弁理士

弁理士が年収アップのために必要なスキルを3つ紹介します

投稿日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!

年収を上げたいんだけどどうすればいいのかなあ・・・

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

今回の記事は以下のような方を読者に想定しています!

参考

弁理士をしており、年収アップしたい方。

この記事を読めば「今後弁理士が年収を上げるために必要なスキル」がわかります。

目次

まずは特許明細書が書けることが大前提

 まず大前提の話をします。

 それは年収を上げるために特許明細書が書けることはマストであることです。

 このブログでは、何度も繰り返し言っているのであえて詳しくは書きません。

 もし気になる方は、こちらの記事をご参考頂ければと思います。

 単に書けると言ってもスピードが遅いと稼げません。

 スピードを速くしてどんどん売上を稼ぎましょう。

 ここでは、特許明細書を書くこと以外に、さらに他のスキルをみにつけて年収を上げる方法を紹介していきます。

弁理士が年収を上げるためのスキルその2.英語ができること

 まず必要なスキルとして英語ができることです。

 英語と言っても「リーディング」「ライティング」だけではなく、「スピーキング」「リスニング」も含めて4技能です。

 英語ができるようになれば以下の利点があります。

ポイント

 (雇われの場合)

 海外クライアントとの窓口の役割を担当でき、年収アップが見込める。

 (独立開業した場合)

 海外営業がやりやすく、海外のクライアントを連れてきやすい。

 特に、文系弁理士の場合には、技術力が理系よりも十分でない分、英語でカバーすることが重要です。

 英語ができることは、独立開業した場合でも有利です。

 というのも、海外のクライアントは、日本へ出願するときには絶対に日本の弁理士を使わざるをえないからです。

 そして、英語ができれば、海外営業しやすいですし、海外のクライアント集客力がアップして、独立開業でも成功しやすいといえます。

 このため、今のうちにでもしっかりと英語力をみにつけておくことをおすすめします。

 おすすめは2~3カ月の短期間で英語力を飛躍的にアップできるスクールに通うことです。

 もし通学でもOKという方なら、【RIZAPイングリッシュ】がおすすめです。

 ライザップイングリッシュでは、わずか3カ月で、1年間の海外生活と同等のレベルまで習得できます。

 ライザップイングリッシュを体験すると以下の利点があります。

ポイント

・専属トレーナーがついてマンツーマン指導を受けられるので、英語が苦手な人でも挫折することなく伸びる。

・しかも英語を英語のまま理解するように鍛えられるので、ビジネスの場で即役に立つ。

 「30日間全額保証付きの制度」ありなので、試しに1カ月間続けてみるのもよいかなと思います。

 都内在住ならアクセスの便もよくおすすめです。

 徹底指導で“英語脳”を鍛える【RIZAP イングリッシュ】

 いや通学はちょっと・・・という方ならオンラインで学べる【ALUGO】がおすすめです。

 ALUGOではスマホ1台でレッスンを受けることができ、おすすめです。

 ALUGOを体験すると以下の利点が得られます。

ポイント

・初めに自分の英語力の分析が行われるので、自分の得意・不得意を知ることができ、得意なところを伸ばしていったり、不得意なところを克服しやすい。

・レッスンはスマホ1台あればできるので、通勤・昼休憩などの隙間時間を有効に活用でき伸びやすい。

・都内以外でも全国どこでも受講可能。

「30日間全額保証付きの制度」ありなので、試しに1カ月間続けてみるのもよいかなと思います。

 オンラインなので都内以外の全国どこでも受講できます。

 成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

弁理士が年収を上げるためのスキルその3.プログラミングができること

次におすすめするのがプログラミングです。

 プログラミングができるようになれば、以下の利点があります。

ポイント

(雇われの場合)

■特に大手特許事務所の場合、特許管理システムなどを自分で開発するところもあり、その開発に携わることで年収アップをはかれる。

■副業で稼げる。

(独立開業の場合)

■IP×プログラミングの組み合わせで独自のサービスを提供でき、うまくいけば圧倒的に稼げる。

 プログラミングができる弁理士というのは希少価値があり、しかも特許事務所では、特許管理システムなどを内製化するところもあって、プログラミングができる弁理士というのはニーズが高いです。

 また、独立開業すれば、プログラミングのスキルを活かして知財に新たなビジネスを展開でき、うまくいけば圧倒的に稼ぐこともできます。

 ただし、デメリットとしては、システム開発の場合にはプログラミングの勉強は時間がかかりすぎることです。

 しかし、プログラミングスクールに通えば比較的短期間で習得は可能です。

 根気が必要であり、独学は難しいと思うのでメンターについて学ぶことをおすすめします。

 おすすめのスクールは以下のようなところです。

将来性も高いのでぜひプログラミング言語を習得することをおすすめします。

ポイント

TechAcademy ※オンラインでメンターに指導を受けながらプログラミングを学べる。1週間の無料体験あり!
※¥189,000(社会人)¥139,000(学生)。8週間コースの場合。
               

TECH::CAMP  ※プログラミング教室でプログラミングを学べる
※¥177,600(3カ月)

TechAcademyでは、1週間の無料体験があるので、気になったら受講してメンターと相談するのがよいと思います。

弁理士が年収を上げるためのスキルその4.SNSを有効活用できること

最後に紹介するのはSNSを有効活用することです。

 SNSとは、具体的には「ツィッター」「ブログ」「note」あたりです。

 これらをうまく活用できる利点は以下のとおりです。

ポイント

「ツィッター」⇒「ブログ」と併用するとブログの集客をアップできる。

        「知財ネタ」を発信してフォロワーを増やせば自分のクライアントも獲得しやすい。

        弁理士のフォロワーと仲良くなれば、コネで待遇のいい特許事務所に転職できる。

「ブログ」⇒「アフィリエイト」をやって1年くらい育てれば月10万円くらいの収益をかせげる。

「ノート」⇒有料でノウハウを販売すれば副業として収益を稼げる。

 特に今後、独立開業も視野にいれるならツィッターは必須かと思います。

 ブログもあわせてやることをおすすめします。

 ワードプレスの始め方はこちらで丁寧に解説しています。

 アフィリエイトの始め方はこちらです。

弁理士が年収アップのために必要なスキルのまとめ

1.英語

 徹底指導で“英語脳”を鍛える【RIZAP イングリッシュ】

 成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

2.プログラミング

ポイント

TechAcademy ※オンラインでメンターに指導を受けながらプログラミングを学べる。1週間の無料体験あり!
※¥189,000(社会人)¥139,000(学生)。8週間コースの場合。
               

TECH::CAMP  ※プログラミング教室でプログラミングを学べる
※¥177,600(3カ月)

3.SNS

〇ワードプレスの始め方

〇アフィリエイトの始め方

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-弁理士

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.