ブログ

登録者数1万以上のユーチューバーから対談オファーがきたのでこれまであったことを話す

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

僕は、このブログを今年1月くらいから本格的にやり始めてほぼ毎日更新しています。

記事数は300記事以上はあります。

ブログを書くのは大変ですが、ブログを通じてつながりもできたりしてとても嬉しいこともあります。

・クローズドアフィリエイトからの誘い

・独立弁理士からのお声がけ

・特許相談

・本の出版依頼(ただし一部私が費用負担ですが・・・)

・youtube対談依頼

なんと登録者数1万超えのyoutuberから対談の依頼が来ました。

まだ、どのyoutuberから依頼が来たのかということはお伝え出来ませんが、

収録日が10月28日であり、公開日がおそらく11月上旬辺りですのでまた告知させていただきます。

ブログを継続させていくと、それが誰かの目に留まり、仕事の依頼や対談オファーがくることがあります。

そこで今回は「登録者数1万以上のユーチューバーから対談オファーがきたのでこれまであったこと話す」というタイトルにてお話しします。

スポンサーリンク

登録者数1万以上のユーチューバーから対談オファーがきた

ブログを本格的に始めて8カ月目に差し掛かる8月の暑い日に、とあるユーチューバーからyoutubeコラボの依頼のメールが来ました。

ユーチューバーと言っても企業がチャンネルを開設しているところであり、個人ではないためこれをユーチューバーと言っていいのかわかりませんが。

メールの内容を確認すると、是非対談させてほしいとのことでした。

そして、そのユーチューブチャンネルの登録者数を見ると1万人以上が登録されています。

この対談が実現すれば僕の知名度も上がるでしょうし、僕にとってもメリットがあります。

この頃から独立開業を考えており、知名度を上げることは僕にとってとてもメリットのあることです。

そこで僕はそのメールに対して即OKをしました。

ただ、少し不安がありました。

対談といってもどんな話をすればいいのだろうと・・・

僕のブログでは、特許事務所の転職、ブラック特許事務所の暴露話、弁理士はつらいよ的な話を発信しています。

一体どんな話をすればよいのだろう・・・

よくわからなかったのでその後の打合せで確認することにしましたw

後不安なのは顔出しです。今もどうしようかなあと迷っています笑

 収録までの経緯

僕が承諾メールをしてから、来週の収録日までの経緯を簡単にお話しします。

ブログを書いている方も今後youtubeコラボの依頼がくると思うので参考になると思います。

・制作担当者とテレビ対談(1時間程)

・台本作成(制作担当者と何度もやり取り。1ヵ月程)

・契約書の確認

大体こんな感じです。

メールを承諾してから数日後に制作担当者とテレビ対談をしました。

メール内容だけではなぜ僕に依頼が来たのか!?よく把握できないところもあります。

そこでテレビ対談で詳しく打合せをすることになりました。

クローズドアフィリエイトの誘いもそうでしたが、企業から仕事の依頼がくるときは、テレビ電話が主流のようです。

また、その後のやり取りは、chatworkというアプリでやり取りすることが多いです。

今はビジネスツールとしてメールに代わりchatworkを使用している方が多いですね。正直知りませんでした・・・

 制作担当者とのテレビ対談

テレビ対談では、なぜ僕にyoutubeコラボを依頼したのかについての話と、youtubeでの対談の詳細や今後のスケジュールについてお話しさせて頂きました。

今回の依頼の経緯は、僕が資格試験の勉強方法について記事を書いていたことが目に留まり、短期間で資格に合格するための勉強方法について話して頂きたいとのことでした。

僕のブログでは、弁理士試験の短期間で受かるための勉強方法について記事を書いています。

弁理士試験のおすすめの勉強方法を紹介します。この方法で1年弱の勉強量で合格しました。

また、弁理士試験だけでなく、資格に合格するための効率のよい勉強方法についても記事を書いています。

そこで、その記事からいくつかピックアップしてそれをベースに代表者と話をしてほしいとのことでした。

1対1の対談です。

動画では、代表者と効率のよい勉強方法について熱く語らせて頂きます!

公開されましたら、僕の方で告知しますので是非ご覧ください!!

対談内容について一通り話し終えた後は、今後のスケジュールの話です。

制作担当者が台本と契約書を準備して、後日送付するということでした。

台本について僕が確認してその後に修正などを繰り返してその台本をベースに対談するということでした。

対談にギャラって出るの!?
士業男子やま
具体的な金額は言えませんが、諭吉さん数人くらいの報酬はもらえる予定ですよ

 台本作成と契約書の確認

引き続き制作担当者から台本が送られてきました。

確認すると練られていてアドリブってほとんどなくこれで進めるのかなという印象でした。

対談って収録の時に振られたらその時に答える、といったようなイメージをしていました。

台本も予め作成しないといけないのでyoutubeの動画制作は大変だなと思いました。

台本は、僕の勉強記事の内容をベースに練られていました。

特に違和感はないですが、せっかくなので勉強記事の内容にはないようなものを台本に加筆して送りました。

youtubeでは、コラボ対談がよくあります。

ユーチューバーとゲストが対談する動画をよく見ていますが、これってアドリブでやっていると思ってましたw

実はアドリブでなく、対談者と打合せをして、ユーチューバーが予め台本を作成してそれをベースに話をしているものだと今回の依頼をきっかけに気づきました。

一部はアドリブもあるかもですが、ユーチューバーは大変な仕事ですよ。

台本のやりとりとともに動画出演契約書も送られてきました。

今回このような契約書にサインをすることは初めてだったので慎重に確認しました。

今後はもしかしたらこういった契約書を交わすことも出てくると思うので契約については勉強したほうがよさそうです。

 顔出しのメリットとデメリット

台本の確認も契約書の合意も終わったのでいよいよ残すは収録です。

収録では顔出しすべきか迷ってます。メリットとデメリットがありますから。

【メリット】

・顔出しで知名度が高くなりやすい。

・顔出しの方が信頼されやすい

【デメリット】

・誹謗中傷

・アンチが顔を特定すると何をするか分からない

・職場に知られるリスク

youtuberの中には、顔出しする人もいるし、サングラスかけたりマスクかけたりして一部を隠す人もいますし、全てを隠している人もいます。

どれがよいか分かりませんが、顔出ししているインフルエンサー曰く、

実際に顔出しをしても自分が思っているほど誰も見ないということです。

職場の人に見られるんじゃないかという不安もありますが、こういう不安は気にしなくてもいいということです。

顔出しについては今も考え中です。

 最後に

収録まで後1週間くらいですが、全力で収録に臨んできます!!

 

僕は、これから独立開業をする予定ですので、今回のyoutubeコラボが集客などのきっかけになればいいと思っています。

独立開業する予定の特許事務所はこちらです。

もしこの僕に特許の依頼をしてやってもよいと1ミリでも考えている方は是非是非ご連絡いただければと思います!

ご連絡は下記メールかツィッターのDMまで頂ければ幸いです!

yamatenisan@gmail.com

以上 

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-ブログ

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.