ブログ ワードプレス

ワードプレスに必要なプラグインは実は6つだけ|初心者向け【2020年】

投稿日:

「ワードプレスをインストールしたけど次にどのプラグインを入れたらいいのか多すぎてわからない」

ワードプレスを始めた方でこうした疑問をもっていませんか。

ワードプレスのインストール自体は難しくありませんが、SEOに有利に働くためにどのプラグインを選ぶべきか悩ましいところです。

また、SEO対策だけでなく、あなたがワードプレスでブログを書くときに、快適に使えるプラグインも選ぶ必要があります。

そうすると、たくさんプラグインを入れておかないと・・・と思うかもしれません。

しかしワードプレスに必要なプラグインは実は6つだけ入れておけばOKです。

筆者は最初のころはいろいろ入れすぎてかえってSEO対策がまずいことに気づきました。

今はプラグインを8こしか入れていませんが快適にやっています。

そこで、今回はワードプレスを始めたらすぐに入れるべき6つのプラグインを紹介します。

結論からいうと6つのプラグインは以下のとおりです。

1.「All In One SEO Pack」

2.「EWWW ImageOptimizer」

3.「Classic Editor」

4.「TinyMCE Advanced」

5.「Contact Form 7」

6.「Easy Table of Contents」

これらについては本内容で解説していきます。

本内容を読めば、ワードプレスに入れるべきプラグインに悩むことがなくなります。

1.プラグインとは!?簡単に解説

ここでは簡単にワードプレスのプラグインを解説します。

WordPress Codex日本語版のオンラインマニュアルによれば、プラグインとは「ワードプレスの機能を拡張するためのツール」をいいます。

ワードプレスだけでも記事を書いて公開することはできますが、最低限の機能しかありません。

たとえば、もしあなたがお問合せフォームを作りたいと思ったら、あなたは自分でコードを書いて作らないといけず、とても面倒です。

このような場合に、コードを書かなくても自動でお問合せフォームを簡単に作れるプラグインが用意されています。

ここではお問合せフォームを例に解説しましたが、エディタツールや目次を設定するツールなどさまざまのプラグインが用意されています。

ではプラグインの入れるのって難しいんじゃないのと思われるかもしれません。以下に解説します。

2.プラグインの入れ方は簡単です

 プラグインの入れ方は簡単で、「インストール」して、「有効化」するだけです。

 ワードプレスのダッシュボードを選択すると、左側に「プラグイン」があるので選択し、「新規追加」を選択します。

 この後は、検索フォームに入れたいプラグイン名を入力し、検索結果にでてきたプラグインをインストールします。

 最後に、「有効化」を選択すれば完了です。

 さらに、一部のプラグインは設定する必要がありますが、これについては後述します。

3.ワードプレスにいれる無料プラグインは7つだけ

 では次に、ワードプレスにいれる無料プラグインを紹介します。

1.SEO対策のためのプラグイン「All In One SEO Pack」

2.画像対策のためのプラグイン「EWWW ImageOptimizer」

3.テキストエディタのためのプラグイン「Classic Editor」と「TinyMCE Advanced」

4.お問合せフォームのためのプラグイン「Contact Form 7」

5.ユーザリビティのためのプラグイン「Easy Table of Contents」

 順番に解説していきます。

3.1.SEO対策のためのプラグイン「All In One SEO Pack」と使い方

 SEO対策のためのプラグインは「All In One SEO Pack」のみでOKです。

 「All In One SEO Pack」でできることは主に大きく3つです。

1.「description」メタタグを簡単にできる

2.Googleアナリティクス・サーチコンソールに必要なコード入力を簡単にできる

3.XMLサイトマップを簡単に作れる

 いずれもSEO対策に重要なものばかりです。順番に解説します。

3.1.1.「description」メタタグを簡単にできる

 「description」メタタグには、Googleにページ内容の要約を伝える役割があります。 

 Googleの「スターターガイド」にも「description」メタタグの重要性が記載されています(以下参照)。

 descriptionメタタグはGoogleにページのスニペットとして使用される可能性があるため重要です。

 しかし「description」メタタグはHTMLでコーディングする必要があるため初心者には面倒です。

 これに対し、「All In One SEO Pack」を導入すれば、以下のとおりメタタグを記述できる欄ができて簡単に入力できます。

 

 

