未分類

現役弁理士が士業交流会に行ってきた話|士業交流会に行った方がよい理由

投稿日:

僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 先日、共同で独立をしようかと考えている友人と2人で「士業交流会」に行ってきました。

 詳しくはこちらの集いです。

 士業交流会は、様々な士業の方々が集まって飲み物を飲みながら談笑したり情報交換したりビジネスパートナーを見つけたりする会です。

 僕ら2人は、今後独立するにあたり、異職種の士業と交流を深めてクライアントの集客に結び付ければいいなと考えて参加することにしました。

 そこで、今回は自分の備忘録も含めて、「現役弁理士が士業交流会に行ってきた話|士業交流会に行った方がよい理由」というタイトルにてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

現役弁理士が士業交流会に行ってきた話

f:id:mayaaaaasama:20190803214443j:plain

 「士業交流会」に行ってきました。

 弁理士は僕らだけは後は他の士業の方々で全員で40名ほどでした。

 弁理士は僕らだけということもあり結構重宝がられましたw

 士業というと結構堅そうで年齢高めの方が多いんだろうなと思っていましたが、20~30代がほとんどで意外でしたw

 士業としては、税理士、行政書士、司法書士の方々が多い印象でした。

 会費は3000円でしたがそれ以上の価値がありました。

 行ってよかったと思える理由は以下のとおりです。

 ・ほとんどの士業は知り合いの弁理士がいない

 ・異職種の仕事内容の生の情報を聞ける

 ・20代で起業している士業も多く刺激になる

 以下順番に説明します。

 ほとんどの士業は知り合いの弁理士がいない

 まず今回の士業交流会に参加したところ、ほとんどの士業の方々は、知り合いに弁理士がいないようでした。

 これは意外であったとともに、ビジネスチャンスありそうだなあと思いました。

 というのも、弁理士紹介してほしいというクライアントがいたら、初めて知り合って仲良くなった弁理士を紹介するのがほとんどでしょう。

 そして、今回参加した士業交流会は20~30代の若手がほとんどです。

 40代以上ならすでに知り合いの弁理士がいるでしょうが、若手の方々にとって弁理士との付き合いはまだなさそうな印象です。

 そうすると、まずはこういう場に積極的に出て行って仲良くなれば、クライアントを紹介してもらえる可能性がぐんと高まります。

 今回行ってよかったなあと思えるのは、20~30代の方々が多かったことも理由の1つです。

 というのもこっちのほうがよりフランクに話せるからです。

 例えば、50代ばっかりの士業の方々だと経験豊富な話は聞けるかもしれませんがなかなかうまくなじめることができないと思います。

 また、前回弁理士独立系の集いに参加したところ、税理士、社労士、司法書士あたりと仲良くなった方がよいらしいですが、今回の士業交流会では税理士、司法書士の方々が多かったので

 定期的にまた勉強会などでお会いして仲良くなっていけばクライアント集客も現実的にいけそうな感じはしそうです。

 異職種の仕事内容の生の情報を聞ける

 また、移職種の仕事内容の生の情報を聞けたのもよかったです。

特に労務関係の仕事をされている弁護士の方がいて労務関係の相談を受ける話は興味深かったです。

労務関係の相談する企業って、問題ばかり起こしてそうなブラック企業かなあと思っていたのですが、そうではないみたいです。

むしろ労務関係の法律に縛られ過ぎて困っているホワイト企業が多いとのことです。

例えば、仕事を怠慢でさぼりすぎている従業員をやめさせたいのだがどうすればいいのか、とか。

そもそもブラックは法律に縛られることなく自由奔放っぽいので相談したりしにこないそうですw

こういう話自体面白かったのですが、労務関係の専門をしている弁護士や社労士と仲良くなっておくとホワイト企業を紹介されやすいなあとも思ったりしました。

もちろん、youtubeなどで士業の仕事などを知ることはできますが、実際に合って生の情報をしるのはとても有益なことだと思いました。

 20代で起業している士業も多く刺激になる

 今回参加して驚いたことは20代で起業している士業の方が多かったことです。

 これは、弁理士の場合に20代で起業するケースが皆無であることもあるのですが・・・

 実際に今回この交流会を立ち上げた税理士の坂根さんはまだ27歳で起業したそうです。

 坂根さんは士業交流会を立ち上げるとともに勉強会も主宰しているのでもし興味があれば積極的にツィッターでフォローしてみるのがよいと思います。

 また、他の若手税理士さんは税理士事務所以外に、アプリ開発の企業など2社も立ち上げているようでした。

 今はツィッターなどを見ていると、20代で起業している方が増えているようですが、士業でも結構みなさん20代のうちから起業しているようです。

 正直言って、弁理士は起業して失敗してもそれほどリスクはないのでなんでみんな独立しないんだろうと思いました。

 かくいう僕もまだ独立開業していないですが、もう待ってられないですねw

 来年1月には独立開業を立ち上げます!

 実際に公式ウェブサイトは公開していますw

最後に|独立宣言

 今回の「士業交流会の集い」に参加して決意しました。

 更に士業の方々(特に20~30代くらいの弁理士と知り合いのいないような方)と仲良くなり、クライアント集客につなげていこうと思います!

 というわけで、これをご覧になっている方でこの僕に特許の依頼をしてやってもよいと考えている方は是非是非ご連絡いただければと思います!

 ご連絡は下記メールかツィッターのDMまで頂ければ幸いです!

 yamatenisan@gmail.com

 以上 

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-未分類

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.