弁理士

弁理士の仕事を現役弁理士が徹底解説します

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

最近ベンベレベンベンで話題の弁理士ってどんな仕事をしているのだろう?

弁理士の仕事って激務なのかなあ

弁理士に向いている人ってどんな人なんだろう?

こうした疑問に現役弁理士が答えます!

目次

スポンサーリンク

 弁理士ってどんな仕事をするの!?

そもそも弁理士って何だろう?

どや弁
弁理士は知的財産の専門家です。知的財産には特許、実用新案、意匠、商標、著作権があります。

ここでそれぞれの知的財産権について簡単に説明します。

「特許権」・・・発明を保護するための権利です。

「実用新案権」・・・考案を保護するための権利です。
※考案と発明とは技術の工夫のレベルで違います。レベルが高いものは発明であり、レベルが低いものは考案です。

「意匠権」・・・創作したデザインを保護するための権利です。

「商標権」・・・商標を保護する権利です。商標には、文字、図形、記号、音、立体的形状があります。

「著作権」・・・著作物を保護する権利です。著作物には、美術、音楽、文芸、学術などの作品があります。

どや弁
弁理士の主な仕事はこのような知的財産の権利化をサポートする仕事です。知的財産の権利化のための手続きには専門的な法律の知識が必要であり、クライアントは弁理士に依頼して権利化を目指します。

弁理士になったらこれみんなやるの!?大変だな・・・

弁理士になったら特許事務所に入って知的財産の権利化のための仕事をします。

しかし、あらゆる知的財産の権利化を担当している弁理士はほとんどいません。

弁理士は大きく2つのグループに分かれます。特許弁理士と商標弁理士です。

「特許権」  ⇒特許弁理士が担当。案件数が多い。

「実用新案権」⇒特許弁理士が担当。案件数が少ない。

「意匠権」  ⇒商標弁理士が担当することが多い。案件数が少ない。

「商標権」  ⇒商標弁理士が担当。案件数が多い。

「著作権」  ⇒著作権は作品が出来上がった時点で権利が発生する。このため、権利化の手続きは不要であり弁理士いらず。訴訟は主に弁護士のテリトリー。

特許弁理士は、技術を理解できる弁理士が担当します。このため理系出身者が多いです。

一方、商標弁理士は、文系出身者が多いです。

弁理士でも特許を担当していない人もいたり、商標を担当していない人もいるのか・・・

どや弁
多いですね。特許弁理士は独立開業して初めて商標を担当する方が多いですよ。特許弁理士が独立開業するなら、あとあといろいろとおしえてもらえる商標弁理士と仲良くなっておくのがいいですね。

弁理士は理系の士業といわれたりすることもありますが、文系出身者の弁理士の方も多いです。

また、文系出身者でも大学院で理系の専門分野を専攻して特許弁理士を目指す方もいます。

 特許弁理士の主な仕事は特許明細書の作成と中間処理です

特許弁理士の主な仕事である「特許明細書の作成」と「中間処理」について図解で簡単に説明します。

 まず発明の特許化を目指すために特許明細書を作成します。

 これを特許庁へ提出すると、特許庁審査官は発明が特許性をあるかどうか判断します。

 特許性とは、主にその発明が従来技術を覆すような革新的であるかどうかです。

 特許庁審査官が発明に特許性があると判断した場合には特許権が与えられます。

 一方、発明に特許性がないと判断した場合にはその理由を記載した拒絶理由通知書を送ります。

 拒絶理由通知書にはその発明が特定の従来技術から当たり前につくりだすことができるという理由が記載されています。

 この場合、特許出願人は拒絶理由に対して応答する機会が与えられます。

 そこで、弁理士は、特許出願人に代わり、拒絶理由を分析して適切な応答案を考え、特許庁審査官に応答します。

 これが中間処理に相当します。

 この反論が認められると、特許権が認められますが、認められない場合にはこのやり取りが繰り返されます。

 そして、どうしても認められないと判断されたり、応答する機会がもう与えられない場合には権利化を断念します。

 特許権の権利化業務では、弁理士は特許明細書の作成と中間処理を担当します。

特許事務所で働く特許弁理士の仕事はこの2つといっても過言ではないですね。あとは特許の権利化は日本だけでなく外国も目指すので現地代理人とやり取りしながら権利化をサポートする仕事でしょうか。
それ以外の仕事も詳しく知りたいな

特許弁理士のその他の仕事としては以下のような感じです。

・特許出願前の調査※特許出願したい発明と似たような技術がすでにあるかどうか。

・権利侵害調査  ※自社製品が他社の特許を侵害しているかどうか、あるいは他者製品が自社の特許を侵害しているかどうかの調査

・異議申し立て  ※すでに特許されているものを無効にするための手続き。他社の特許を潰す。

・鑑定      ※特許出願したい発明が特許性があるかどうか見解をもらう。

・発明の発掘・出願戦略支援 ※クライアントがベンチャー企業の場合に多い。

 弁理士の仕事は激務なのか!?

