働き方

社会人が勉強するコツとおすすめの勉強内容を5つ紹介

投稿日:

悩んでいる人

社会人になりもう一度勉強したいが何を勉強していいかわからないな。

 おまけに仕事が忙しくて勉強とうまく両立できない。

 勉強のコツとおすすめの勉強内容を教えてほしい。

こうした疑問に答えます。

社会人の1日の平均勉強時間は6分と言われており、あなたが勉強を1日1時間(週に5時間の勉強時間)するだけでもまわりと差別化ができて人生が楽になります。

しかし、社会人になってから、仕事と両立は難しかったり、何を勉強すべきかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、本内容は、勉強のコツと、あなたにおすすめの勉強内容を5つ紹介します。

勉強内容は結論から言うと以下の5つがおすすめです。

  • 資格
  • 読書
  • 語学
  • プログラミング
  • 副業

筆者はいずれの5つも社会人になった後も勉強していまして、勉強したことが今に役に立っています。

  • 資格➤専門職(弁理士)につきました。 
  • 読書➤考え方・思慮深くなりました。ほとんどの知識は読者からです。
  • 英語➤実務(ライティング)に役立ちました。
  • プログラミング➤自分でWebサービスを作り収益化できました。
  • 副業➤月10~30万円弱の収益を達成しました

