行政書士 資格

行政書士の難易度のランキングは簡単な方ではない理由

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!行政書士の難易度って簡単すぎって思ってないですか。独学で1ヵ月あれば余裕とかそんな風に考えていないですか。現実的に行政書士の難易度はそこまで簡単ではないですよ。

「これから行政書士を受けようと考えているけど難易度ってどんな感じ!?」

と思っているあなたにはこの記事が参考になると思います。

行政書士の難易度は決して簡単ではないですが、勉強のやり方が間違っていなければ半年から1年で合格は可能です。

この記事を読めば、行政書士の難易度だけでなく、最短で合格するための勉強のやり方まで理解することができます。

もし行政書士の合格に必要な教材と必要な予算を早く知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

行政書士の難易度ランキングはどれくらい!?

 まずは行政書士の難易度を知りましょう。

 ここでは行政書士の難易度は、「資格の取り方」というサイト(https://shikaku-fan.net/rank.php)による行政書士の難易度を取り上げます。

 「資格の取り方」によれば、行政書士の難易度は62であり難関のレベルです。

行政書士の難易度を司法書士・社労士・宅建士と比べてみた

 司法書士の難易度は、76であり超難関のレベルです。

 司法書士と比べると、行政書士はかなり簡単な試験に思えます。

ところが、社労士の難易度は、65であり難関のレベルであり、行政書士と社労士とは同等のレベルの試験であることがわかります。

さらに、宅建士の難易度は、57であり普通のレベルであり、宅建士に比べると行政書士の難易度は難しい試験であることがわかります。

このことから、行政書士の難易度は、司法書士と比べると簡単に思えますが、社労士と同等の難易度であり、宅建士に比べるとはるかに難しい試験であり、それほど簡単ではないことがわかります。

行政書士の難易度のランキングは簡単な方でない理由

行政書士の難易度が簡単だと思われていたのは過去の話です。

昔は簡単だったそうです。

 もともと行政書士試験は、選択問題や穴埋め問題ばっかりだったため、「鉛筆を転がしていれば受かる」試験とも言われたことがあり、誰でも合格する意味のない試験とすら言われていました。

 しかし、今では行政書士の難易度は簡単ではありません。 

 その理由は以下のとおりです。

ポイント

①昔と比べて難化している

②試験科目の数が多い

③合格率は低い

④1年弱の勉強量は必要

 順番に説明します。

①行政書士の難易度は難化している

 行政書士の業務範囲が拡大することにより、行政書士試験も改革されてきました。

 最近では行政不服審査方などの行政法が相次いで立法され、行政制度が整ってきました。

 それにともない、行政書士試験も行政法に関する問題が増えていき、試験科目が変更したり、試験範囲が拡大することになりました。

 また、これまでは選択式や穴埋め問題が中心でしたが、ここ数十年の間で法令についての記述問題が出題されるなど問題も難化している傾向にあります。

 とくに多岐選択肢の導入、記述問題の時数が40字になるなど、運では受からない実力勝負の試験になってきています。

②行政書士は試験科目の数が多い

 次に行政書士試験の試験科目の数が多いことも簡単ではない理由です。

 行政書士試験の試験科目はぜんぶで7科目あります。

 ・憲法

 ・行政法

 ・民法

 ・商法

 ・基礎法学

 ・一般知識(政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解)

 メインは「行政法」「民法」ですが、いずれの科目も出題範囲が広く、広い範囲の知識を効率よく学んでいく必要があります。

 このため、法律に関係のない勉強をしてきた人や、仕事をしてきた人にとっては簡単とは言えない試験です。

③行政書士の合格率は低い

 行政書士試験の合格率は低いです。

平成30年度 合格率12.7%

平成29年度 合格率15.7%

平成28年度 合格率9.95%

 これでも合格率は上がった方で、平成22年度の合格率はなんと6.60%でした。

 もちろんこれらの受験生の中には何も勉強していない記念受験生の人も多いと思います。

 しかし、今は、司法書士の受験生も行政書士を受験している人が多いのです。

 その中でこれぐらい低い合格率というのは決して行政書士試験の難易度が簡単ではないと思えます。

④行政書士の勉強時間は1年くらいは必要

 行政書士試験の勉強時間は500~1000時間と言われます。

 行政書士に合格するために必要な勉強時間については過去記事でもくわしく書いています。

 よく3カ月くらいで受かったとか言っている合格者の話も聞きますが、多くは法律出身の方が多いです。

 法律の初学者の場合には1年はしっかりと勉強する必要はあります。

行政書士の難易度のランキングはやり方が正しければ半年~1年で受かるレベル

 行政書士の試験は決して簡単ではありませんが、勉強のやり方が正しければ半年から1年で合格できます。

そこであなたに半年から1年で合格するための勉強のやり方をお話しします。

勉強のやり方は以下のとおりです。

ポイント

 ①俯瞰仰視反復の勉強法

 ②通信講座を利用する

順番に説明します。

①俯瞰仰視反復の勉強法

この勉強法では、まず試験範囲の全体を把握した後(俯瞰)、一単元ごとに知識を定着して、定着した知識を確認するために過去問を解き(仰視。インプットとアウトプット)、過去問で解けなかったところをしらみつぶしにつぶすために何度も解いていきます(反復)。

