特許事務所

中小・零細の特許事務所で働くメリットとデメリット【未経験者必見】

更新日:

悩んでいる人

 特許事務所で大手へ転職するのが難しい。

 中小規模の特許事務所って入りやすそうだけど内部情報ってどんな感じだろう…

 やっていけそうか不安だし、怖いなあ。

こうした疑問に答えます。

中小規模の特許事務所では働き方・待遇が大手特許事務所と異なることが多く、また内部情報が不透明であることから注意が必要です。

中小規模の特許事務所へ入り、ステップアップして30代で年収1,000万円に到達した人もいますし、一方で、人生が消耗してしまい休職後に業界を去った人もいらっしゃいます。

中小規模の特許事務所は、あなたにとって、希望への架け橋でもあり、絶望への入り口にもなるわけです。

そこで、本内容では、中小規模の特許事務所のメリットとデメリットについて解説するとともに、失敗しない中小規模の特許事務所の選び方についても深堀していきます。

筆者は、中小規模の特許事務所に2か所勤めた後、大手法律事務所・企業知財部を経験し、今は独立開業にいたります。

中小規模の特許事務所には、よいところも悪いところもありまして、筆者の経験と知人の経験もふまえて解説していきます。

ちなみにここでいう中小規模の特許事務所とは、所員数が数名~数十名程の事務所をいいます。

 

本内容の構成は以下のとおり。

 1.中小規模の特許事務所のメリットとデメリット

 2.中小規模の特許事務所の選び方の注意点は2つある

 3.中小規模の特許事務所の失敗しない求人の探し方

 4.中小規模の特許事務所のまとめ

 

1.中小規模の特許事務所のメリットとデメリット

メリットは以下のとおり。

ポイント

①所長からマンツーマンの指導を受けられる

②幅の広い案件を担当できる(例:材料系+構造系+商標など。大手は分業制)

③所長と仲良くなればメリット大(経営者から独立のノウハウなど有益情報を学べる)

④クライアントが中小規模のところもあり、仲良くなればお客さんを連れてきやすい

⑤弁理士の専門性を磨きやすい

個人的な感想ですが、優秀な弁理士は、最初は中小規模の特許事務所出身の方が多いです。

理由としては、基本的なところを中小規模の特許事務所から幅広く学んでいるからにあると思っています。

 (例)

大手特許事務所➤分業制➤化学系の弁理士は化学系の案件しか担当しない

中小規模の特許事務所➤化学系の弁理士でも化学系以外に機械系の案件も担当する。また商標、出願業務以外にも調査・係争案件も担当する。

また、指導者も経験豊富な所長から指導を受けることが多いです。

所長の書き方を真似すれば、それが努力の正しい方向でして、必然的にスキルは身につくのでスキルアップには最高の環境といえます。

筆者も中小規模出身でして、中小規模から大手へ移った時に仕事の余裕をとても感じ、快適に仕事ができました。(大手の質がどうのこうのと言うわけではありません。)

 

おまけに中小規模だと独立開業したときに有利といえます。

というのも、所長から経営ノウハウが学べたり、クライアントと仲良くなれてお客さんとして連れていきやすいですし、おまけに所長から事務所を引き継げることもできたりします。

このため、もしあなたが最終的に独立開業を目指すのであれば、1つだけでも中小規模の特許事務所へ入っておくことがおすすめです。

実務のスキルだけでなく、経営のスキルも学べるでしょう。

こういうといいことづくめに思えますが、デメリットとはどのようなものか。以下に解説します。

注意ポイント

①年収など待遇が悪いところが多い

②所長の能力が悪いところだと詰む

③リモートワークしづらい

まず、あなたが未経験だと年収はあまり期待しないほうがよいです。

未経験だとよくて現状の年収維持でして、前職よりも年収が下がることもあります。

ただし、実務がのびやすいところなのでスクールと思って割り切り、ある程度スキルをみにつけたら年収アップのために転職すればOKです。

1~2年は我慢する必要があります。

実は年収よりも問題なのが、②です。

所長の実務能力が悪いところだと、間違った指導を受けたり、そもそも指導を受けてもらえない場合があります。

そういうところだと、いつまでたってもスキルアップが身に尽きません。

しかも、前職より年収が低く入った場合は最悪でして、次へ転職する際は当然前職より年収が悪いため、(転職できない場合もあります)、時間と年収を無駄にしたことになります。

