弁理士 特許の書き方

従属請求項とは|従属請求項の作り方を徹底解説

投稿日:

士業男子やま
みなさんこんにちは。士業男子やまです。

 前回はクレームの書き方の初歩的なお話しをしました。

 過去記事はこちらです。

士業男子やま
前回の記事ではメインクレームの書き方の説明をしましたが、今回は従属請求項(サブクレーム)の書き方を徹底解説していきます。

 

本記事の信頼性

 本記事を書いている人は、「特許事務所」「法律事務所」にて300件以上特許明細書を書いてきており、多くの特許明細書で特許査定を取得しています。

 また企業知財部では、特許事務所からの明細書のチェックを行い、クライアントの立場から明細書の良しあしを判断してきました。

本記事の内容

従属請求項とは!?

従属請求項の書き方のポイント

 

本記事の対象読者

 弁理士や特許技術者で経験の浅い方

従属請求項とは

従属請求項とは、メインクレーム(独立請求項)に従属する他の請求項をいいます。

メインクレームに従属するため、従属請求項の範囲はメインクレームの範囲よりも小さくなりますが、従属請求項を多く設けることは有効です。

従属請求項の役割は進歩性の落としどころを見出すことにあります。

 

メインクレームは従来技術に対して新規性を確保できる程度に発明を特定することが通常です。

しかし、新規性を確保できても進歩性をクリアできないと特許をとれません。

メインクレームでも特許を取れる場合がありますが、たいていの場合には進歩性欠如を理由に拒絶されます。

 

進歩性は審査官の裁量で決まるものであり、どこまで発明を特定すべきかわからない場合が多いです。

そこで、下位請求項で少しずつ発明を限定していき、審査官の許容レベルに引っかかるようにします。

下位請求項の数を多くすれば、それだけ審査官の許容がどこまでなのかが把握しやすく、広い範囲で特許をとりやすいです。

このように進歩性の落としどころとなりうるところを見出すことが従属請求項の役割です。

従属請求項の書き方

士業男子やま
従属請求項の書き方で重要なポイントは3つあります。

ここでは3つのポイントは順番にお話しします!

①「内的付加」と「外的付加」

 

「内的付加」※親の請求項の構成要件を更に限定したもの

「外的付加」※親の請求項の構成要件にはない新たな構成要件を追加したもの

従属請求項のタイプは、実は「内的付加」か「外的付加」しかありません。

「内的付加」と「外的付加」のイメージがつかめるように以下に具体例を交えてお話しします。

 発明品「背もたれのついた椅子」

【請求項1】

座部材と、

使用者が前記座部材に着座したときに使用者の背を当接する背もたれ部材と、

を含む椅子。

「内的付加」とは、親の請求項の構成要件をさらに限定したものですから、例えば以下のものが挙げられます。

【請求項2】

前記背もたれ部材が、前記座部材の後方に形成されている、請求項1記載の椅子。

【請求項3】

前記座部材と、前記背もたれ部材とが一体成形されている、請求項1又は2記載の椅子。

 

いずれも親の請求項ですでに登場した構成要件の位置関係などを限定したものであり、新しい構成要件は登場しません。

このような従属請求項が「内的付加」です。

 

一方、「外的付加」とは、親の請求項の構成要件にはない新たな構成要件を追加したものであり、例えば以下のものが挙げられます。

【請求項4】

前記座部材を支持する脚部を含む、請求項1~3のいずれか1項に記載の椅子。

 

「脚部」という、親の請求項の構成要件が新たに登場しています。こういったタイプが「外的付加」です。

以上のように、従属請求項のタイプは「内的付加」か「外的付加」のどれかです。

以下のようなタイプは従属請求項として認められません。

・親の請求項の構成要件を削除するような従属請求項

・親の請求項の構成要件を別の構成要件に置換するような従属請求項

上の椅子の例では、「座部材」と「背もたれ部材」は請求項1(親の請求項)の構成要件であり、これを削除したり、別の構成要件に置換したりすることはできません。

 

②親の請求項の構成要件は必ず「前記」で受ける

親の請求項の構成要件を引用するときは、必ず「前記」で受けましょう。

そうしないと、親の請求項の構成要件とは異なる構成要件とみなされ、不明確なクレームとなってしまいます。

背もたれのついた椅子を例に説明します。

【請求項1】

座部材と、

使用者が前記座部材着座したときに使用者の背を当接する背もたれ部材と、

を含む椅子。

【請求項2】

前記背もたれ部材が、前記座部材の後方に形成されている、請求項1記載の椅子。

 

「前記」をつけることにより、請求項2で登場する「背もたれ部材」と「座部材」は請求項1の構成要件である「背もたれ部材」と「座部材」であることを特定しています。

一方、「前記」をつけないと、「背もたれ部材」「座部材」が請求項1の構成要件なのか、それとも新たに登場した別のものであるのか特定できません。

「前記」はとても重要ですので忘れないようにしましょう。

 

③親の請求項と従属請求項との間に論理的な矛盾が生じないようにすること

親の請求項と従属請求項との間に論理的に矛盾しないように、親の請求項は択一的に引用しましょう。

従属請求項の数が多いときは要チェックです。

例えば、以下の事例を考えます。

【請求項1】

座部材と、

使用者が前記座部材に着座したときに使用者の背を当接する背もたれ部材と、

を含む椅子。

【請求項2】

前記背もたれ部材が、前記座部材の後方に形成されている、請求項1記載の椅子。

【請求項3】

前記座部材と、前記背もたれ部材とが一体成形されている、請求項1又は2記載の椅子。

【請求項4】

前記座部材を支持する脚部を含む、請求項1~3のいずれか1項に記載の椅子。

上のような特許請求の範囲があるとして、さらに脚部の数が3~4本であることを特定したいとします。

この場合には、

【請求項5】

前記脚部の数が3~4本である、請求項4記載の椅子。

と表現します。

親の請求項は、初めて脚部が登場している請求項4のみです。

請求項1~4までを従属させた場合には、請求項5は、請求項1のみを引用してもよく、請求項1と2のみを引用してもよいというように必ずしも請求項4を引用しなくてよい場合もあります。

このため、請求項4を引用しない場合に、前記のさす内容が不明となり、特許庁から記載不備が指摘されます。

このように、親の請求項と従属請求項との間に論理的に矛盾しないように、親の請求項は択一的に引用することも重要です。

従属請求項のまとめ

・従属請求項の役割

>>従属請求項の役割は進歩性の落としどころを見出すこと

・従属請求項の書き方のポイント

①「内的付加」と「外的付加」

②親の請求項の構成要件は必ず「前記」で受ける

③親の請求項と従属請求項との間に論理的な矛盾が生じないようにすること

 もしわからないことがあればご相談してもらっても構いません。

 メールかツィッターのDMで答えます。

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-弁理士, 特許の書き方

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.