資格

資格の難易度・年収・モテるランキングのまとめ【あなたにおすすめは?】

更新日:

 「資格の難易度・年収・モテ度のランキングを知りたい!」

 これから資格をとろうと考えている方はこうした疑問をもっていませんか。

 あなたがやりたい仕事ができる資格をとることがベストですが、難易度・年収などの判断基準として重要でしょう。

また、あなたが男性ならモテ度も判断基準としてあるかもしれません。

 そこで本内容では、あなたに合った資格が見つかるように、資格の難易度・年収・モテ度をランキング形式で紹介しています。

 本内容は、特に士業・法律系の資格をとろうと考えている方におすすめです

本内容を読めば、あなたに合った資格を見つけることができるでしょう。

目次

1.資格難易度(士業・法律系)のランキング

第1位 公認会計士 77 3,000時間
第2位 司法書士 76 3,000時間
第3位 司法試験予備試験 75 3,000時間
税理士 75 3,000時間
弁理士 75 3,000時間
第6位 不動産鑑定士 74 2500時間
第7位 中小企業診断士 67 1000時間
第8位 社労士 65 1000時間
第9位 行政書士 63 600時間
第10位 宅建士 57 300時間

 参考:https://shikaku-fan.net/

 上の図の右から2番目の数字は、難易度の偏差値を表しており、右から1番目の数字は、士業の資格合格に必要な勉強時間を表しています。

 上の図のとおり、「公認会計士」「司法書士」「司法試験予備試験」「税理士」「弁理士」「不動産鑑定士」は横並びで並んでおり、勉強時間も3,000時間ほどです。

 これらは難関資格と言われます。

 一方、「中小企業診断士」「社労士」はそれよりもちょっと難易度が低めで勉強時間も1,000時間です。

 1年くらい頑張れば合格できます。

ただし、中小企業診断士は独占業務がないのがネックなので社労士がおすすめかもしれません。

 

 

 「行政書士」はさらに難易度が低めで勉強時間も600時間です。

 平均年収も高く、独立開業しやすい資格なのでおすすめの資格です。

もし、あなたがこれらの中で何の資格をとろうか迷ったら、初心者の方は、勉強時間が少な目でコスパのよい「行政書士」をおすすめします。

 

 「宅建士」は勉強時間が300時間で受かる資格なのでとてもお手頃な資格です。

 

2.資格年収(士業・法律系)のランキング

第1位 弁護士 1,000万円
第2位 公認会計士 900万円
第3位 税理士 700万円
不動産鑑定士 700万円
弁理士 700万円
第6位 司法書士 600万円
行政書士 600万円
第8位 中小企業診断士 500万円
社労士 500万円
第10位 宅建士 400万円

 

