弁理士 転職

30代に弁理士をおすすめな理由|現役弁理士が解説

更新日:

悩んでいる人
30代で資格をとっても意味があるのかな・・・。30代で転職に使える資格を教えてほしいな・・・

こうした疑問に答えます!

目次

今後40歳以上で仕事を失う人が増える話

悩んでいる人
40歳以上で早期退職をすすめている企業のニュースがやけに目につくよなあ。

 今年になってトヨタの社長が「終身雇用は難しい」との発言がありました。

 今は大手企業が40代以上に早期退職をすすめています。

 中には過去最高益を達成したキリンまでもが早期退職をすすめています。

 定年まで会社に守られる時代は完全に終わりました。

 しかもほとんどの社会人が勉強していません。40代以降になると記憶力も衰えるためなおさら勉強しなくなります。

 そうすると、会社で頑張って働いても、会社でしか使えないようなスキルしか身につかず、勉強もしない人は40代になって退職したらどうなってしまうのでしょうか。

 年収は下がるだけでなく、そもそも行くあてがあるのか怪しいです。

 一方、日本に来ている中国人、韓国人、ベトナム人のほとんどは相当勉強熱心だそうです。

 20年後あるいは10年後の近未来には、日本企業であっても、中国人、韓国人、ベトナム人がボスになっているのが当たり前の時代になっているかもしれません。

 今の30代の方にとっては、まだ若いため早期退職の候補から免れるかもしれませんが、この傾向は今後も続くことが予想されるため覚悟した方がよいと思います。

社会人の勉強に資格勉強がおすすめです

悩んでいる人
そうは言っても何を勉強していいのかわからないなあ・・・

士業男子やま
勉強するなら資格がおすすめですよ。資格取得という目標が明確にありますし、特定の資格をとれば転職も容易になりますし、年収アップもはかれます。

 大学を卒業してから勉強をしていない人にとって、何を勉強したらよいかわからないと思います。

 そういう方には、資格取得という目標が明確な資格勉強をおすすめします。

 ただし、とっても役に立たない資格の勉強はお金と時間の無駄です。

 特に30代から資格勉強をするにあたって、転職も考慮すれば役に立つ資格というのは限られてきます。

 そこでおすすめの資格として、弁理士資格をすすめます。これは穴場です。

 ただし、理系のバックグラウンドがある方におすすめします。

 文系の場合には、意匠・商標にしか仕事がいきづらいため、取得しても厳しいかもしれません。

 理系のバックグラウンドがある人とは大学で理系学部を卒業したり、大学院で研究をしていたり、企業で開発経験があるような人です。

30代に弁理士をおすすめの理由

 30代転職に弁理士の資格がおすすめの理由は、以下のとおりです。

その理由は以下のとおりです。

(1)年齢が足かせになりにくい

(2)実務が上がりやすい職場環境が多い

(3)高収入が見込める

 以下順番に説明します。

(1)年齢が足かせになりにくい

 年齢が足かせになりにくいことが理由の1つに挙げられます。

 通常、未経験でのジョブチェンジは20代までであることが多いです。

 例えば、士業の資格である「公認会計士」「税理士」などの資格合格者の平均年齢は20代半ばであり、このあたりの年齢から始めます。

 このため、このような資格を30代で取得しても法律事務所になかなか転職できないところが現状です。

 これに対し、「弁理士」の資格合格者の平均年齢は「30代後半」です。

 そして、30代後半になって弁理士を取得して、未経験で特許事務所に転職する方が多いです。

 特許事務所も、未経験30代後半でも歓迎することが多いです。

 このように、「弁理士」の場合は、年齢が足かせになりにくいところが人生で一発逆転を狙える理由です。

(2)実務が上がりやすい職場環境が多い

 次に「実務が上がりやすい職場環境が多い」ことも理由の1つです。

 弁理士の多くは特許事務所(又は法律事務所)へ転職します。

 特許事務所は実務が上がりやすい職場環境にあります。

 通常、企業に就職した場合、部門にもよりますが、専門的なスキルを上げにくい環境にあります。

 例えば、1時間の会議に出席するために出張をして1日がつぶれたり、半日会議に出席したり、単純作業も強いられたりすることが多くなかなか専門的なスキルが身に付きにくいです。

 また、そのスキルはその企業(会社)でしか使えないことも多く、その会社での昇進などは可能かもしれませんが、社会に出てステップアップが見込めないことが多いです。

 これに対し、特許事務所では、1日中事務所にこもって、特許明細書を書いたり、中間処理をしたりと専門的な仕事をします。

 会議も出張もほとんどなく、単純作業を強いられることもありません。

 このため、専門的な仕事ばかりするので、短期間でスキルを上げやすいです。

 このように、弁理士は、実務が上がり易い職場環境で働けて、スキルアップが見込めて人生で一発逆転を狙いやすいです。

(3)高収入が見込める

 次に、「高収入が見込める」ことも理由の1つです。

 弁理士を取得して、特許実務を身につければ、被雇用者で「700~1500万円」くらいの年収は見込めます。

 弁理士では、売上が上がれば上がるほど年収が高くなります。

 弁理士の主な仕事は、特許明細書を書くことであり、このスキルを身につけることで年収をあげることができます。

 そして、実際に30代半ばでも1000万円を稼ぐ人も多いです。

 30代に弁理士をおすすめな理由のまとめ

以上のように、「弁理士」は「年齢が足かせになりにくく」「スキルアップしやすい環境で働けて」「高収入が見込める」ため30代でジョブチェンジをするにはおすすめです。

 このブログでは弁理士に合格するための複数の記事を用意しています。ご参考になればと思います。

以上

>>この記事を書いている弁理士やまのプロフィール

>>弁理士やまが所長の特許事務所はこちらです。

IPとSEOを組み合わせたこれまでの特許事務所にないサービスを提供しています。

-弁理士, 転職

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.