資格

転職に資格は必要なのか?転職に役立つ資格を解説します

投稿日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!
資格って転職に必要なのかな。転職できるか不安だし資格をとろうと考えているけど、転職に役立たないのだったら意味ないよなあ・・・
士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!

今回は「転職に資格は必要なのか?転職に役立つ資格を徹底解説します」というタイトルにてお話しします。

今回の記事は以下のような方を読者に想定しています!

参考

これから転職のために資格をとろうと考えている方。

目次

資格をとれば転職は安心と思っている方へ

転職のために資格をとろうと考えている方は多いと思います。

 しかし、残念ながら全ての資格が転職に役立つわけではありません。

 せっかく頑張って資格をとっても、希望する仕事に就くことができなければ、資格の勉強時間も資格に費やしたお金も無駄になってしまいます。

 こうしたことがないように、資格の勉強に先立ち、まずは転職に役立つ資格とは何かをしっかりと知っておくことをおすすめします。

転職に役立つ資格とは

 未経験者の場合、転職のためにとるのであれば以下の条件を満たす資格をとることをおすすめします。

ポイント

■業務独占資格

■受験資格のハードルが低い

■資格の登録者数が少ない

業務独占資格をとることがおすすめである理由

 もし未経験から本気で転職したいと考えるのであれば、「業務独占資格」をとることをおすすめします。

 業務独占資格とは、有資格者だけが特定の業務を独占して行うことができる資格をいいます。

 この場合、特定の業務を行うために資格は必須となるので、資格をもっていることが未経験者であってもとても有利に働きます。

 ただし、業務独占資格の中には、受験資格が厳しいものもあります。

 業務独占資格の中でも受験資格の要件が厳しくなく、実務経験を問わないものとしては以下のものが挙げられます。

※難易度はサイト「資格の取り方」を参考

 もし転職のために資格をとるのであれば、上の独占業務の資格のいずれかを狙うことをおすすめします。

 この中でも、資格勉強に自信がなければ、「宅建士」「行政書士」をおすすめします。

 これらの資格は半年~1年の勉強量で資格をとることができます。

 なお、独占業務でなくても、転職に役立つ資格というのはありますが、こういった資格というのは実務経験が必要である場合が多く、未経験が転職のために役に立つ資格とはいえません。

名称独占資格はおすすめしません

 資格の中には名称独占資格というものもあります。

 名称独占資格というのは、その資格をとらないとその資格を名乗ってはいけないというものです。

 名称独占資格としては以下のものがあります。

〇計量士

〇知的財産管理技能士

〇ファイナンシャル・プランニング技能士

〇マンション管理士

 転職のために名称独占資格をとることはあまりおすすめしません。

 というのも、資格をとっても関連する業務と直結することが少なく、転職に役に立たないことが多いためです。

 また、IT関連の資格についても、ITパスポートなどがありますが、これらの資格は関連する業務に直結することが少なく、転職に役に立たないと言われています。

 これらの資格をとるよりも、若いうちに無資格で転職した方が得策かなと思います。

 ただし、例えば、事務系を志望している人が、IT系の資格をもっていたり、IT系を志望している人がFP(ファイナンシャルプランニング技能)の資格を持っていたりする場合には、役に立つ場合がありそうです。

 例えば、事務系の人は、パソコンに疎い年配の方が多い場合もありますし、その時に、IT系の資格をもっていると困った時に助けてくれそうだと思われて転職に有利になるかもです。

20代・30代・40代の転職に役立つ資格

ここで年代別に役立つ資格についてお話しします。

 せっかく難関の資格をとっても、年齢的な理由で転職できなければ資格をとった意味もないと思います。

 年代別に資格を選ぶポイントとしては、合格者の平均年齢を調べることです。

 合格者の平均年齢と同程度かあるいはそれよりも低ければ、未経験でも転職の可能性は十分ありえます。

 合格者平均年齢は公式サイト等を参考。

20代に役立つ資格とは

 20代の場合には、いずれの業務独占資格が役に立つと思います。

30代に役立つ資格とは

 一方30代の場合には、公認会計士の資格をとっても年齢的に厳しいかもです。

 短期で合格するなら「行政書士」「宅建士」、長期的なら「弁理士」「司法書士」がおすすめです。

40代に役立つ資格とは

 40代の場合には、合格者の平均年齢が高い「弁理士」「司法書士」「社労士」あたりがおすすめです。

転職のための資格のまとめ

未経験者におすすめの転職のための資格

ポイント

■業務独占資格

■受験資格のハードルが低い

■資格の登録者数が少ない

〇名称独占資格はおすすめしない

〇年齢別のおすすめの資格

30代➤短期合格なら「行政書士」「宅建」、長期合格なら「弁理士」「司法書士」「社労士」

40代➤「弁理士」「司法書士」「社労士」

このブログでは、「資格の勉強法」「弁理士」「社労士」「行政書士」「宅建」について記事を書いていますのでもし受けてみようと考えている方はご参考いただければと思います。

弁理士試験におすすめの勉強法|この勉強法で1発合格しました

続きを見る

資格の勉強法を難関資格試験に1発合格した僕が図解で解説

続きを見る

社労士の勉強時間を500時間で最短合格するために必要なこと

続きを見る

行政書士の難易度のランキングは簡単な方ではない理由

続きを見る

宅建の難易度のランキングは言うほど簡単すぎではない話

続きを見る

以上

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-資格

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.