ユーザ
士業の資格をとるとどれくらいの年収が稼げるのか気になるな。

 ここでは、士業の年収ランキングを紹介します(参考:https://career-picks.com/license/kasegeru-shikaku/)。

 第1位 弁護士

 弁護士が平均年収1000万円でトップです。

 弁護士は、法律のスペシャリストであり、法律相談、和解・示談交渉、訴訟、業せ庁への不服申し立て等の法律事務などを行います。

 最難関資格ですが、取れば稼ぎやすい資格です。

 第2位 公認会計士

 公認会計士の平均年収は900万円で2位です。

 公認会計士の勤務先は監査法人などがあり、監査法人に就職するためには、公認会計士の資格が必要と言われています。

 第3位 税理士・不動産鑑定士・弁理士

 第3位は、税理士・不動産鑑定士・弁理士で平均年収700万円です。

 いずれも難関資格ですが、資格をとれば高い年収を得られやすい傾向にあります。

 弁理士の年収については、「弁理士の年収と給与はいくら?儲かる弁理士の特徴も含めて解説」の記事を参考にしてみてください。

 第6位 司法書士・行政書士

 第6位は、司法書士・行政書士で平均年収600万円でした。

 いずれも独立開業しやすい士業であり、資格をとることで高年収が見込めます。

 司法書士は難易度が高めなのでこの順位は意外です。

行政書士の仕事内容について知りたい方は「行政書士の仕事内容を仕事がないのかも含めてわかりやすく解説」の記事もご参考に。

 第8位 中小企業診断士・社労士

 第8位は、中小企業診断士・社労士で平均年収500万円でした。

 社労士の平均年収は低めな印象ですが、独立開業をすれば1,000万円以上を稼ぐこともできます。

 第10位 宅建士

 第10位は、宅建士で平均年収400万円でした。

 低めの年収ですが、資格がとりやすく実務経験を積んでいけば、一層年収アップが見込めます。

 宅建についてコスパがよくおすすめといえるでしょう。

 参考:「宅建のメリットのまとめ|コスパ最強の資格なのか!?

3.資格のモテ度(士業・法律系)ランキング

 士業JOBが昨年女性20~39歳を対象に結婚したい士業のアンケート調査をしたので紹介しておきます(https://shigyou-job.jp/)。

 グラフであらわすと上の図のような感じです。

 士業の知名度と相関していることがわかると思います。

 そもそも士業がもてるのかどうかが謎ですが笑

 ただ個人的に筆者は法律事務所に勤めていたのですが、弁護士がモテるのは間違いないかと思います。

 弁護士と弁理士の格差はここまで違うのかと落胆しました笑

4.士業・法律系資格の求人・転職の探し方は?

 士業は一般企業で働くより高年収が見込めておすすめです。

 弁理士の特許事務所や税理士の税理士事務所などは無資格でも働けますし、無資格で入ってそこで資格の勉強をするのもありです。

 ただし、無資格だとあくまで補助の立場です。

もしあなたが無資格なら補助として働きながら資格の勉強をするのもありでしょう。

というのは、「社労士」「税理士」「宅建」などは資格に合格しても実務経験が2年以上ないと登録できないからです。

求人の探し方は以下のとおりです。

 ①リクナビNEXT 「知名度抜群・案件豊富の転職サイト。迷ったらここ」

DODAエージェント 「転職サイト・エージェントの両方にも使える。エージェントを利用したい場合はこちら。」

MS-Japan「士業に特化したエージェント。業界の情報を知りたいならこちら。」

宅建Jobエージェント「不動産業界に特化したエージェント。業界の情報を知りたいならこちら。」

求人ボックス「お手軽に求人探しができるサイト。」

求人・転職サイトはあなたに合う・合わないの相性もあります。

迷ったら無料ですし、全て登録することがおすすめです。

 

資格の勉強時間と勉強法はこちらを参考に。

5.資格(士業・法律系)の難易度・年収・モテ度ランキングのまとめ

 士業をランクづけしましたが、あなたに合った士業は見つかりましたか。

 ここではポジショントークかもですが弁理士・行政書士・宅建あたりをおすすめします。

 こちらの動画もご参考ください。

ポイント

 受験資格なし。

 難易度はぶっちゃけ気にしなくてOK。

 平均合格年齢が高めなので30代未経験でもチャンスあり。

 合格したらすぐ登録できる。

 高収入が見込める。

 理系ならアドバンテージありすぎ。

 「税理士」「公認会計士」の場合には合格平均年齢が20代前半で低めであり、しかも合格した後に実務経験を積まないと登録できないという縛りがあります。

 これに対して、「弁理士」は合格平均年齢が37歳と高めで、30代未経験でも転職に困りません。

 また、合格すると1月ほどの研修を受けてすぐ登録することができます。

 弁理士の一発逆転談は「一発逆転できる資格|資格で一発逆転した僕がおすすめします」の記事で解説していますのでご参考に。

 

その他士業のコスパ最強ランキングはこちらをご参考に。

コスパのいい資格はどれか?9つの士業をランキング形式で徹底比較

 

弁理士試験の論文必須のコンサルサービス(¥5,000/件)

弁理士のまとめ記事

外部リンク(おすすめ記事)

-資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.