この勉強法は、僕が弁理士試験で1発合格したときに使った勉強法であり、試験は異なりますが、行政書士においても役に立つものと自信を持って言えます。

詳しくはこちらの記事で徹底解説しています。

この勉強法は無駄を徹底的に排除して、短期間で合格するための最短の勉強法といえます。

ただし、この勉強法を使うときには、テキストを使うよりも、オンライン動画のある通信講座を使うことをおすすめします。

②通信講座を利用する

 通信講座は独学で勉強するよりも費用がかかるというデメリットがありますが、そのデメリットを覆い返すくらいのメリットがあります。

 独学でどれだけ勉強しても、短期合格しなければ時間の無駄です。多少の費用に目をつむってでも通信講座を利用することをおすすめします。

なお、通信講座を利用すれば、他の教材は不要です。

おすすめの通信講座は以下のとおりです。

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア※革新的な勉強システム。 ¥99,700

フォーサイト

予備校の中でも高い合格率

見やすく分かりやすいフルカラーテキスト

全額返金保証制度つき

フォーサイトの行政書士講座の強みは、合格率の高さです。

合格率は37.3%であり、全国平均合格率が12.7%ですからなんと全国平均の約3倍の実績を出しています。

(参考:https://www.foresight.jp/gyosei/)

このような高い合格率だ出している理由は、①講師の質の高さと②見やすくて分かりやすいフルカラーテキストにあります。

フルカラーテキストは下のような感じでとても見やすく快適に勉強できます。

引用元:https://www.foresight.jp/pdf/sample/text/gyosei.pdf

そして、不合格者の救済措置として、不合格なら全額返金保証制度がついているのも魅力です。

最も、損をしない通信講座といっていいでしょう。

フォーサイトの行政書士講座はこちらのサイトからお申込みできます。

資格スクエア

便利なオンライン学習機能

脳科学に基づいた学習機能とAIによる「未来問」で効率よくアウトプット

忙しい社会人でも効率よく勉強できる

資格スクエアは他の予備校にない便利なオンライン学習機能があります。

引用元:https://www.shikaku-square.com/study/

レジュメ ※講義動画と一緒にオンラインで表示される。

➤オンラインレジュメにマークなどできるため復習に役立つ。

質問 ※質問はオンラインでできる。

➤わからないことはすぐに解決できる。

 資格スクエアの利点は、学習の全てがオンラインで完結することであり、テキストを持ち込まなくてもよく、電車などの隙間時間を有効活用できます。

 このため、忙しい社会人にとって特におすすめです。

 

 また、資格スクエアでは、脳科学に基づく学習機能とAIによる未来問で効率よくアウトプットできます。

引用元:https://www.shikaku-square.com/gyoseisyoshi/miraimon

 資格スクエアを使えば、インプットもアウトプットもオンラインでバッチリ学習できます。

 資格スクエアの行政書士講座はこちらのサイトから申し込みできます。

スタディング

 圧倒的な価格の安さ

 合格実績あり

 スタディングの行政書士講座の強みは、価格の安さです。

 スタディングの「合格コース」の受講料は¥45,900であり、行政書士の通信講座の相場のほぼ半額です。

 価格が安くても合格できるのか不安に思う方もいると思いますが、スタディングのHPには合格者の声が多く掲載されています。

 以下にスタディングの合格者の声を抜粋します。

「繰り返しは記憶の母」と言われるようにとにかく繰り返すことです。講座を見たら即問題を解く、この繰り返しを実現できたのはスタディング(通勤講座)だからこそだと感じております。

また、十二分に合間時間を活用できたのもスタディング(通勤講座)ならではです。通常の勉強ですと、机を片付けて、文房具、テキスト、ノートを用意してと勉強するまで何工程もの行動を擁します。人間何事も物事の取り掛かりである初動に大きなエネルギーを割くため、勉強するということが一つの儀式になってしまいます。この人間心理に対して見事にアプローチできたのがスタディング(通勤講座)の勉強方法ではないでしょうか。

いつでも、どこでも、手軽に勉強できる。これが継続の秘訣であり合格が現実となるポイントであると切に思っております。もともと面倒臭がりな私が資格試験勉強を継続し合格できたのも負担感の少ない勉強方法に出会えたからです。

現在、資格試験の勉強をしようか迷っている方、今までの勉強概念を払拭しスタディング(通勤講座)で資格取得を目指してください。

引用:https://studying.jp/gyousei/lp.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=gyousei&waad=TOqJ1i2g&yclid=YSS.1000271115.EAIaIQobChMIzPTy-rGg5wIVh2kqCh0n2AaWEAAYAiAAEgJpyPD_BwE

 スタディングの行政書士講座でも十分に合格できます。

 スタディングの行政書士講座はこちらのサイトからお申込みできます。

行政書士の通信講座の比較

 行政書士の予備校の通信講座を選ぶポイントは3つです。

〇合格率の高さ

〇価格の安さ

〇学習のしやすさ

 これらの3つの要素のバランスがよいほどおすすめです。

上の表のとおり、①フォーサイトと②資格スクエアは総合評価では高めでおすすめです。

ここで合格率の高さを優先して、ランキングではフォーサイトを1位としました。

合格率の高さで選ぶならフォーサイト、学習のしやすさで選ぶなら資格スクエアをおすすめします。

行政書士の難易度ランキングのまとめ

●他の資格との比較

偏差値76(超難関) 司法書士

偏差値75(超難関) 弁理士

偏差値65(難関)  社労士

偏差値62(難関)  行政書士

偏差値57(普通)  宅建士

●行政書士の難易度が簡単ではない理由

ポイント

・昔と比べて難化している

・試験科目の数が多い

・合格率は低い

・1年弱の勉強量は必要

行政書士試験におすすめの通信講座。

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング。※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア。※革新的な勉強システム。 ¥99,700

行政書士に合格するための勉強時間

行政書士の仕事内容ってどんな感じ?

以上

弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

特許・商標出願代行に加えサイト運営などのWEBコンサルのサービスも提供しています。

料金表などについてはこちらをご覧ください。

ツィッターでも発信中。フォローして頂けると嬉しいです!

Youtube始めました。チャンネル登録していただけると嬉しいです。

 

 

-行政書士, 資格

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.