行政書士 資格

行政書士に合格するための費用は10万円くらいあればよい話

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!
悩んでいる人
行政書士目指そうか迷っているんだけど費用ってどのくらいかかるのかな。
士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます。

今回は「行政書士に合格するための費用は10万円くらいあればよい話」というタイトルにてお話しします。

今回の記事は以下のような方を読者に想定しています!

参考

これから行政書士を目指そうか悩んでいる方。

士業男子やまって誰だよ!?と思われるかもですが、わたくしは、弁理士に一発合格しており、資格勉強について長けており、資格スクエアのyoutubeチャンネルにて資格勉強法について語っています。

 

目次

行政書士に合格するための費用はどのくらい?

行政書士に合格するためには、以下の費用がかかります。

参考

〇受験料 ¥7,000

〇勉強のための講座・テキスト ¥15,000~¥100,0000

このため、全体的に行政書士に受かるなら最大で¥100,000くらいあればOKです。

行政書士の場合、受験資格はないため、受験料と講座・テキスト料だけを考えればOKです。

 

独学で行政書士の合格を目指すなら〇〇万円

独学で行政書士の合格を目指すならテキスト費用は¥15,000ほどかかります。

内訳はこんな感じです。

必要最小限のテキストは以下のような感じです。

ポイント

〇基本書

〇六法全書(薄めのものがベター)

〇過去問題集

〇判例集(+α)

これらをすべてそろえると、¥15,000ほどはかかります。

 おすすめのテキストについてはこちらの記事で紹介しています。

通信講座で行政書士の合格を目指すなら10万円くらいあればOK

通信講座の中で合格しやすい講座は以下のとおりです。

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング。※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア。※革新的な勉強システム。 ¥99,700

通信講座を利用すると、¥60,000~¥100,000ほどかかります。

 これに対して、独学の場合には¥15,000ほどで済みます。

 そうすると、独学の方がコスパがよいように思えるかもしれません。

 しかし、資格勉強の初学者や、時間がとれない社会人の方は通信講座をおすすめします。

 理由は以下のとおりです。

ポイント

〇資格勉強をすぐに始めることができる。(テキストの準備が不要)

〇通勤時間などスマホ1つで隙間時間に効率よく勉強できる。

〇合格のテクニックが揃っているので短期で合格しやすい。

 独学のメリットは、費用を抑えられることと思いますが、それに伴い、合格しにくくなる、勉強時間が多くなるといったデメリットが大きすぎます。

 特に初学者の場合には、独学しようとして不合格になり、結局来年は通信講座を利用・・・ということになれば、時間とお金を無駄にしてしまいます。

 しかも行政書士の場合には、独学と通信講座の価格の差はそれほど大きくないです。

 もし迷うなら、通信講座を利用することをおすすめします。

フォーサイト

 フォーサイトの行政書士講座の強みは、合格率の高さと不合格の場合の全額返金保証制度です。

 フォーサイトの行政書士講座を受けると、合格しやすいですし、最悪不合格であっても全額返金されるので、一番損をしにくい講座といえます。

 このような高い合格率を出している理由としては、「見やすく分かりやすいフルカラーテキスト」と「質の高い講義」があると思います。行政書士の通信講座の中では、「バリューセット3(¥104,800)」が全額返金保証制度がついておすすめです。

 行政書士の通信講座の中では標準的な価格であるといえます。

 フォーサイトの行政書士講座はこちらのサイトからお申込みできます。

スタディング

 スタディングの行政書士講座の強みは、価格の安さです。

 スタディングの「合格コース」の受講料は¥45,900であり、行政書士の通信講座の相場のほぼ半額です。

 価格が安くても合格できるのか不安に思う方もいると思いますが、スタディングのHPには合格者の声が多く掲載されています。

 スタディングの行政書士講座はこちらのサイトからお申込みできます。

資格スクエア

 資格スクエアはオンライン学習機能が独特です。

 資格スクエアでは、脳科学に基づいたアウトプット重視の学習機能とAIによる作られた「未来問」が特徴的です。

学習機能

〇オンラインレジュメ➤講義動画と一緒にオンラインでレジュメが表示される。

➤オンラインレジュメはマークなどできるので復習に役立つ。

〇オンライン上で質問➤疑問点はその場で質問できる。

 資格スクエアの利点は、学習の全てがオンラインで完結することであり、テキストをあれこれと持ち込まなくてもよく、電車などの隙間時間でも効率よく勉強できることにあります。

 このため、隙間時間を有効に活用したい社会人にとっては、資格スクエアの行政書士講座はおすすめです。

 資格スクエアの行政書士講座はこちらのサイトから申し込みできます。

行政書士は他の士業と比べて低予算で取れる話

たいていの士業の場合には、通信講座の価格は20万円くらいつきますが、行政書士の場合には半額程度ですみます。

行政書士は独占業務資格であり、社会的にニーズもあって独立開業しやすいため、コスパのいい資格かなと思います。

勉強時間は半年から1年で、予算は10万円くらいあればOKなので迷っている方は今すぐにでも受けてみることをおすすめします。

行政書士になるための費用のまとめ

参考

〇受験料 ¥7,000

〇勉強のための講座・テキスト ¥15,000~¥100,0000

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング。※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア。※革新的な勉強システム。 ¥99,700

このブログでは行政書士の短期で受かるための勉強方法も紹介しているのであわせてご覧ください。

以上

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-行政書士, 資格

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.