特許事務所

特許技術者の年収は?1000万円を超える方法はあるのか?

更新日:

悩み太郎

 特許技術者の平均年収を知りたい。

無資格でも1000万円を稼ぐ方法を知りたい。

こうした疑問に答えます。

特許技術者とは、簡単に言うと、弁理士の「監視」下で特許業務の「補助」を行う人を言います。

※特許技術者は、単独で特許の申請代行業務を行うと違法になるので注意してください。(弁理士法第79条)

 

本内容では、自身の経験とまわりの話をもとに特許技術者の年収について解説していきます。

本内容の構成

1.特許技術者の仕事のタイプと平均年収

2.特許技術者が年収を稼ぐ方法

3.特許技術者が年収1000万円を稼げるのか?

4.特許技術者と年収のまとめ

1.特許技術者の仕事のタイプと平均年収

特許技術者の仕事のタイプは3つあると思います。いずれも特許事務所で働くことが多いです。

  • ①特許調査  ➤特許調査員と呼ばれることも。
  • ②特許出願・中間処理(外国も含む)
  • ③知財コンサル➤レアケース

ほとんどが②のタイプにあてはまります。

ただし、②は弁理士の独占業務であり、弁理士の補助という位置づけで行われます。

弁理士の仕事は「弁理士の仕事内容の現実は?【1日の仕事スケジュールもここだけ公開】」の記事もご参考に。

なお、「特許」とあるように商標は担当しないことが多いです。

特許技術者の年収は②の場合を想定して400万円~800万円くらいだと思います。平均ですると500万円くらいではないかと思います。

これは根拠を裏付ける公式的なデータはなく、周りの知人などから聞いた話をもとにしています。

①特許調査員の場合だとさらに年収は低くなります。

 

40代以降のベテランの方であれば800万円以上稼げる場合もあると思います。

一方で、30歳前後でも無資格でも700万円ほど稼げることもあります。これはもう特許事務所によりけりです。

 

では無資格者である特許技術者が年収を稼ぐ方法はどのようなものか。

以下に解説します。

 

2.特許技術者が年収を稼ぐ方法

特許技術者であっても高年収を目指す方法はいくつかあると思うので紹介しておきます。

稼ぎ方は以下のとおり。

  • ①特許明細書が書けるようになること
  • ②さらに資格と無資格で差別化しない実力主義の特許事務所で働くこと
  • ③コンサル業で独立する(レアケース)

 1番堅実な方法は特許明細書が書けるようになり、さらに資格と無資格で差別化しない実力主義の特許事務所で働くことです。

弁理士業では特許明細書が書けるようになれば稼げることは、特許技術者も同様であり、弁理士の年収の稼ぎ方と変わりません。

特許事務所の場合、弁理士も特許技術者もまた年収が決まる仕組みは以下のとおりです。

ポイント

年収=年間売り上げ×配分率

年間売り上げ∝単価×処理件数

※ただし、成果主義をとる特許事務所の場合です。特許事務所には年功序列制のところもあることにご留意ください。

例えば、年間の売り上げが2,000万円で配分率が0.4の場合には年収は800万円となります。

配分率は特許事務所によってまちまちですが、通常0.3~0.45です。くわしくこちらの記事もあわせてご確認ください。

弁理士の年収の現実と高収入を目指す稼ぎ方【有料級】

続きを見る

 

 さらに、特許技術者高待遇の特許事務所で働くことがおすすめです。

特許事務所では通常弁理士のほうが年収は優遇されており(当たり前といえば当たり前ですが)、資格の有無にかかわらず実力で年収を上げられる特許事務所がいくつかあります。

最初は年収は低めですが売り上げに応じて(資格の有無にかかわらず)年収は上がっていくので2~3年で年収は600万円、700万円と伸ばしていくことは可能です。

具体的な特許事務所については、リーガルジョブボード(無料)が事務所の内部情報に詳しいので相談してみてはいかがでしょうか。

 

あるいはコンサル業で独立も考えられます。

特許事務所のほとんどは出願業務ですが、特許事務所の中には出願業務以外の業務も担当できますし、そこで知財の経営などを学び知財コンサルタントで独立することも考えられます。

知財コンサルタントについては「知財コンサルタントとは何か?【資格はいりません】」の記事をご参考に。

3.特許技術者が年収1000万円を稼ぐ方法はあるのか?

 結論から言うとなかなか難しいと思います。

ただし、知財コンサルタントなら弁理士の資格は不要ですし、特許技術者から知財コンサルタントで独立すれば年収1000万以上稼ぐことは可能でしょう。

また弁理士の資格の有無に関係なく成果第1主義の特許事務所であればわかりません。しかしそれでもハードルは高いと思います。

このため、もし無資格であれば弁理士の資格をとることをおすすめします。

勉強法はこちらの記事で解説しています。

弁理士試験の勉強時間を最短で一発合格する勉強法【合格者が教えます】

続きを見る

 

とはいうものの弁理士の資格がなくても、特許明細書が書ければ年収800万円以上はいけると思います。

つまり無資格であっても、一般的なサラリーマンの約2倍の年収は実力がつけば(特許明細書が書ければ)稼げると思います。

特許明細書が書けるためにはまず最初は良質な指導を受けることが大前提です。

すべての特許事務所が良質な指導をうけられるわけではありませんので、知り合いの同業の知人か特許事務所の内情に詳しいリーガルジョブボード(無料)に相談することをおすすめします。

業界未経験でも本ブログをご覧いただいて未経験や年齢が高めの方が弁理士業界に転職に成功された方もいますのでご安心を。

  • ①45歳女性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。
  • ②28歳男性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。
  • ※本ブログから転職エージェント「リーガルジョブボード」へ登録された方。

4.特許技術者と年収のまとめ

特許技術者の仕事のタイプは3つあると思います。いずれも特許事務所で働くことが多いです。

  • ①特許明細書が書けるようになること
  • ②さらに資格と無資格で差別化しない実力主義の特許事務所で働くこと
  • ③コンサル業で独立する(レアケース)

 

筆者としては、知財コンサルタントなどにすすまないのであれば、30代くらいまでの若いうちに弁理士の資格をとっておくことをおすすめします。

>>弁理士の勉強法は「弁理士試験の勉強時間を1500時間で合格する勉強法を合格者が解説する」の記事をご参考に。

 

最初は年収は低めですが売り上げに応じて(資格の有無にかかわらず)年収は上がっていくので2~3年で年収は600万円、700万円と伸ばしていくことは可能です。

具体的な特許事務所については、リーガルジョブボード(無料)が事務所の内部情報に詳しいので相談してみてはいかがでしょうか。

商標に強い京都の特許事務所BrandAgent
Webサイト制作の作成料が¥100,000!詳しくはこちら

-特許事務所

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.