも紹介】」の導入文です。

上の写真のように、最初の導入文でターゲットを「年収500~600万円の未経験の30歳」まで絞り込んでいることがわかります。

ターゲットをしぼらないと、誰に向けての記事なのかよくわからず、記事の内容も漠然とした抽象的なものとなってしまい、離脱する可能性が高くなります。

一方、ターゲットを上の用にしぼって、そのターゲットに向けて記事を書いていくと、当事者意識が強く内容もより身近な具体的なものとなり読まれやすくなります。

実際に、Googleアナリティクスで調べたところ上の記事の読者の滞在時間は4分以上でした。

たいていは記事の滞在時間は3分以上あればよいみたいです。

②絞り込んだターゲットに語りかけるように書いていく(セールスレター)

レターのような感じで、以下の点に注意して書いていきましょう。

 

ポイント

 ・1文を長すぎないこと(最大3行まで)

 ・1文ごとに改行すること

 ・難しい言葉を使わず、簡単な言葉を使う

 ・なるべく漢字を使わず、ひらがなを多用する

 ・問いかけをする。読者に読むだけでなく考えてもらう

③文字の装飾を使い分ける(読者は全文を読んでくれると限らない)

 読者は全文を読んでくれません。

 

読書とブログではどっちが目に疲れますか。

 圧倒的に後者です。Webという媒体はテキストと異なり、読むことが疲れやすい媒体です。

 

そこで、読者に読んでほしいところを拾い読みするように誘導すればOKです。

ではどうすべきか。

それは、文字を装飾して読んで欲しいところを注目させることです。

ポイント

 赤字・赤のマーカー➤信号の色➤注意喚起➤不安を煽る・ネガティブ・注意するなどに使う

 青字・青のマーカー➤目の癒しになる➤好まれる色➤重要なところ・ポジティブなところに使う

あまりにもカラフルしすぎると、読者も混乱してしまいますので、筆者は、赤と青の2つだけにしぼりましょう。

文字の装飾に加えて、ボックスデザインも作っていきましょう。

アフィンガー5という有料テーマを使えば簡単にボックスデザインを作れておすすめです。

>>AFFINGER5の評判のまとめと実際に使った感想

④次の見出しに移る前に注意喚起(読者の離脱防止)

これは次の見出しを読まないとあなたは損をしますよといったフレーズを一言添えればOKです。

以上、書き方のコツを4つ紹介しました。

ただし、これらは読者に読まれるためのコツです。

一方、Googleなどの検索エンジンに上位表示されないと読者に選ばれることができません。

そこで、続いてSEO対策のためのブログの書き方を説明します。

2.2.SEO対策のためのブログの書き方

Googleが掲げる10の事実に、「Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。」とあります。

ブログは、読者のニーズや悩みを解決するものであることが重要であることを忘れないでください。

それに加えて、タイトルのつけ方が重要です。

ポイント

 ①検索クエリ(キーワード)を含めたタイトルとする(タイトルの前半に位置させる)

 ②悩みをかかえた読者は検索エンジンでどういう検索クエリを入力するか

 ③検索クエリの月間ボリューム数は十分か?

上の①~③を意識して検索クエリを決定してください。

月間ボリューム数の調べ方は無料ツールを使えばOKです。

ポイント

>> aramakijake.jp(無料)

 ・月間ボリューム数100以上を基準

3.ブログの書き方のまとめと企画

ブログの書き方がわかったら次はアフィリエイトのコツを理解しておきましょう。

>>アフィリエイトの始め方・手順・やり方のコツまで徹底解説

 

ポイント

・ブログ添削サービスをやります。

・ツィッターをフォロー➤DM➤1記事添削

・お気軽にご参加ください。

 記事の代行をご希望の場合はこちらまでお願いします。

 >>格安の料金サービスはこちら

中国商標出願ならBrandAgent!お見積りはこちらから

中国商標のおすすめの記事

-ブログ

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.