宅建 資格

【2021年】宅建の難易度は簡単すぎなのか難しすぎなのか?

更新日:

悩んでいる人

 宅建の難易度って簡単すぎと言われるけど本当?

 難易度は難化していると言われるし難しすぎない?

こうした疑問に答えます。

士業男子やま

この記事を書いている人

  • 弁理士と行政書士の有資格者。
  • 士業の試験勉強法を発信。資格スクエアのYoutubeチャンネルにて勉強法を発信。
  • 資格勉強法は「資格試験の勉強法|1発で合格するために難関資格1発合格のプロが図解で解説」の記事で解説。
  • 筆者は宅建士資格をとっておらず、他士業の弁理士なので偉そうなことは言えませんが、士業の資格試験というのはいずれも法律系であり、弁理士試験で身につけた勉強ノウハウは社労士でも応用できると考えています。

結論から言うと、簡単すぎというほどではないですが、他の士業の資格と比べると簡単と思います。(偉そうですみません…)

本内容では、宅建が、他の士業の資格と比べると簡単である理由と、最短合格のための勉強法を解説します。

本内容の構成

・宅建の難易度・偏差値・合格率はどれくらい?

・宅建の難易度が簡単ではなく難化している理由

・宅建の難易度は独学で合格できるレベルなのか?

・宅建の難易度にあわせた最短合格のための勉強法は?

 

目次

1.宅建の難易度を行政書士などの他の士業と比較する

宅建 社労士 行政書士
偏差値 57 65 63

 宅建の難易度のランキングの偏差値は57です。(参考:資格の取り方)

レベルは「易しめ」であり、社労士や行政書士と比較すると難易度は低めであることがわかると思います。

社労士の難易度と行政書士の難易度は下の記事で解説しています。

【2021年】社労士の難易度は言うほど高くない理由|行政書士と比較あり

続きを見る

【2021年】行政書士の難易度と偏差値は簡単な方ではない理由【合格はすごいです】

続きを見る

一見すると士業の中でもとりやすい資格のように思えます。

また、不動産関係の資格である「不動産鑑定士」「マンション鑑定士」と比較すると以下のとおりです。

宅建 不動産鑑定士 マンション管理士
偏差値 57 74 62

「不動産鑑定士」は、難関資格で有名な資格であり、偏差値も高いです。

 一方、マンション管理士は、名称独占資格と呼ばれる資格ですが、偏差値は宅建よりも高いです。

このように比較すると、不動産関係の中でも宅建はとりやすい資格のように思えます。

では続いて合格率はどうでしょうか。

2.宅建の合格率は他の士業と比べると高め

平成29年 平成30年 令和元年 令和2年
合格率 15.6% 15.6% 17.0% 17.6%

宅建の合格率はここ20年ずっと15%前後です。

合格率が15~17%であると低いように思えますが、士業の中では高い方です。

例えば、行政書士や社労士の合格率は10%前後であり、行政書士や社労士と比べると高めにあります。

また、受験生の中には記念受験も多いですし、勉強していない方も多いと思われるので実際はもっと高いと思われます。

このため、宅建は士業の中でももっともとりやすい資格といえます。

3.宅建の難易度が難しすぎというより簡単といえる理由

以上、偏差値や合格率を見ていくと宅建の難易度はそれほど難しくないといえますが、実際に試験内容はどうかというと士業の中では簡単と言えます。

理由は以下のとおりです。(簡単かどうかはあくまで他の士業の資格(行政書士など)との相対的な評価です)

①受験資格の制限がない

②宅建の試験問題はマークシート問題で50問

③宅建の試験科目の範囲は言うほど広くない

④宅建の試験合格のための勉強法は確立されているといえる(努力すれば受かる)

行政書士と比較すると以下のとおりあり、易しめであることが分かると思います。

宅建試験 行政書士試験
⓵受験資格 制限なし 制限なし
②問題形式 マークシート問題・50問 択一式問題と記述問題(3問)・60問
③試験科目数 大きく4科目 大きく7科目
④勉強法 確立されている 確立されている

