行政書士 資格

行政書士試験の試験日はいつ?試験科目の攻略法も含めて徹底解説

投稿日:

悩んでいる人

 行政書士試験の試験日っていつ?日程の流れも含めて教えてほしい。

 試験科目も教えてほしい。効率よく試験科目を試験日までに勉強したい。

こうした疑問に答えます。

これから行政書士を受験しようという方はまず試験日と日程の流れを理解しましょう。

試験は年に1回ですので、申込期限を過ぎてしまうことがないようにしましょう。

本内容では、さらに行政書士の試験科目と、各試験科目の攻略法も解説していきます!

本内容の構成

1.行政書士試験の試験日は11月上旬!日程も含めて解説

2.行政書士の試験科目は大きく2つ!攻略法も含めて解説

3.行政書士試験の試験日・日程・試験科目のまとめ

 

1.行政書士試験の試験日は11月上旬!日程も含めて解説

 

試験日 令和2年11月8日(日)午後1時~4時(年1回)
試験回数 1回
試験場所 ほとんどの都道府県
合格発表日 令和3年1月27日
受験資格 特になし
願書申し込み期間 令和2年7月27日~8月28日
インターネットの願書申し込み期間 令和2年8月25日午後5時まで
受験費用 ¥7,000

 行政書士の試験日と日程は上記のとおり。

残念ながら、令和2年の願書申し込み期間は終了しています。

これから行政書士を受けようと考えている方は来年を目指しましょう!

例年の行政書士試験の日程は以下のとおりです。

 ①願書受付期間は7月下旬~8月下旬

 ②試験日は11月上旬で午後1時~4時の1回だけ

 ③合格発表日は翌年の1月下旬

 願書の請求はインターネットで請求することが便利ですが、請求期間は短いため注意しておきましょう。

 受験資格は、特になく、あなたの年齢、学歴、国籍などに関係なく誰でも受けることができます。

2.行政書士の試験科目は大きく2つ!攻略法も含めて解説

 行政書士の試験科目はおもに、「法令科目」と「一般知識」の2つに分かれます。

・法令(基礎法学・憲法・民法・行政法・商法)

・一般知識(政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解)

 法令の合格基準は5割以上であり、一般知識の合格基準は4割以上であり、合計6割以上とる必要があります。

 試験科目の範囲が、一見すると広く思われますが、重点的に勉強する科目を知っておくと、短期間で合格することができます。

 結論を行ってしまうと、以下のとおり。

ポイント

 ①法令については、「民法」「行政法」をしっかりと攻略する。

 ②一般知識については、「試験範囲の狭い」「情報通信・個人情報保護」「文章理解」を重点的に勉強する

配点の高い科目と範囲の小さい科目(得点をとりやすい科目)にしぼって勉強することがコツです。

くわしくは「行政書士の勉強時間は何時間で独学合格できる?勉強法と過去問の使い方も紹介」の記事で解説しています。

2.1.行政書士の試験問題の形式は選択肢問題が中心

問題形式は、選択肢の中から正解を選択する選択肢問題と、簡単な記述問題に分かれています。

 ①正しいもの(間違っているもの)を1つ選ぶ問題(5択)

 ②正しいもの(間違っているもの)の組み合わせを選ぶ問題(5択)

 ①と②で54問

 ③択一式(虫食い)問題➤3問

 ④記述問題➤3問

 全部で60問

記述問題といっても文字数は少な目でして40字程度です。

また、60問中3問しか出ません。

このため、論述試験が苦手な方でも独学でも対応できるでしょう。

ただし、もしあなたが最短で勉強時間を減らして合格したいのであれば、通信講座がおすすめです。

通信講座の中でもおすすめのものを「行政書士の予備校は通信講座をおすすめする理由とおすすめ講座5つの比較」で紹介しています。

2.2.行政書士の試験日に間に合わせるための勉強開始時期は?

行政書士に合格するために必要な勉強時間は800~1,000時間と言われています。

行政書士の合格率は決して高いものではなく、10数%前後しかありません。

参考:「行政書士の難易度と偏差値は簡単な方ではない理由【合格率はとても低いです】

このため、行政書士の試験は決して簡単なものではなく、しっかりと勉強時間を確保して勉強することをおすすめします。

 

あなたが法学部出身者であるかどうかで勉強時間もかわりますが、1年~1年3か月くらいは確保したほうがよいです。

1年あれば、平日1.5時間、休日2時間のペースで勉強できますのであなたに大きな負担とならないでしょう。

詳しい勉強開始時期については「行政書士の勉強時間は何時間で独学合格できる?勉強法と過去問の使い方も紹介」の記事でも解説しています。

3.行政書士試験の試験日・日程・試験科目のまとめ

試験日 令和2年11月8日(日)午後1時~4時(年1回)
試験回数 1回
試験場所 ほとんどの都道府県
合格発表日 令和3年1月27日
受験資格 特になし
願書申し込み期間 令和2年7月27日~8月28日
インターネットの願書申し込み期間 令和2年8月25日午後5時まで
受験費用 ¥7,000

あなたが行政書士を目指そうと思ったら、すぐに行動をすることが合格のコツです。

まずは行政書士の難易度と勉強時間をしっかりと知ることで効率よく勉強できるでしょう。

参考:「行政書士の難易度と偏差値は簡単な方ではない理由【合格率はとても低いです】

参考:「行政書士の勉強時間は何時間で独学合格できる?勉強法と過去問の使い方も紹介

モチベーションのために行政書士の仕事内容も知ることもおすすめです。

参考:「行政書士の仕事内容を仕事がないのかも含めてわかりやすく解説

 

弁理士のまとめ記事

外部リンク(おすすめ記事)

-行政書士, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.