弁理士

弁理士に英語力はどのくらいのレベルまで必要なのか!?現役弁理士が解説します

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

弁理士に英語力は必要なのかな・・・もし必要ならどのくらいのレベルまで必要か教えてほしいな。あとは英語を伸ばす方法も知りたいな。

こうした疑問に答えます。

なお、タイトルでは弁理士とありますが、特許技術者の方も参考になると思います。

目次

スポンサーリンク

弁理士に英語力は必要か!?

弁理士に英語力は必要なのかな!?

弁理士といっても雇用形態でさまざまなタイプがあります。

・特許事務所に勤める弁理士

・特許弁理士※特許を専門に扱う弁理士

・商標弁理士※商標を専門に扱う弁理士

・社内弁理士

・独立開業した弁理士

弁理士の大半は特許事務所に勤める弁理士が多いので、特許事務所に勤める弁理士を想定してお話しします。

なお、社内弁理士の場合には、弁理士の資格の有無にかかわらず、英語はできたほうがいいですし、独立開業した弁理士は、海外営業などを含めて英語はできたほうがいいでしょう。

特許事務所に勤める弁理士の場合には、英語力はあったほうがよいという感じです。

弁理士を目指そうとして方の中には、英語が苦手で英語をやりたくない方も多いと思います。

安心してください。英語ができなくても食べていけます。これについてはおいおいお話しします。

まずは結論だけ言うと、英語力はなくてもやっていけるが、あったほうが望ましいという結論になります。

必ずしも必要というわけではありません。

 弁理士の場合英語力はどのくらいのレベルまであったほうがよいか

英語苦手なんだけどあったほうがやっぱりいいんだな。どのくらいのレベルまで必要なのかな!?
どや弁
ずばり言うと高校で勉強する文法力ぐらいはあったほうがよいです。

英語が苦手な方安心してください。

所長クラスの人でもデスクに置かれた本の中には「高校英文法をもう一度おもいだす」といったタイトルの本が置かれているぐらいです(実際見かけました。)

弁理士の人って英語ができる人とできない人が極端すぎるのです。

しかし英語ができなくてもうまくやっていけています。

ただ、高校で学ぶレベルの英文法くらいはできたほうがよいです。

もし苦手な人はamazonで評判のいい英文法の学習本を購入して復習することをおすすめします。

言い換えると高校レベルの英文法をマスターしていればそれほど英語に苦労しないかなと思います。

その理由は「弁理士が英語を使うケース」にて後述します。

 弁理士が英語を使うケースってどんなとき!?

