士業

士業のホームページ制作は自分で作れる話【半日で作れます】

投稿日:

悩んでいる人

 士業のホームページを頼むと費用がかかるなあ。

 初期費用30万円(開業応援パック…)

 そして毎月管理費が¥5,000・・・・

自分で作れないかなあ…

こんな悩みに答えます。

筆者は士業向けのHP制作会社を否定するつもりはありませんが、一部のHP制作会社には士業をカモのように見ている人もいるようです。

Web制作会社に頼む場合、ホームページの制作費だけでなく、毎月管理費約1万円ほどかかることに注意してください。

もしあなたが予算的に厳しければ、あなた自身で作ることをおすすめします。

手順は以下のとおり。

SEO対策は少し難しいかもしれないですが、1.~3.のステップで半日あれば一通り見栄えのするWebサイトを作ることができます。

ワードプレスの場合、マークアップ言語(HTML)の知識は必要なくSEO対策ができるのでおすすめです。

筆者のWebサイトの場合、決済とアカウント機能を実装したかったということもあり、Ruby on Railsで作りましたが、こちらの場合はプログラミング言語の習得が必要でして、あまりおすすめしません。

参考:「【Ruby入門】RubyとRailsを独学で1か月で学習する方法

以上で本内容はおしまいなわけですが、ワードプレスって何?という方も多いでしょうし、全く0でもわかるように簡単に解説します。

また、後半では、Webサイトだけでは集客は難しいという話もしまして、ではどうすべきかという点もお話ししていきます。

 本内容の構成

1.士業のホームページ制作は自分で作るメリット

 2.士業のホームページ制作の手順

 3.ホームページだけでは集客は難しい話

 1.士業のホームページ制作を自分で作るメリット

メリットは以下のとおり。

 ①初期費用を抑えられる

 ②Web集客に強くなれる

個人的に士業ならWeb制作は必須ぐらいに思っています。

初期費用を抑えられるだけでなく、Web制作を通じて、SEO・セールスライティングを学べますのでWeb集客に強くなれます。

士業は、単に実務能力だけでなく、マーケティング能力も重要であることに注意していください。

筆者もまた、独立開業した弁理士ですが、営業・ジョブマッチングサイトなどなしで、ほぼWeb集客(ブログとTwitter)だけです。

 2.士業のホームページ制作の手順

手順は以下のとおり。

順番に解説します。

1.ワードプレスを開設(20分)

ワードプレスとは、オープンソースのブログソフトウェアであり、たいていのWebサイトはワードプレスで作られています。

あなたがデザインに大きなこだわりがなければ、プログラミング言語の知識なしでも簡単に士業サイトを作ることができます。

ワードプレスを開設するにあたり、以下の3点が必要です。

 ①レンタルサーバーの契約(月額10,000円ほど)

②独自ドメインの取得(1年で1,000円ほど)

③有料テーマ(士業向け)(10,000円ほど)

あなたが自分でホームページを作る場合であっても¥20,000ほどの予算はかかることに注意してください。

手順はワードプレスの始め方・作り方は「ワードプレスの始め方(作り方)から書き方まで失敗しないための方法を解説」をご参考ください。20分ほどで完成します。

2.テーマをインストール

テーマとは、WEBサイト全体のテンプレートのことをいいます。

ワードプレスをインストールしたときには、何もない状態になっており、デザインや構成、機能が最小限のものしか備わっていません。

そこで、テーマをワードプレスにインストールすることで、必要なデザインや構成、機能を変更することができます。

テーマは1,000種類以上あり、どれにすべきか悩みますが、士業向けのおすすめのテーマとしては「Lighting Pro」がおすすめです。

デモサイトは以下のような感じです。

 引用:https://demo-ja.lightning.nagoya/

 インストールのやり方などは「ワードプレスのテーマでおすすめを5つ厳選比較【SEO対策済み】」の記事をご参考に。

3.SEO対策(内部対策)

SEOとは、「検索エンジン最適化」をいい、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、特定のウェブサイトが上位に表示させるよう、ウェブサイトの構成などを調整することをいいます(「Wikipedia(検索エンジン最適化)」)。

SEO対策がしっかりしていると、Googleなどの検索エンジンに記事が上位表示されやすくなり、集客にむすびつきやすくなります。

例えば、「京都 弁理士」など「地方名 士業」で検索すると上位表示されやすくなります。

ただし、内部対策は最低限の必要なものであって、これだけではあらゆるキーワードで上位表示されるものではない点に注意してください。

SEOの内部対策は「SEOの内部対策で見落としがちなポイントを10個紹介【初心者向け】」の記事をご参考にください。

 3.ホームページだけでは集客は難しい話

たいていの士業は、Web集客のために、TwitterなどのSNS、Youtube、ブログ(メディア)を併用しています。

ホームページよりもTwitterでの交流を通じて集客するケース、ブログを読んで興味をもち、そこからホームページなどに流れて集客するケースが多いです。

筆者もまたTwitterから仕事をもらうケースが多いです。

Twitterだと当然無料でして、無料で集客できるとても優秀なツールです。

Twitter集客のコツはフォロワー数を伸ばし、フォロワーさんと交流を深めることです。

ブログではあなたの専門について記事を書いて集客していきます。

Googleで検索順位が上げれば、リスティング広告をしなくて無料で集客することができます。

ブログは、ワードプレスでできますので、ホームページと併用させることが可能です。

以上のとおり、Twitter×ブログの組み合わせが最強でおすすめなのでこれから開業される方はぜひやってみてはいかがでしょうか。

筆者の実績なども含めて、「SEOコンサル(月額¥15,000(税別))」の記事(外部リンク)をご参考に。

また、別ブログにてSEOノウハウを公開していますのでご参考いただければと思います。

>>「ロングテールSEOのやり方と対策【成約率を上げるコツを解説】

-士業

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.