①受験資格の制限がない

一部の士業の資格では受験資格が必要ですが、宅建の場合受験資格は必要ありません。(他に行政書士・弁理士・司法書士なども受験資格はありません。)

②宅建の試験問題はマークシート問題で50問

宅建の試験問題形式はマークシート形式であり、全部で50問あります。

他の士業では、論述試験や口述試験もあり、負担も大きいですが、マークシート形式の問題のみなので合格しやすい試験といえます。

③宅建の試験科目の範囲は言うほど広くない

宅建業法 権利関係 法令上の制限 税金その他
出題数 20問前後 14問前後 8問前後 8問前後税金その他

 宅建の試験範囲は「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」「税金その他」の4つに分かれます。

  • ⓵「宅建業法」宅地建物取引業法、住宅可否担保履行法が出題されます。
  • ②「権利関係」民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法が出題されます。
  • ③「法令上の制限」土地計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法が出題されます。
  • ④「税金その他」税法、不当景品類及び不当表示防止法、住宅金融支援機構法、地価公示法が出題されます。

一見広そうに思えますが、いずれの科目も深くまで学ぶ必要はありません。

④宅建の試験合格のための勉強法は確立されているといえる

このブログではよく言っていますが、合格のための資格勉強(特に法律系)のやり方は確立されているといえます。

具体的な勉強法は過去記事「資格試験の勉強法|1発で合格するために難関資格1発合格のプロが図解で解説」で詳しく解説しているので、ここでは概要だけにとどめておきます。

  • 俯瞰仰視反復法
  • 1.通信講座の入門・基礎動画を全部流し見する
  • 2.一単元ごとに見直し、あわせて過去問を解いていく
  • 3.過去問でできなかったところを重点的に繰り返す
  • 4.2と3を繰り返す

[/st-kaiwa3]

4.宅建の難易度は独学で合格できるレベル

宅建の場合には、市販のテキストが豊富にあり、独学でも合格は可能です。

市販のテキストとしておすすめのものを紹介します。

テキストは、基本書と問題集(過去問集)をそろえておけばOKです。

1.「みんなが欲しかった!宅建士の教科書」フルカラーでイラストや図が豊富で勉強しやすい定番の基本書です。

2.「みんなが欲しかった!宅建士の問題集 本試験論点別[最新試験解き方動画付]」

3.「みんなが欲しかった!宅建士の12年過去問題集」

なお、独学が苦手な方なら、通信講座を利用することもありです。

下記記事では宅建の通信講座でおすすめのものを紹介しています。

参考:>>宅建の予備校・通信講座のおすすめランキングを厳選紹介

5.宅建の難易度は勉強時間300時間で合格できるレベル

宅建の勉強時間は300時間ほど必要と言われます。

300時間と言うと、3か月~半年くらい時間をかければ合格できます。

宅建の試験日は10月第3日曜日に行われるので4~7月から勉強をはじめても十分に間に合います。

ただし、1日1時間程度の時間しか確保できない場合は早めに準備をすることをおすすめします。

6.宅建の難易度のまとめ

 宅建の難易度が簡単と思える理由は以下のとおりです。(簡単かどうかはあくまで他の士業の資格(行政書士など)との相対的な評価です)

①受験資格の制限がない

②宅建の試験問題はマークシート問題で50問

③宅建の試験科目の範囲は言うほど広くない

④宅建の試験合格のための勉強法は確立されているといえる(努力すれば受かる)

社労士の難易度と行政書士の難易度は下の記事で解説しています。

【2021年】社労士の難易度は言うほど高くない理由|行政書士と比較あり

続きを見る

【2021年】行政書士の難易度と偏差値は簡単な方ではない理由【合格はすごいです】

続きを見る

-宅建, 資格

Copyright© 弁理士やまの知的な日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.