行政書士 資格

行政書士は独学で合格できるのか資格保有者が徹底解説します!

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです!

行政書士って独学で合格できるのかな!?あとは試験の勉強法のコツも知りたいな

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!!

今回は「行政書士は独学で合格できるのか!?勉強法を徹底解説します!」というタイトルにてお話しします。

メモ

〇想定読者

 これから行政書士を勉強しようと考えている方。

メモ

〇この記事の信頼性

 わたくし士業男子やまは弁理士試験に合格したため行政書士の資格をもっています。

 弁理士試験と行政書士試験の勉強法の根本的なところは一緒であり、ご参考になると思います。

 詳しい勉強法は、自分や知人からの情報、ネットからの情報を参考にしています。

行政書士は独学で合格できるのか!?

 行政書士試験は独学で合格できるでしょうか。

 試験問題を見る限り、ほぼ択一試験のみですので独学で合格することは十分に可能です。

 論述試験といっても、40文字程度の記述なので、受験生と差が出にくいです。

 このため、論述試験のテクニックを予備校で学んでおくのが有利な資格試験と異なり、独学でも十分に合格できます。

行政書士の独学に必要なテキスト・参考書は!?

行政書士の場合には、独学に適したテキストが豊富にあります。

ただし、豊富にありすぎるからといって買い過ぎないようにしましょう。

買い過ぎていろいろなものに手を出すと効率性が下がり、受かりません。

必要最小限のテキストを何度も繰り返し使うのが合格するコツです。

必要最小限のテキストは以下のような感じです。

ポイント

〇基本書

〇六法全書(薄めのものがベター)

〇過去問題集

〇判例集(+α)

以下にくわしく解説していきます。

行政書士の独学に必要なテキスト1.基本書

基本書としては以下のどれかをおすすめします。

伊藤塾の「うかる!行政書士 総合テキスト」


うかる! 行政書士 総合テキスト 2020年度版

フルカラーで見やすい。別冊に六法もついているので六法を購入する必要なし。

早稲田経営出版の「合格革命 行政書士 基本テキスト」


合格革命 行政書士 基本テキスト 2020年度 (合格革命 行政書士シリーズ)

こちらもフルカラーで見やすい。ネットの口コミもよし。

TACの「みんなが欲しかった!行政書士の教科書」


みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

こちらもフルカラー。解説が丁寧。

行政書士の独学に必要なテキスト2.六法全書

行政書士の六法は、早稲田経営出版の「行政書士試験六法」がおすすめです。


行政書士 試験六法 2020年度

行政書士の独学に必要なテキスト3.過去問題集

過去問は5年分はやりこみましょう。

おすすめの過去問題集はTACの「みんなが欲しかった!行政書士の5年過去問題集」です。


みんなが欲しかった! 行政書士の5年過去問題集 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

行政書士の独学に必要なテキスト4.判例集

判例集は「みんなが欲しかった!行政書士の判例集」が定番でおすすめです。


みんなが欲しかった! 行政書士の判例集 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

行政書士の独学に必要な勉強時間はどのくらい!?

行政書士に独学で合格するための勉強時間はフォーサイト公式HPによれば、800~1000時間といわれています。

社会人が1年に使える勉強時間は1000時間です。

平日に2.5時間、休日に5.0時間を勉強時間をあてるとだいたい1000時間になります。

そのため、このくらいのペースで勉強すれば、9カ月~1年くらいで合格することができます。

行政書士は独学で3カ月勉強すれば合格できるのか!?

ネットなどの情報では、独学で3カ月で合格できたという話も聞きます。

この場合、仕事と両立は難しいかなと思います。

もし3カ月で合格しようと思うのであれば、会社を辞めて1日中勉強に専念できる環境を整えることをおすすめします。

1日に8~9時間勉強すれば3カ月で800時間の勉強量に近づきます。

行政書士の独学におすすめの勉強法

行政書士の独学に必要なテキスト・参考書をまとめます。

ポイント

〇基本書

〇六法全書(薄めのものがベター)

〇過去問題集

〇判例集(+α)

まずは、基本書をざっと流し見して、次に基本書を1単元ごとに読んで(インプットして)、過去問題集を解いていき、わからないところをしらみつぶしにつぶすようにこれを繰り返すことをおすすめします。

六法全書・判例集は辞書代わりに使い、気になるところは、基本書に書き込んでいきます。

基本書はノートと併用して1冊のオリジナルの本にして何度も繰り返し読んでいきます。

具体的な勉強法は以下の動画で解説しています。

行政書士の独学の勉強のデメリット

 行政書士は独学で合格できますが、デメリットもあることを知っておいた方がよいです。

 独学で勉強することは以下の点でデメリットがあります。

・合格できる信頼性に乏しい

・「合う」「合わない」の個人差が激しい

・多くのテキストを買うはめになりどこから手をつけたらいいのかわかりにくい

・独学でもテキストの準備に意外とお金がかかる

・通勤時間などの隙間時間を有効に活用しにくい

 独学でもテキストを準備するのに¥10,000~15,000円あたりはかかることは想定したほうがよいです。

 また、独学で勉強するとなると、合格のテキストの準備からスタートとなります。

 どんなテキストをそろえれば合格できるのか調べたりする必要があります。

 こうした作業は仕事と両立せざるをえない社会人にとっては面倒であったりします。

 もし、そうであれば、さらに、予算を¥20,000円ほど上乗せして通信講座を受講することをおすすめします。

行政書士におすすめの通信講座

行政書士におすすめの通信講座を紹介します。

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング。※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア。※革新的な勉強システム。 ¥99,700

じっくりと検討したい方はこちらの記事をおすすめします。

行政書士の通信講座
行政書士の通信講座・予備校のおすすめはどれか徹底比較します!

続きを見る

行政書士は独学で勉強できるのかのまとめ

 以上をまとめます。

行政書士は独学で勉強できるのかについてのまとめ

 独学で勉強は可能だがコスパが悪い。

低価格の通信講座を受けるのがおすすめ。

ポイント

■おすすめの通信講座

1.フォーサイト※高い合格率と不合格なら全額返金保証。¥104,800

2.スタディング。※格安の通信講座。 ¥59,800

3.資格スクエア。※革新的な勉強システム。 ¥99,700

行政書士のおすすめの勉強法

行政書士に合格するための必要な予算はどのくらい?

行政書士の仕事内容ってどんな感じ?

以上

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-行政書士, 資格

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.