副業 弁理士

弁理士ができる副業7選|副業で月20万円稼いだ僕が紹介します

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!

弁理士やってるんだけど幅広いスキルもつけたいし、お金も稼ぎたいし副業でも始めようかなあ・・・

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます。

今回は「弁理士ができる副業7選|副業で月20万円稼いだ僕が紹介します」というタイトルにてお話しします。

今回の記事は以下のような方を読者に想定しています!

参考

・弁理士の方で副業をしようか考えている方。

・副業に弁理士業をやろうか考えている方。(記事の後半で解説します)

目次

スポンサーリンク

弁理士が副業を始める前に知っておくべきこと

 弁理士は弁護士と異なり、副業をやるにあたり、弁理士会に届出を提出する必要はありません。

 ただし、勤務先の職場の就業規則をしっかりと確認することが重要です。

 場合によっては懲戒のリスクもあるからです。

 もし、就業規則により副業が禁止であるならば、職場を辞めて転職してからはじめるか、あるいは副業に先立ち勉強だけでもしておくこと(たとえば、プログラミングなど)をおすすめします。

 どうしてもやめたいけどやめられないという事情があるのなら退職代行を使うのもありです。

退職代行
退職代行を引き継ぎなしでやるなら弁護士をおすすめする理由

続きを見る

 ただし、法的に副業が禁止と定められているわけではなく、副業を会社にばれないようにできれば、こっそりと副業をするのも自己責任でありかと思います。

弁理士ができる副業7選

 弁理士ができる副業は以下のとおりです。

ポイント

・予備校講師 

・予備校の試験の採点

・ブロガー

・ユーチューバー

・プログラミング

・Webデザイン

・Webライティング

 以下それぞれをくわしく説明します。

弁理士の副業1.予備校講師

 まずは弁理士の副業として王道ともいえる予備校講師があげられます。

 予備校講師では、弁理士試験対策の講師としての仕事だけでなく、教材作成も行います。

 ただし、講師として受講生から評価を得られない場合には、即効切られることもあるようでこのへんはシビアです。

 いっぽう、評価がえられた場合には安定した収入を稼げることができます。

 さらに受講生が知財部出身の場合には、受講生からの紹介で集客効果もあるようです。

 じっさいに、講師をやっていた独立系弁理士が、受講生を介してクライアントを獲得できたという話をよく聞きます。

 このため、収入だけでなく知名度の獲得や集客効果の点からもおすすめです。

 予備校講師の求人は予備校のホームページから見つけることができます。

 現時点(2019/12.29)でTACが弁理士講師を募集しているのでもし気になった方は応募してみるのもよいと思います。

>>TACの求人はコチラです。

弁理士の副業2.予備校の模試の採点

 弁理士の副業の2つ目に予備校の模試の採点があります。

 採点だけなので在宅OKでお手軽でやりやすいかなと思います。

 問題は報酬ですが、実際に採点のバイトをした弁理士の先生によればあまり高くはないようです。

 100枚の答案用紙を採点するのに6万円前後らしいです。

 また募集も予備校のウェブサイトで見かけることはあまりなく、口利きで求人を見つけることが多いみたいです。

 あまり旨味もないですし、採点を通じて何らかのスキルも身につかないと思うのでおすすめしません。

弁理士の副業3.ブロガー

 弁理士の副業の3つ目にブロガーがあります。

 ブログで収益をたてる方法は3つあります。

●Googleアドセンス (Googleからの広告を記事に貼りつけてクリックされると収益が得られる)

●アフィリエイト(商品やサービスの広告を記事に貼りつけて、貼りつけた広告を通じて商品やサービスが売れると収益が得られる)

●広告掲載(ブログに広告を掲載することで収益が得られる)

 わたくし士業男子やまもブログを今年から本格的にはじめて今月は月20万円以上の収益を達成しています。

 じつはあるベテランの弁理士の先生とお話しさせていただくことがあったのですが、その先生もブログを1年続けて月30万円稼いでいるそうです!

 ジャンルについては教えてくれませんでしたが笑

 ブログをやるとなかなかの収益が得られるだけでなく、様々なスキルも身につきます。

ポイント

✅Webライティング
✅セールスライティング
✅Webマーケティング
✅SEO
✅ワードプレス

 ただし、稼げるようになるには半年は頑張って継続する必要があります。

弁理士の副業4.ユーチューバー

 弁理士の副業の4つ目としてユーチューバーがあります。

 じつはかくいうわたくし士業男子やまも今月はじめました。

 税理士の場合には、チャンネル登録者数数万オーバーのユーチューバーが何人かいて今から始めてもポジショニングが厳しいです。

 いっぽう、弁理士の場合には、競合相手が少なくポジショニングがとりやすくおすすめです。

 ただし、知財は一般人には絶対に受けないので工夫が必要です。

 弁理士プラス自分の強みで勝負するのがよいと思います。

 収益化はチャンネル登録者数1000人以上、再生数4000時間以上になって可能です。

 けっこうきびしい条件で収益化には1年くらいはかかるかなと思います。

弁理士の副業5.プログラミング

 つぎに弁理士の副業の5つ目にプログラミングがあります。

 弁理士がプログラミングできるメリットとしては以下のとおりです。

●副業収入

●新たなビジネスを構築できる

●独立開業したときのWebサイトを自分でつくれる

 弁理士が独立開業したときに、クライアントは大手特許事務所がパイのほとんどを占めているので厳しいのが現状です。

 その一方で、大手特許事務所は既存のビジネスに依存して、新たなビジネスを構築しない傾向にあります。

 そこで、プログラミングができれば、システムを構築して新たな特許ビジネスを構築することができます。

 たとえば、TORERUのようにプログラミング技術と商標を組み合わせて自動で商標出願できるシステムを構築しています。

 今後は、独立開業をする上で、大手特許事務所にない強みを生かすことがとても重要であり、プログラミングスキルはとても有用なツールです。

 また、プログラミングは副業としての稼ぎもよいです。

 プログラミングでの稼ぎ方は以下のとおりです。

・独学やスクールでプログラミング言語を1ヵ月~3カ月くらい学ぶ

➤クラウドワークスなどで企業から仕事を請け負う

 稼げる金額の目安は以下のような感じです。

●HPのコーディング作業(目安10,000円)

