弁理士

サラリーマンを辞めたいなら特許事務所をおすすめする理由

投稿日:

士業男子やま
こんにちは。弁理士として特許事務所と法律事務所で働いていた士業男子やまです!

はあ・・・正月明けで今日からまた仕事か・・・行きたくねえなあ・・・金曜日が待ち遠しい・・・サラリーマンを辞めたいけど辞めたら生活できないからなあ・・・どうすれば・・・

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

今回は「サラリーマンを辞めたいなら特許事務所をおすすめする理由」というタイトルにてお話しします。

今回の記事は以下のような方を読者に想定しています!

参考

■サラリーマンを辞めたい方で、サラリーマン以外の働き方を探している方。

目次

サラリーマンを辞めたいと思うことは合理的です

 サラリーマンを辞めたいと思うことは合理的です。

 辞めたい理由としていくつか挙げられます。

 〇満員電車が苦痛    

 〇単純作業に面白味が見いだせない

 〇会議・出張が面倒くさい 

 〇年功序列制などでどれだけ頑張っても定額制で働かされる

 〇職場に嫌な人がいる。顔も合わしたくない。

 〇アフター5に飲み会に付き合わされる。

 ぶっちゃけこれだけ嫌なことがあれば、辞めたいと思うことはとても合理的です。

 しかし、ほとんどの人はサラリーマンを辞めることができません。

 その理由はサラリーマンを辞めるとお金が貯まらず、将来が不安であるからだと思います。

 特に住宅ローンや学生ローンといった負債を抱えている方にとってはやめたくてもやめられないかと・・・

 また、脱サラして新しいことをやろうとしてもサラリーマン以外の働き方・お金の稼ぎ方が分からない方も多いです。

 しかし、そんな中でサラリーマンを抜け出す方法があります。

 それは、特許事務所で働くことです。

特許事務所はサラリーマンが苦手な人に向いている

 特許事務所で働くとこんな感じになります。

・朝は満員電車⇒フレックスタイム・在宅制度で避けることができる(ほとんどの特許事務所)

・会議多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどが実務。

・出張多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどがデスクで実務。

・単純作業多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどが実務。

・会社のためのスキルを学ぶことが多い⇒よそにでも通用する知財スキルを学べる。

・昼休みは上司とランチ⇒縦の関係がほぼなし。

・上司と部下の縦の関係が強い⇒縦の関係がほぼなし。

・夜は飲みにケーション⇒縦の関係がほぼなし。

・さらに弁理士なら裁量権もあるので自由な働き方が実現できる。

 未経験の場合には、最初は上司の指導有で裁量権がなくストレスがたまるかもですが、実務も身に着けると裁量権もあるので自由に働けます。

 サラリーマン生活に向いていないなと思ったら、特許事務所で働くことをおすすめします。

 

ここで、特許事務所ってどんな仕事ってするのと思うかもしれません。

 特許事務所での仕事は、主に、クライアントが特許をとることをサポートする仕事です。

 特許をとるための特許出願書類を作成します。

 この仕事では法律の知識、発明の技術の理解力が重要であり、毎日勉強です。

 勉強好きな方は向いています。

 

 これらの仕事は、弁理士の仕事です。

 そうすると、弁理士の資格がないと特許事務所に入れないのでは・・・と思われるかもですが、特許事務所では弁理士の資格がなくても働くことができます。

 特許事務所で働きながら、弁理士の資格を目指してもよいですし、サラリーマンをしながら弁理士の資格をとることを目指すのもよいと思います。

 弁理士の資格の攻略法はこちら。

 ただし、特許事務所の中には、当たりハズレがありますし、年収が下がったりするところもあるので、転職するなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

 転職エージェントは、特許事務所の内情に詳しいところがおすすめです。

ポイント

MS-Japan   ※特許事務所と知財部の双方に強い。併願でいくならおすすめ。

リーガルジョブボード ※優良系の中小特許事務所に強い。担当の三島さんが実際に取材をしている。

ビズリーチ      ※自分のキャリアにあった高めの求人を紹介してもらえる。

 さらに詳しい話はこちらをご覧ください。

 

サラリーマンを辞めたいと思ったらすぐ行動しましょう

 辞めたいと思ってもサラリーマンを続けている理由はお金のためであることがほとんどだと思います。

 しかし、平日をサラリーマン生活に犠牲とすると、1週間(7日間)のうち5日間を無駄にしていることになります。

 サラリーマン生活は約40年です。

 そうすると、これから約29年間はお金のために我慢する生き方をしないといけないということになります。

 こんな生き方がいやであればすぐにでも行動しましょう。

 特許事務所では、サラリーマン生活と異なる働き方を実現できるのでおすすめです。

 まずは軽く転職エージェントに無料登録して希望条件にあったところを紹介してもらいましょう。

ポイント

MS-Japan   ※特許事務所と知財部の双方に強い。併願でいくならおすすめ。

リーガルジョブボード ※優良系の中小特許事務所に強い。担当の三島さんが実際に取材をしている。

ビズリーチ      ※自分のキャリアにあった高めの求人を紹介してもらえる。

 

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-弁理士

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.