さらに、昔ほどではないにせよ、売上が悪い所員に悪態をついたりする特許事務所もいまだあります。

こういうところへ行くと最悪でまさに「絶望への入り口」です。

また、実務能力でなく経営センスのなく価格破壊でのしあがってきた事務所もやめたほうがよいです。

2.中小規模の特許事務所の選び方の注意点は2つある

注意点は大きく2つ

注意ポイント

・「優秀な」所長から「指導」があるか。

個人的には、年収が多少下がってでも所長が「優秀」であり、「指導」があるのなら行くべきです。

というのも、そこで1~2年経験を積めば大手特許事務所に入ると余裕を感じます。

大手特許事務所で成果主義なので、スピード重視で処理を上げることで前職の年収を回収できるどころか、1,000万円の年収に到達することもできるからです。

もちろん、年収は面接の場でしっかりと妥協せず交渉すべきです。

しかし、年収よりもまずは「指導」を優先することをおすすめします。

当たり前ですが、実務は独学で学ぶことは不可能です。独学で学べば代理人いらずです…

逆に指導がないところなら中小の特許事務所へ行く価値はないと思ったほうがよいです。

それなら大手へ行くことをおすすめします。

参考:「大手特許事務所で働くメリットとデメリット【知らないと損をする裏話】

 

 3.中小規模の特許事務所の失敗しない求人の探し方

求人の探し方は以下のとおり。。

リーガルジョブボード  ※大手・中小と幅広く特許事務所に強い特許事務所向けエージェント。

JACリクルートメント ※知財業界に詳しい30代以降のハイクラス向けエージェント。

MS-Japan    ※特許事務所を含む知財全般に強い士業向けエージェント。

※参考:「2020年版|知財・特許に強い転職エージェントを弁理士が紹介

①の場合、エージェントが中小規模の特許事務所の内部情報に詳しく、相談すればあなたが転職に失敗するリスクを回避できるでしょう。

実際に本ブログからリーガルジョブボードへ内定が決まった方がいらっしゃり、入職後も満足されているそうです。

①45歳女性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

②28歳男性。業界未経験の方が大手特許事務所へ転職。

③49歳男性。実務経験者の方が大手特許事務所へ転職。

もし迷ったら「リーガルジョブボードを徹底解説|特許事務所を探すならおすすめの転職サイト」の記事も参考にしてみてください。

 4.中小規模の特許事務所のまとめ

メリットは以下のとおり。

ポイント

①所長からマンツーマンの指導を受けられる

②幅の広い案件を担当できる(例:材料系+構造系+商標など。大手は分業制)

③所長と仲良くなればメリット大(経営者から独立のノウハウなど有益情報を学べる)

④クライアントが中小規模のところもあり、仲良くなればお客さんを連れてきやすい

⑤弁理士の専門性を磨きやすい

入ってはいけない特許事務所は「特許事務所でやめたほうがよいブラック特許事務所【未経験向け】」の記事をご参考に。

具体的な転職のやり方は「特許事務所の転職に失敗・後悔しないための特許事務所の選び方|未経験者向け」の記事をご参考に。

特許事務所のその他の質問

悩んでいる人

大手特許事務所に入ることのメリットとデメリットを知りたい。

>>大手特許事務所で働くメリットとデメリット【知らないと損をする裏話】

悩んでいる人

特許事務所でクビになりたくない。クビになりたくなかったらどうすればいいの?

>>特許事務所でクビになる人の特徴と切られないための方法

悩んでいる人

やっぱり特許事務所でなくて企業知財部に行こうかなあ…

>>特許事務所と企業知財部の違いは2つだけ【知らないと損をする裏事情】

弁理士のまとめ記事

外部リンク(おすすめ記事)

-特許事務所

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.