※コーディングとはWebデザインをWeb上に表現していく作業です。

必要なプログラミング言語はHTMLとCSSであり、これらは1ヵ月くらいあればマスターできます。

HTMLとCSSは学習サイト「ドットインストール」で無料で学べます。

ドットインストールのHTML講座

ドットインストールのCSS講座

●HP制作(目安10万円)

※必要なプログラミング言語はHTML、CSS、Bootstrapです。

・Bootstrapは学習サイト「ドットインストール」で無料で学べます。

ドットインストールのBootstrap講座

 もし独学が不安であればプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

 受講料の相場は15~20万円ですが、3か月後には副業で稼げるくらいのスキルをみにつけることもできます。

 そうすると3か月後に月20万円稼げてすぐに受講料を回収できます。

 おすすめのプログラミングスクールを紹介します。

ポイント

Tech Academy  ※オンラインでメンターに指導を受けながらプログラミングを学べる。2週間の無料体験あり。       

TECH::CAMP ※プログラミング教室でプログラミングを学べる

 このうちTechAcademyはオンラインで学べることができてメンターもついているのでおすすめです。

 初学者であれば、「はじめてのプログラミングコース」を受講することをおすすめします。

 HTMLとCSSを使って架空のWebサイトを作ることができます。

弁理士の副業6.Webデザイン

 Webデザインでの稼ぎ方は以下のとおりです。

・独学やスクールでプログラミング言語・デザインツールを学ぶ

➤クラウドワークスなどで企業から仕事を請け負う

Webデザインの仕事内容は、企業から依頼されたWebサイトをデザインすることです。

●Webデザインの制作(目安100,000円)

 Webデザインの場合には、プログラミング言語にくわえて、Photoshopやイラストレーターなどのデザインツールも学習する必要があります。

 独学で身につけることも可能ですが、幅広いスキルが求められるため効率的に学習するためのTech AcademyのWebデザインコースがおすすめです。

社会人におすすめの副業7.Webライティング

 弁理士の方であれは、明細書などの文章を書くことに慣れているので、ライティングは得意かなと思います。

 そこでおすすめするのがWebライティングです。

 Webライティングでの稼ぎ方は以下のとおりです。

➤クラウドワークスなどで依頼主から仕事を請け負う

ブログ記事作成(単価0.5~2円/3000文字で1記事1500円~)

 特定のジャンルについての記事を作成します。

 たとえば、下記のサイトであればダイエットの記事の作成といったものです。

 やったことがないから不安に思われるかもですが、下記のサイトのように添削指導ありのものもあります。

 やりながらライティングスキルをみにつけることができます。

>>【添削指導付き】ダイエットの記事作成とwebライティングサポート

弁理士が副業をやるならツィッターをはじめることをおすすめします

 もし副業をはじめるのであればツィッターをやることをおすすめします。

 かくいうわたくし士業男子やまもツィッターをやっています。 

 ツィッターをやるメリットは、もちろん他に有益な情報をうけとったり、フォロワーさんとの交流といったものもありますが、副業との兼ね合いでいえば、得たスキルを発信してさらに収益化をはかることができる点にあります。

 たとえば、以下のような感じです。

 ●ツィッターで副業で得たスキルの情報を発信

 ➤フォロワー数が増える

 ➤情報を発信し続けてフォロワーから信頼を獲得する

 ➤noteで有料コンテンツの配信

 返報性というのをご存知でしょうか。

 発信者が有益な情報を提供すればするほど受けてはなにかお返しをしたいという気持ちになります。

 このタイミングで有料コンテンツを配信すれば、フォロワーからコンテンツを購入されやすくなります。

 これが返報性です。

 副業でスキルをみにつけて実績を積んでいけば、その実績のノウハウを有料コンテンツとして売ることでさらに収益を得られるというものです。

 そこで、副業をやるならツィッターもはじめてみることをおすすめします。

副業で弁理士をやることはおすすめしません

 いっぽう、サラリーマンの方や他の士業の方で弁理士を副業とすることを考えている方もいると思いますがこれはおすすめしません。

 理由は以下のとおりです。

●弁理士資格をとるのに1~3年かかる

●弁理士の実務をみにつけるのに1~2年かかる

 弁理士は資格をとれば仕事をもらえるほど甘くはないです。

 弁理士資格と実務だけで3~5年はかかりますし、本業と兼用で実務をうまくこなすことも難しいです。

 かりに実務をうまくこなしても報酬はそれに見合ったものといえず、割に合わないと思います。

 もし弁理士を副業と考えるなら他の士業を副業に考えるか、あるいはプログラミングをやることをおすすめします。

弁理士の副業のまとめ

ポイント

・予備校講師

・予備校の試験の採点

・ブロガー

・ユーチューバー

・プログラミング

・Webデザイン

・Webライティング

以上

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。たとえば、特許事務所の求人などもOKですのでお気軽にご連絡ください!

-副業, 弁理士

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.