弁理士 弁理士とは

弁理士にデメリットはあるがたった1つのメリットができすぎる話

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!今回は、弁理士のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います!

今回の記事の想定読者

参考

弁理士に興味がある方。

弁理士にジョブチェンジをしようとする方はぜひご参考いただければと思います。

目次

弁理士のデメリット

まずは弁理士のデメリットを箇条書きで挙げます。

なお、わたくし個人の感想です。

〇思ったよりも年収が高くない

〇ブラックの特許事務所が多い

〇若い人が少ない

〇横柄なクライアントがいる

〇知名度低すぎ

以下順番にお話しします。

思ったよりも年収が高くない

アメリカの場合には、弁理士は特許弁護士とも呼ばれており、平均年収は1400万円だそうです(https://forbesjapan.com/articles/detail/15514)。

これに対して、弁理士の平均年収は700万円だそうです。

ぶっちゃけそこまで年収は高くないと思います。

雇われの場合には、年収1,800万円が限度でしょう。

仕事をどんどんやれば、30代で年収1000万円以上を稼げますし、現に稼いでいる人も知っていますが、弁護士ほどは稼げません。

あと、弁理士の資格をとっても実務がともなわないといつまでたっても稼げません。

ブラックの特許事務所が多い

弁理士の主な勤務先は特許事務所です。

昔ほどではないですが、ブラックの特許事務所もまだまだ残存しているようです。

弁理士の資格をとっても、ブラックに行ってうまくいかずこの業界を離れた人も知っています。

特許事務所にブラックが多いのもデメリットの1つです。

若い人が少ない

弁理士の登録者のうち、35歳未満は6.2%です(2017年度の登録者)。

若い人にとっては、年齢が近い人が少ないのもデメリットかなと思います。

若い人が少なすぎで特許事務所にいると枯れやすいかもです笑

横柄なクライアントがいる

特許事務所の環境がよくても、クライアントがモンスターである場合もあります。

クレームモンスターの場合には、ストレスがたまって心身崩壊しやすいです。

横柄なクライアントがいることもデメリットの一つかなと思います。

知名度低すぎ

知名度低すぎるのもデメリットかなと思います。

弁理士は、難関資格の割に全くモテません笑

弁理士になってよかったことは1つだけ

以上のように、弁理士のデメリットをあげましたが、弁理士になってよかったなと思うことが1つあります。

ぶっちゃけこのメリットは、他のデメリットがどうでもよくなるくらいのメリットです。

それは何か。

それは「サラリーマン生活をやらなくても食べていける」ことです。

サラリーマン生活っていうのは具体的に以下のような感じだと思います。

・朝は満員電車

・会議多い

・出張多い

・転勤多い

・単純作業多い

・会社のためのスキルを学ぶことが多い

・昼休みは上司とランチ

・上司と部下の縦の関係が強い

・夜は飲みにケーション

すみません。ちょっと偏見もあるかもです。

ただこれが毎日続くのは僕は正直無理です。

無理な人は僕だけじゃないかもと思います。

会議も多いのがうんざりですし、単純作業多かったり同僚と気をつかったりしないといけなかったりで消耗してしまいます。

そして、夜の誘いに断れず飲みにケーション・・・

もちろんこういう生活が合っている方もいるとは思いますが、無理な人はとことん無理かと思います。

 

しかし、特許事務所で働くとこんな感じになります。

・朝は満員電車⇒フレックスタイム・在宅制度で避けることができる(ほとんどの特許事務所)

・会議多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどが実務。

・出張多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどがデスクで実務。

・単純作業多い⇒ほぼなし。稼働時間のほとんどが実務。

・会社のためのスキルを学ぶことが多い⇒よそにでも通用する知財スキルを学べる。

・昼休みは上司とランチ⇒縦の関係がほぼなし。

・上司と部下の縦の関係が強い⇒縦の関係がほぼなし。

・夜は飲みにケーション⇒縦の関係がほぼなし。

・さらに弁理士なら裁量権もあるので自由な働き方が実現できる。

未経験の場合には、最初は上司の指導有で裁量権がなくストレスがたまるかもですが、実務も身に着けると裁量権もあるので自由に働けます。

サラリーマン生活にうんざりしていたり、内向的な方であれば、弁理士のほうが向いてます。

「弁理士」として、サラリーマンにはない自由な働き方を目指してみるのもいいかなと思います。

弁理士を目指すには、弁理士の資格をとる必要があります。

弁理士に短期で合格するための方法を解説していますのでこちらをどうぞ。

弁理士試験におすすめの勉強法|この勉強法で1発合格しました

続きを見る

また、無資格でも特許事務所への転職は可能です。

失敗しない特許事務所への転職のやり方はこちらで解説していますのでこちらをどうぞ。

特許事務所の転職のやり方【未経験者向け】

続きを見る

弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

特許・商標出願代行に加えサイト運営などのWEBコンサルのサービスも提供しています。

料金表などについてはこちらをご覧ください。

ツィッターでも発信中。フォローして頂けると嬉しいです!

Youtube始めました。チャンネル登録していただけると嬉しいです。

 

 

-弁理士, 弁理士とは

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.