社労士 資格

社労士の予備校・通信講座を徹底比較【格安あり】

投稿日:

「社労士の予備校の通信講座って数が多すぎてどれを選べばよいのか分からないな。比較しながら検討したいな。費用もどのくらいかかるのだろう・・・」

こうした疑問に答えます。

 社労士の予備校・通信講座はたくさんありますので、どれを選んだらよいかわからないと思います。

 正直、通信講座の選びに時間を使い過ぎるのはもったいないです。

 そこで、本記事では、社労士の予備校・通信講座の中でも5つ厳選し、これらを徹底比較していきます。

 本記事を読めば、あなたに合った予備校・通信講座を見つけることができるでしょう。

1.社労士の予備校・通信講座を5つ徹底比較

フォーサイト 資格スクエア スタディング TAC クレアール
価格 ¥65,800 ¥82,280 ¥45,000 ¥183,000(WEB) ¥86,640
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 未公表

合格者の声なし

未公表

合格者の声なし

445名 合格体験記あり

 価格・学習形態・合格実績のいずれも各サイトのデータを参考にしています。

 予備校・通信講座の選び方は、価格・学習形態(学習のしやすさ)・合格実績の3つのポイントが重要ですが、比較すると上の表のようになります。

 唯一合格率が記載されているのが、フォーサイトですが、TACによれば、合格者の5.6人に1人がTAC出身とあり、クレーあるの合格体験記は1発合格者が多数あります。

 これらの中でも一番バランスがとれているのがフォーサイトであり、フォーサイトを基準として他の資格とさらに深堀して比較してみます。

1.1.フォーサイトと資格スクエアとスタディングの比較

フォーサイト 資格スクエア スタディング
価格 ¥65,800 ¥82,280 ¥45,000
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 未公表

合格者の声なし

未公表

合格者の声なし

 いずれも価格は安めであり、判断の基準は、学習のしやすさと合格実績にあります。

 学習のしやすさでいうと、フォーサイトがe-ラーニングの形式であり、テキストを見ながら動画を聞いていく形式であるのに対し、資格スクエアスタディングはテキストもオンライン上にあり、完全に動画主体となっています。

 資格スクエアの場合、オンラインで講師に質問したり、オンライン上でレジュメを作成したりと、オンラインで全てを勉強したい方には使いやすいようです。

 また、スタディングはスマホ対応であり、忙しい社会人が有効に隙間時間を活用できます。

 ただし、資格スクエアスタディングには合格実績について何らデータがないことに注意してください。

 最近できた通信講座とはいえ、ここ数年の合格実績がないのはどうしても信用に欠けます。

 これに対し、フォーサイトでは、e-ラーニングの形式ですが、移動時間でも勉強することは可能ですし、合格実績も十分あります。

 また価格を比較してみると、フォーサイト資格スクエアとはそれほど開きがありません。

 確かにスタディングは価格が安いですが、合格実績が十分にあるフォーサイトと比較すると、やはり価格だけでは惹きつけられないでしょう。

 このため、筆者であれば、一番損をしないと考えられるフォーサイトを選択するでしょう。

1.2.フォーサイトとTACの比較

 

フォーサイト TAC
価格 ¥65,800 ¥183,000(WEB)
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 445名

 TACもまた、WEB配信とテキストの組み合わせで、学習形態はフォーサイトと大差ありません。

 フォーサイトとTACの決定的な差は知名度と価格の高さです。

 TACは知名度が抜群の大手予備校であり、ここに受講すれば合格しやすいという安心感があります。

結果、ブランドが高すぎることもあり、価格はフォーサイトの3倍以上もします。

 一方、フォーサイトは知名度がTACと比べると劣りますが、コストパフォーマンスに優れます。

 知名度と価格のどちらを選ぶかがポイントです。

 いずれも合格実績は高いため、知名度と価格のどちらを選ぶかがポイントになるでしょう。

1.3.フォーサイトとクレアールの比較

フォーサイト クレアール
価格 ¥65,800(基礎+過去問)

¥99,800(基礎+過去問+直前対策)

¥86,640(7月末)
一般価格¥228,000¥106,640(DVDつき)(7月末)

¥10,000(7月末)
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 合格体験記あり

フォーサイトクレアールの比較のポイントも価格になります。

いずれも価格の設定がややこしいですが、クレアールの場合、期間限定の価格で¥86,640であり、一般価格となると¥228,000です。

8月以降にまた値下げすることも予想されますが、8月以降であれば、圧倒的にフォーサイトがお得です。

2.社労士の予備校・通信講座の費用

以上のとおり、社労士の予備校・通信講座の費用は、格安で¥45,000であり、高いもので¥228,000となります。

 これらの中でも、最も価格・学習形態・合格実績のバランスがよいのはフォーサイトであり、筆者が受講生なら、フォーサイトをおすすめします。

 ただし、価格を気にせずに知名度を優先するのであれば、TACでもよいかもしれません。

3.社労士の予備校・通信講座の比較のまとめ

フォーサイト 資格スクエア スタディング TAC クレアール
価格 ¥65,800 ¥82,280 ¥45,000 ¥183,000(WEB) ¥86,640
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 未公表

合格者の声なし

未公表

合格者の声なし

445名 合格体験記あり

以上、社労士の予備校・通信講座を比較しました。

最短で合格するには、早めに準備をしてとりかかることです。

あなたに合った予備校・通信講座が見つかったらすぐにとりかかりましょう。

-社労士, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.