弁理士が英語を使うケースってどんなときか知りたいな。

弁理士が英語を使うケースは以下のような感じです。

すみません。商標で英語を扱ったケースがあまりないので今回は特許の場合にしぼります。

・翻訳チェック、特許翻訳

・内外と外内の中間処理

・外国代理人との打ち合わせ

・海外オフィス駐在

ざっくりいうとこんな感じです。以下順番に説明します。

・翻訳チェック、特許翻訳

日本でされた特許出願を外国にも出願する場合があります。

このとき日本で特許出願した特許明細書を英訳して外国に出願します。

この英訳作業は翻訳者が担当しますが最終的にチェックするのは弁理士の仕事です。

この翻訳チェックの過程で、英訳の内容と日本語の特許明細書の内容が一言一句正確に反映されているかチェックするため英語の文法をしっかりと理解していることが重要です。

文法といっても高度なものではなく高校で学ぶような文法レベルで十分です。

特許事務所の中には、このような仕事をふられるところも多いのでチェックできるくらいの文法力をみにつけておいたほうがよいです。

なお、基本的に英訳作業は翻訳者が担当しますが、特許事務所の中には弁理士がダイレクトで担当することもあります。

・内外と外内の中間処理

内外とは、日本から外国への出願の案件であり、外内とは、外国から日本への出願の案件です。

これらの案件で特許を取るために、引例としてひかれた外国文献を読んで拒絶理由を分析して適切な対応案をみちびきだします。

対応案は英語で外国の代理人とやりとりをします。

中間処理の過程では、外国文献を読みこなすリーディング力と対応案を英文で書くライティング力が求められます。

ただ、特許の場合には、英文が独特であり、パターン(表現など)は決まっているので慣れればそれほど苦労はしないと思います。

・外国代理人との打ち合わせ

特許事務所ではたまに外国の代理人が来訪してセミナーやディスカッションを行うことがあります。

もちろん英語でやりとりをしますのでこの場合に英語は必須です。

また重要な案件については、外国に行って外国の代理人と打合せをすることもありますし、電話でやりとりをすることもあります。

この場合には英語のスピーキング力やリスニング力が求められます。

・海外オフィス駐在

大手特許事務所の中には海外オフィスに駐在することもあります。

ただし、海外オフィスに駐在したいのであればTOEFLで一定のスコアを獲得する必要があります。

英語力をのばす方法【スピーキングとリスニングを強化したい人向け】

弁理士にスピーキングとリスニングはなくても食べていけますがあったほうが幅も広がりますし、国際派弁理士として活躍できます。

ただ、スピーキング力とリスニング力って身につけたいと思っていてもなかなか継続できないものです。

そこでおすすめの勉強方法を紹介します。

・大手特許事務所の英会話レッスンを受ける

・オンライン英会話を受講する

・海外ドラマを見ながら勉強

以下順番に説明します。

特許事務所の英会話レッスンを受ける

特許事務所の中には、英会話レッスンを無料で受講できるところがあります。

今僕が勤めている事務所でも、海外留学生とワンツーマンで英会話を毎週2~3回くらいできます。時間は30分~1時間ぐらいです。

無料ですし、好きな時間にスケジュールを組めたり、わざわざスクールに通わなくてもよいのでおすすめです。

特許事務所の中でも外国に強い事務所だと、こうした無料で英会話レッスンができるシステムがあります。

オンライン英会話を受講する

特許事務所の英会話レッスンの場合、発音とかそういう細かいところまでチェックをしてもらえないかもしれません。

そこでおすすめなのがオンライン英会話を利用することです。

講師に発音をチェックしてもらいながら英語力をのばしていくのも大いにありです。

>>会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

「レアジョブ英会話」は初回限定で無料体験コースもあるので体験してみて合うか合わないか試してみるのもいいと思います。

・海外ドラマを見ながら勉強

海外ドラマ好きならドラマの中でいいなと思ったセリフをメモしてそのセリフを覚えて英会話を身につけていくというのもありかなと思います。

 英語が得意な方は外国に強い特許事務所で働くのがおすすめです

英語が得意な方は外国に強い特許事務所へ働くことをおすすめします。

理由は、英語力のある弁理士はとてもニーズが高く、外国に強い特許事務所は売り上げもいいのでこっちのほうが稼げるからです。

特許明細書を書くだけなく、内外、外内の中間処理の経験も積んで、なんでもできる弁理士を目指せば高収入はほぼ確実です。

外国に強いかどうかは特許事務所のウェブサイトやこれまでに公開された特許公報を調べれば大体把握できるかなと思います。

あるいは転職エージェントを使うのもありかなと思います。転職エージェントを使えば面倒な手間も省けますし、転職が楽になります。

もし転職エージェントを使うなら特許事務所に特化して信頼できる「リーガルジョブボード」がおすすめです。

リーガルジョブボードはこちらのサイトから1分程度で簡単に無料登録できます。

リーガルジョブボードがおすすめな理由は下の記事でも書いています。

>>転職サイト「リーガルジョブボード」に取材をしてきた話|特許業界の裏話もあり!?

以上

おすすめの記事

>>弁理士試験のおすすめの勉強方法を紹介します。この方法で1年弱の勉強量で合格しました。

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-弁理士
-

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.