宅建 資格

宅建の勉強法を図解解説|最小限の勉強量で1発合格を目指す

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!

宅建を受けようと思うんだけどどんな勉強をしたらいいんだろうか。

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

士業男子やまって誰だよ!?と思われるかもですが、わたくしは、弁理士に一発合格しており、資格勉強について長けており、資格スクエアのyoutubeチャンネルにて資格勉強法について語っています。


今回は、これから宅建を受けようと考えている方を想定しており、「宅建の勉強法を図解解説|最小限の勉強量で1発合格を目指す」というタイトルにてお話ししていきます!

目次

宅建の勉強法でまず知っておくべきことが1つある

 まず、宅建に最小限の勉強量で合格するために知っておくべきことを解説します。

 それは試験範囲が広すぎるということです。

 試験範囲が広すぎるため、全ての範囲を丁寧に1つ1つ覚えようとすると、効率が悪く時間もかかり全ての試験範囲を勉強できず不合格になる可能性が高いです。

 そのため、試験範囲のうち、重点的に勉強すべきところと、捨てるところをしっかりと分けて勉強すべきです。

 では、その重点的に勉強すべきところはどこかというと、過去問で頻出の分野・領域です。

 過去問を10年分見ていけば、試験範囲のうち出題される範囲と出題されない範囲がわかってくると思います。

 出題されない範囲については捨ててでも、頻出の範囲を重点的に勉強することが最短で合格するコツです。

ポイント

■宅建は過去問で頻出の分野に絞って勉強すべき!

宅建の勉強法を図解で解説

 では次に、宅建の勉強法を図解で解説していきます。

 宅建の試験範囲は大きく4つの分野にカテゴライズされます。

 「宅建業法」「法令上の制限」「権利範囲」「税・その他」です。

 各科目について、まずは、オンラインの通信動画の解説動画を見て、知識をインプットして、そのあとに、過去問を解いていきます。

 独学で勉強すると、試験範囲のうち重点的に勉強すべき領域を自分で見つける必要がありますが、通信動画の場合には、重点的に勉強すべき領域に絞って解説していますので、おすすめです。

 知識をインプットした後は、過去問を解いて、知識の定着を確認します。

 これを「宅建業法」「法令上の制限」「権利範囲」「税・その他」の順番で勉強していきます。

 そして、このサイクルを終えた後に、さらにわからなかったところについてもう1周して、わからないところをしらみつぶしにつぶしていきます。

 このようなサイクルを繰り返すことでわからないところもなくなり、万篇なくどのような試験問題が出題されても対応することができ、短期合格ができます。 

宅建の勉強法では過去問のみでOK

 ここで宅建の場合、選択式問題ですので、アウトプットに使う問題集は過去問のみでOKです。

 過去問は、せめて過去10年分は勉強することをおすすめします。

宅建の勉強法でノートはどう使うべきか!?

 ここでは、宅建試験の勉強法のノートの作り方についてお話しします。

 ノートは基本書に併用する形として、基本書に直接書き込むことをおすすめします。

 というのもノートにメモを書いておくと、見直すときに基本書とノートの2つとなり、不便になります。

 見直すのはできれば1冊であるのがベストです。

 そこで、ノートを用意せずに、基本書にメモを書き込むような形にします。

オリジナルノートを作成して何度も繰り返し見直します。そうすると、記憶の定着も効率よくアップします。

 そうすると、持ち歩きも便利ですし、試験直前の確認も1冊だけで済みます。

 ノートは作らず、基本書に書き込む癖をつけるようにしましょう。

 ここで、基本書にメモを書く場合には、赤ペン・青ペンといった色ペンを活用してカラフルにすれば見直しやすくなります。

宅建の勉強法は独学にすべき?通信講座を利用すべき?

 宅建は、独学でも可能ですが、試験範囲が広すぎて挫折しがちです。

 上述のとおり、宅建の攻略のコツは、頻出の範囲を重点的に勉強することが最短で合格することです。

 そこで、すでに頻出の範囲に絞って勉強できる通信講座を利用することが合格への近道であり、おすすめです。

 宅建の通信講座としては、おもに3つあげられます。

ポイント

合格率が79%の資格スクエアの宅建講座の【有料講座申込】

合格率がダントツに高くておすすめです。

合格率は全国平均の4.21倍!宅建講座はフォーサイト

71.5%と高い合格率。不合格なら全額返金保証付き。

スタディングの宅建講座

圧倒的安さの¥18,500.

 この中でもおすすめなのが、「資格スクエア」の宅建講座です。

 というのは、合格率がダントツで高いからです。

 ※数字は各通信講座のHPより。

 通信講座で損をしたくなければ、「合格者数」ではなく、「合格率」の高い講座を利用することをおすすめします。

 そして、資格スクエアは、古くからある予備校を大きく超えて高い合格率を誇っています。

 これは、充実したオンライン学習機能にあると思います。

 資格スクエアでは、脳科学に基づいたアウトプット重視の学習機能とAIによる作られた「未来問」が特徴的です。

学習機能

〇オンラインレジュメ➤講義動画と一緒にオンラインでレジュメが表示される。

➤オンラインレジュメはマークなどできるので復習に役立つ。

〇オンライン上で質問➤疑問点はその場で質問できる。

 資格スクエアの利点は、学習の全てがオンラインで完結することであり、テキストをあれこれと持ち込まなくてもよく、電車などの隙間時間でも効率よく勉強できることにあります。

 資格スクエアの宅建講座はこちらのサイトから申し込みできます。

>>オンライン環境が充実した資格スクエアの宅建講座の【有料講座申込】

宅建の勉強法のまとめ

ポイント

■宅建は過去問で頻出の分野に絞って勉強すべき!

ポイント

 科目について、まずは、オンラインの通信動画の解説動画を見て、知識をインプットして、そのあとに、過去問を解いていく。

〇宅建の通信講座

ポイント

合格率が79%の資格スクエアの宅建講座の【有料講座申込】

合格率がダントツに高くておすすめです。

合格率は全国平均の4.21倍!宅建講座はフォーサイト

71.5%と高い合格率。不合格なら全額返金保証付き。

スタディングの宅建講座

圧倒的安さの¥18,500.

 次に読む記事としておすすめの記事を紹介します。

以上

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-宅建, 資格

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.