3.1.2.Googleアナリティクス・サーチコンソールに必要なコード入力を簡単にできる

 Googleアナリティクスとサーチコンソールを使うためには必要なコードをワードプレスのHTML文書の指定のところに入力する必要があります。

 HTMLに不慣れだと難しく面倒ですが、「All In One SEO Pack」を導入すれば、上のように赤い四角の欄で入力すればよいのでとても簡単です。

3.1.3.XMLサイトマップを簡単に作れる

 Googleは、ワードプレスのそれぞれの記事(URL)を、XML形式のサイトマップを読むことで検出します(クロールともいいます。)。

 (参考:Googleスターターガイドのクロールの定義)

 この結果、それぞれの記事(URL)がGoogleに評価されてGoogleの検索結果に反映されます。

 このため、XML形式のサイトマップを作成しておくことが重要ですが、これも初心者が自分で作るのはとても面倒です。

 これに対し、「All In One SEO Pack」を導入すれば、自動でXML形式のサイトマップを作成してくれるので、あなたは作成したXML形式のサイトマップをサーチコンソールに登録するだけですみます。

 ただし、XML形式のサイトマップの作成は設定をおこなう必要があります。

 具体的には以下のとおりです。

 ①「ダッシュボード」の下にある「All In One SEO」から「機能管理」を選択し、「XMLサイトマップ」を「Active」に選択

 ②「All In One SEO」にマウスをあてると右に「XMLサイトマップ」と表示されるので選択

③上のように設定して保存すればOKです。

3.2.画像用のためのプラグインと使い方

 記事に画像を挿入することが多いですが、画像を挿入すればするほどページ表示速度が大きくなります。

 Googleウェブマスターセントラルの投稿によれば、サイトのページ表示速度について以下のように書かれています。

In recent years, Search has added a variety of user experience criteria, such as how quickly pages load and mobile-friendliness, as factors for ranking results.

日本語訳:近年、検索では、結果のランク付けの要素として、ページの読み込み速度やモバイルフレンドリーなど、さまざまなユーザーエクスペリエンスの基準が追加されています。(https://webmasters.googleblog.com/search/label/speed)

 つまり、ページ表示速度が高ければ高いほどGoogleの評価が高いことがわかります。

 ページ表示速度は以下のサイトから測れます。

 そして、ページ表示速度を遅くさせる原因となるのが「画像の挿入」です。

 これに対し、EWWW ImageOptimizerでは、画像データを圧縮させることによりボリュームを減らしてページ表示速度の低下を防ぎます。

3.3.テキストエディタ用のためのプラグインと使い方

 次に、おすすめするのが「Classic Editor」と「TinyMCE Advanced」です。

 これらを組み合わせることでとても快適に記事を書くことができます。

 「Classic Editor」では、無料ブログのエディタ(上の写真の青い四角)のように、HTMLの知識がなくても、快適に記事を書くこともでき、画像も簡単に挿入できます。

 「TinyMCE Advanced」では、上の写真の赤い四角のそれぞれのタグをあなたの好みにあわせてつけたり、はずしたりできます(筆者はテーマにAffinger5を使っており、一部の機能はTinyMCEのみでは使えないことにご注意ください)

 タグを好みにあわえてつけたり、はずしたりすることは「TinyMCE Advanced」の設定から可能です。

3.4.お問合せ用のためのプラグインと使い方

 ワードプレスにお問合せフォームは必須でしょう。

 「Contact Form 7」では簡単に作れます。

 ダッシュボードの下に「お問合せ」があるのでそこを選択します。

 基本的に特に設定する必要はありません。

 赤い四角で囲まれたタグを記事のどこかに貼ればそれでOKです。

3.5.ユーザビリティのためのプラグイン「Easy Table of Contents」と使い方

 最後に紹介するのは目次機能です。

 目次があるとユーザは自分が知りたい記事かどうかを判別できますし、読みたいところを読めます。

 「Easy Table of Contents」は自動で目次を作成してくれるので設定は特に不要です

4.ワードプレスに必要なプラグインのまとめ

以上、6つのプラグインを紹介しました。

1.「All In One SEO Pack」

2.「EWWW ImageOptimizer」

3.「Classic Editor」

4.「TinyMCE Advanced」

5.「Contact Form 7」

6.「Easy Table of Contents」

これだけあれば快適にワードプレスでブログを書けるでしょう。

他にもあなたの目的にあったプラグインが必要かもしれません。

もし、代行をお願いするのであれば、筆者が運営するFOX国際特許事務所では、IPサービス以外にSEOコンサルを含むWEB制作代行のサービスも提供しています。

料金表はこちらです。

中国商標出願ならBrandAgent!お見積りはこちらから

中国商標のおすすめの記事

-ブログ, ワードプレス

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.