弁理士の仕事って大変そうだなあ
どや弁
最初は大変ですが、慣れると仕事を速くかたづけられるようになるので徐々に楽になっていきますよ。大変なのは特許明細書の作成で最初のうちは1~2週間かかりますがなれると2~3日で書けるようになります。

最初のうちはスキルが身についておらず納期に追われて時間が足りず忙しいです。

弁理士の仕事は特許弁理士、商標弁理士いずれにおいても期限厳守がとても重要なので期限に間に合うように処理しなければならず残業もやむを得ない場合があります。

ただし、新人の場合にはどうしても間に合わない場合は上司や所長が代わりにやってくれる場合もあります。

しかし、このように代わりにやってくれてああ助かった・・・と安心していてはいつまでも成長しません。

また、いつまでも上司や所長が代わりにやっていては評価が上がらず、年収が上がらないどころか最悪試用期間できられることもあります。

弁理士は担当した案件は責任もって自分でやるということを意識した方がよいです。

困ったら誰かがやってくれるという期待をするより、自分で徹夜覚悟でもやりこむのだと意気込んで取り組んだ方が力はどんどんつきます。

この点はシビアな業界なので意識した方がよいです。

ただし、仕事に慣れていくと自分の好きな時間に自分の好きなようなやり方で仕事を処理できるのでとても快適に仕事をすることができます。

やまの一日の仕事のスケジュールを知りたいな。
士業男子やま
僕の一日のスケジュールはこんな感じです。

9:30~      出勤。メールチェックして返す必要があるものは早めに返す。

10:00~13:00 特許明細書の作成(クレーム案の作成)

13:00~14:00 昼休憩(わざとずらす。12時くらいだと混むため)

14:00~18:30 特許明細書の作成(明細書の一部の作成)

18:30~      メールチェックと事務的続きのチェックをすませて退所

毎日こんな感じです。大体は特許明細書か中間処理を書いてその日の仕事が終わります。

他の業務もやりますが圧倒的に出願業務が多いです。

ほとんど1日中、事務所のデスクに籠って作業作業です。

1日誰ともしゃべらないときもあり、完全に個人プレーです。

縦の関係もなく、上司も部下もいません。これはよいのか悪いのかわかりませんがw

士業男子やま
慣れるとこんな感じで定時に帰ってブログ書けますよw

 弁理士に向いている人ってどんな人!?

弁理士に向いている人ってどんな人だろう

弁理士に向いている人は、新しい技術を知るのが好きで、メーカがさらに技術革新していくために縁の下からサポートしたいというような方です。

というのは建前でして、確かにこれもあてはまるかもですが、以下のような方も向いています。

・サラリーマンの働き方に疲れた方
※年功序列、縦の関係、人間関係、飲み会、出張会議の多さ等

・若いうちからお金を稼ぎたい方
※20代後半~30代で年収1000万円を稼ぐことも可能です。

・特にお金を稼ぎたいわけでないが自由な働き方をしたい方
※パソコン1つでできるので、在宅、外注で食べていくことも可能です。

・内向的で文章を書くのが好きな方
※ブロガーさんは意外と向いているかも

・将来的に独立開業したい方
※ノーリスクハイリターンです

企業で働くのは結構大変です。

年功序列制で若いうちに頑張っても給料は上がりませんし、縦の関係で上司の機嫌に気を使ったり、昼時間も仕事終わりのプライベートな時間も拘束されたりしますし、職場の同僚の人間関係に悩んだり、出張会議が多くてスキルも何も身につかないこともあります。

そして朝は満員電車。夜も満員電車。これではどんだけ頑張って頑張っても本当に人生が消耗してしまいます。

特許事務所では成果主義であり、若いうちでもスキルがあれば年収アップできますし、縦の関係がなく人間関係がほんとうに楽です。飲み会などもほとんどなくプライベートも拘束されません。出張会議もなく専門的なスキルに集中できます。

また、特許事務所によっては、リモートワークOKだったり、フレックス制度が充実しているのであの満員電車に乗らなくて済みます。

もし、今のサラリーマン人生に疲れた弁理士を目指すのもいいと思います。

弁理士は年齢制限もなく、30代から再スタートでも十分に間に合います。

資格をとって快適な人生に変えてみませんか。

このブログでは弁理士試験の勉強方法について紹介していますのでよければご覧ください。

弁理士試験のおすすめの勉強方法を紹介します。この方法で1年弱の勉強量で合格しました。

特許事務所には弁理士の資格をもたないと入れないの?
どや弁
資格をもたなくても弁理士のサポートとして入ることはできますよ。特許技術者といわれる仕事ですが、特許技術者として特許事務所に働きそこから資格を取って弁理士になる方も多いです。

特許事務所への転職についても記事を書いていますのでこちらもご覧ください。

特許事務所への転職のやり方|失敗しない適切な方法

もし何かわからないことがあったり相談などあればお問い合わせメールまでお願いします。

ツィッターDMでもお答えします。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-弁理士
-,

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.