本内容を読めば、あなたに合った勉強内容が見つかるとともに、勉強を継続できるコツを理解できるでしょう。

本内容の構成

 1.社会人が勉強しない理由。なぜ1日の勉強時間は6分なのか

 2.社会人が勉強する内容のおすすめ5つを紹介

 3.社会人が勉強するコツは?おすすめの勉強場所も含めて紹介

 4.社会人の勉強のまとめ

 1.社会人が勉強しない理由。なぜ1日の勉強時間は6分なのか

 理由として考えられるのは以下のとおり。

  • 仕事で忙しく勉強にあてる時間がないから
  • 勉強しなくても仕事で食べていけるから

しかし、今は会社があなたを守ってくれない時代です。

コロナ終息後はますます厳しくなっていくでしょう。参考:「武田薬品工業、国内で希望退職募集 30歳以上対象

これからは仕事に注力するというより、仕事と勉強をバランスよくすすめることが重要になります。

というのも社会人のほとんどが勉強しないわけでして、勉強するだけで圧倒的に有利に立てるからです。

例えば、筆者の場合は、弁理士の仕事だけでなく、勉強として「プログラミング」「SEO」「マーケティング」を勉強しました。

これらのスキルを身につけるっことで他の弁理士にはない特徴を活かせますし、有利に立つことができます。

現に、弁理士であるにもかかわらず、SEOコンサルの仕事も頂いたり、100万円の案件(SEOコンサル+記事代行)の仕事も頂きました。

これからは個人の時代であり、他と差別化することがとても重要であることを注意してください。

 2.社会人が勉強する内容のおすすめ5つを紹介

では、社会人は何を勉強すべきか。

それはお金に直結することを勉強してください。

社会人は学生と違って時間的にも年齢的にも余裕がないことに注意してください。

「好きなこと」を勉強することも大事ですが、それがお金に直結しないと今後の個人で活きていく時代に生きにくいです。

ではお金に直結することとは何かというと以下の5つがおすすめです。

  • 資格
  • 読書
  • 語学
  • プログラミング
  • 副業

順番に解説します。

①資格

あなたがジョブチェンジをしたいなら資格をとることがおすすめです。

特に士業の独占業務資格であれば、 20代だけでなく30代でもジョブチェンジできておすすめです。

また、専門性をつけることは個人の時代に生きやすく、独立開業もしやすいです。

士業についてはまちまちですので「士業とは?8士業とは?役割からオワコンかどうかも含めて解説」の記事を参考にしてみてください。

参考:「資格の難易度・年収・モテるランキングのまとめ【あなたにおすすめは?】

参考:「コスパのいい資格はどれか?9つの士業をランキング形式で徹底比較

士業の中でも、あなたが理系なら、競争の低さ、独立開業のしやすさ、年収などを含めて「弁理士」がおすすめです。

弁理士については「弁理士の完全ステップアップガイド【未経験から稼げるまでのまとめ】」の記事をご参考に。

②読書

インターネットからでも情報が簡単に手に入る時代に読書は逆行しているように思えますが、読書はおすすめです。

というのも、「正確な情報を知ることができる」「考える力がつく」など読書を習慣化することで知識以外にもスキル・思考力がみにつくからです。

読書の内容のおすすめとしては、あなたの仕事の専門的な分野でもよく、「お金の知識」「マーケティングの知識」あたりもおすすめします。

「お金」と「マーケティング」についてはあなたが個人で生きぬくときにとても役に立ちます。

③語学

 語学の中でも英語と中国語がおすすめです。

 語学がおすすめの理由は以下のとおり。

  • 英語を使う仕事にもスムーズに対応でき、年収アップやジョブチェンジができる。
  • 英語が話せば、日本より物価の安いところへ海外移住やノマドライフを送れる。
  • 英語が話せば、海外のクライアントや集客もしやすく、自分でビジネスをつくりやすい。

 英語は独学でやるとどこまで勉強すべきかわからなくなったり効率性がよくないので、あなたはなぜ英語を勉強するのか、その目的を明確にすることをおすすめします。

英語の勉強方法は、独学でもスクールでもどちらでもOKです。

独学の場合、おすすめの無料アプリはこちらです。

スクールに通うならおすすめはこちら。

 2~3カ月の短期間で英語力を飛躍的にアップできる 

 「30日間全額保証付きの制度」あり

 スマホ1台でレッスンを受けることができる。

30日間全額保証付きの制度あり

④プログラミング

 プログラミングができるようになれば、新しいビジネスを生み出すことができます。

 例えば、筆者は弁理士ですが、Rubyを勉強してオンラインで商標出願できる「BrandAgent」を自作しました。

制作期間はプログラミング知識0で2か月ちょいでして、収益化もできています。

独学勉強法は以下の記事をご参考に。

>>プログラミングを独学で150時間の勉強時間で身につける勉強法を解説

>>【Ruby入門】RubyとRailsを独学で1か月で学習する方法

ただし、副業にプログラミングはおすすめしません。モチベが弱すぎで挫折するでしょう。

あなたがどういうものを作りたいのかを明確にしてからプログラミング学習を始めることをおすすめします。

一方、プログラミングを勉強してエンジニアへの転職も可能です。

転職を前提とした場合、スクールに通うことがおすすめでして、理由つきで紹介しています。

>>プログラミングスクールおすすめ3つを比較【選び方のポイントは1つ】

⑤副業

副業もお金に直結しておすすめです。

特におすすめの副業は「サラリーマン・社会人におすすめの副業ランキング【2020年在宅副業】」の記事でも紹介していますが以下のとおり。

  • 1位「ブログ」
  • 2位「動画編集」
  • 3位「Webライター」
  • 4位「ネットショップ」
  • 5位「Webデザイン」

特にブログがおすすめして収益化しやすい副業です。

詳しくは「くわしくは「ブログの収益の出し方|月1万円を稼ぐためのやり方を紹介」(外部リンク)の記事で解説していますのでご参考ください。

 3.社会人が勉強するコツは?おすすめの勉強場所も含めて紹介

勉強するコツは以下のとおり。

  • 勉強は1つにしぼる
  • Twitterで宣言・成果報告
  • ゲーム性を見出す
  • 勉強場所は自宅で

勉強のジャンルは1つにしぼりましょう。

例えば、英語とプログラミングを両方勉強というのはどちらも共倒れになりがちです。

1本にしぼって毎日継続しましょう。1か月継続すれば慣れるので挫折しにくいです。

勉強をはじめる場合、Twitterも有効活用してみましょう。サボれなくなります。

筆者はRubyの勉強をするにあたり、毎日成果を報告しました。成果の報告を自分で義務付けると不思議とサボれなくなります。

また、勉強に何か1つでもゲーム性を見出すことも重要です。

ゲームのようにハマればあなたは継続しやすいです。

ゲームと言っても単純なものでOKです。

例えば筆者の場合、資格勉強で、勉強にどれだけの裏紙を使ったかを毎日自分で競っていました笑

裏紙の量が勉強の成果として実感しやすく、ゲームでためたポイントのようであり、こんな感じで意識を変えることで勉強に熱中しやすいです。

さらに勉強場所は自宅でやりましょう。

単純に移動時間がもったいないことと、自宅が一番集中できるからです。

引きこもって勉強すると、お金も使いませんし経済的にコスパよしです。

 4.社会人の勉強のまとめ

以上、おすすめの勉強をまとめます。

 

-働き方

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.