社労士 資格

【2021年】社労士の通信講座のおすすめと比較ポイントは3つだけ

更新日:

悩んでいる人

社労士の予備校の通信講座って数が多すぎる…

おすすめを教えてほしい。

 こうした疑問に答えます。

士業男子やま

この記事を書いている人

  • 弁理士資格合格
  • 行政書士登録可能(弁理士試験合格のため)。ただし未登録。
  • 士業で独立開業。
  • 経験に基づいた試験勉強法を発信。資格スクエアのYoutubeチャンネルにて勉強法を発信。

筆者は弁理士でして、社労士とはまた他士業なのですが、通信講座の選ぶポイントって変わらないと思います。

ポイントは、勉強のやり易さ・価格の安さ・合格実績の3つです。

  • 勉強がやり易い➤継続しやすい
  • 価格が安い ➤金銭的負担を抑えられる
  • 合格率が高い➤受かりやすい

 上記3つのポイントをふまえて検討すると損をするリスクを回避できます。

以下、社労士のおすすめの通信講座を5つ紹介して比較検討していきます。

1.社労士の通信講座のおすすめを5つ徹底比較

フォーサイト アガルート スタディング TAC クレアール
①価格 ¥65,800 ¥78,000 ¥45,000 ¥183,000
(WEB)
¥86,640
②学習形態
(勉強のしやすさ)
PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ
③合格実績 23.7%
(2019年度)
28.6%
(2019年度)
合格者の声あり 445名 合格体験記あり

 価格・学習形態・合格実績のいずれも各サイトのデータを参考にしています。

 社労士の通信講座の選び方は、価格・学習形態(学習のしやすさ)・合格実績の3つのポイントが重要ですが、比較すると上の表のようになります。

 合格率が記載されているのが、フォーサイトですが、TACによれば、合格者の5.6人に1人がTAC出身とあり、クレーあるの合格体験記は1発合格者が多数あります。

 これらの中でも一番バランスがとれているのがフォーサイトであり、フォーサイトを基準として他の資格とさらに深堀して比較してみます。

①フォーサイトとスタディングの比較

フォーサイト スタディング
価格 ¥65,800 ¥45,000
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 合格者の声あり

 いずれも価格は安めであり、判断の基準は、学習のしやすさと合格実績にあります。

①学習のしやすさ

  • 「フォーサイト」e-ラーニングの形式であり、テキストを見ながら動画を聞いていく形式
  • 「スタディング」テキストもオンライン上にあり、完全に動画主体。
  • ※テキストが欲しい方なら「フォーサイト」がおすすめ。

②合格実績

  • 「フォーサイト」23.7%と高め。
  • 「スタディング」合格者公開あり。
  • ※合格実績が不透明のスタディングと比較するとフォーサイトのほうがおすすめ。

③価格の安さ

  • 「フォーサイト」¥65,800
  • 「スタディング」¥45,000
  • ※価格で見るとスタディングがおすすめ。

以上をふまえると、合格率が高い信頼性と、テキストと動画をセットで勉強したいという環境にさらに¥20,000を払えるなら「フォーサイト」がおすすめであり、もっとコストを下げたいのであれば「スタディング」がおすすめです。

>>フォーサイトの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

>>スタディングの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

②フォーサイトとアガルートの比較

フォーサイト アガルート
価格 ¥65,800 ¥78,000
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 28.6%(2019年度)

学習のやり易さは大きな相違はなく、価格の安さと合格実績がポイントです。

価格の安さを優先するならフォーサイトをおすすめしますし、合格率を優先するならアガルートをおすすめします。

ここで、アガルートの方が価格は高めですが合格すると、一定の条件の下、全額返金制度あるいは5万円のお祝い金制度があります。

参考:「【2021年】アガルートの社労士の評判・口コミは最悪か最高か!?

この制度も踏まえると、アガルートの方がおすすめと思います。

>>フォーサイトの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

>>アガルートの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

③フォーサイトとTACの比較

フォーサイト TAC
価格 ¥65,800 ¥183,000(WEB)
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 445名

 TACもまた、WEB配信とテキストの組み合わせで、学習形態はフォーサイトと大差ありません。

 フォーサイトとTACの決定的な差は知名度と価格の高さです。

 TACは知名度が抜群の大手予備校であり、ここに受講すれば合格しやすいという安心感があります。

 結果、ブランドが高すぎることもあり、価格はフォーサイトの3倍以上もします。

 一方、フォーサイトは知名度がTACと比べると劣りますが、コストパフォーマンスに優れます。

 知名度と価格のどちらを選ぶかがポイントです。

 いずれも合格実績は高いため、知名度と価格のどちらを選ぶかがポイントになるでしょう。

>>TACの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

 

④フォーサイトとクレアールの比較

フォーサイト クレアール
価格 ¥65,800(基礎+過去問)

¥99,800(基礎+過去問+直前対策)

¥86,640(7月末)
一般価格¥228,000¥106,640(DVDつき)(7月末)

¥10,000(7月末)
学習形態 パソコン・スマホ パソコン・スマホ
合格実績 23.7%(2019年度) 合格体験記あり

フォーサイトクレアールの比較のポイントも価格になります。

 いずれも価格の設定がややこしいですが、クレアールの場合、期間限定の価格で¥86,640であり、一般価格となると¥228,000です。

 8月以降にまた値下げすることも予想されますが、8月以降であれば、圧倒的にフォーサイトがお得です。

>>クレアールの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

2.社労士の通信講座の費用は45,000から

 以上のとおり、社労士の予備校・通信講座の費用は、格安で¥45,000であり、高いもので¥228,000となります。

 これらの中でも、最も価格・学習形態・合格実績のバランスがよいのはフォーサイトですが、筆者は、返金制度(お祝い金)があり、しかも合格実績の高いアガルートを推します。。

 ただし、価格を気にせずに知名度を優先するのであれば、TACでもよいかもしれません。

3.社労士の通信講座のおすすめの徹底比較のまとめ

フォーサイト アガルート スタディング TAC クレアール
①価格 ¥65,800 ¥78,000 ¥45,000 ¥183,000
(WEB)
¥86,640
②学習形態
(勉強のしやすさ)
PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ
③合格実績 23.7%
(2019年度)
28.6%
(2019年度)
合格者の声あり 445名 合格体験記あり

 以上、社労士の通信講座を比較しました。

筆者であれば合格実績が高く、返金制度もあるアガルートがコスパが1番高くおすすめと思います。

>>アガルートの社労士講座のお申し込みはこちらからできます

 あなたに合った通信講座が見つかったらすぐにとりかかることをおすすめします!

-社労士, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.