未分類

特許事務所への転職に特化した転職エージェントを徹底比較します|選び方のコツ

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

特許業界へ転職するのでエージェントを使いたいけどいいエージェント教えて欲しいな

こうした悩みを解決します。

ちなみに僕は、これまでにいくつもの特許業界に働いた経験があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所

・中小特許事務所

・大手法律事務所

・大手企業知財部

・2020年からは独立開業予定

今回の記事を読めば、特許事務所へ転職するにあたり利用した方がよいエージェントがわかります。

 目次です

スポンサーリンク

特許事務所への転職なら特許事務所に詳しいエージェントを登録しましょう

 まず、特許事務所へ転職するにあたり、エージェントは特許事務所に詳しいエージェントを登録しましょう。

 というのはそれ以外のエージェントを使っても、エージェントを使う目的に合っていないからです。

 エージェントを使う目的は何でしょうか?

 それは転職に失敗しないことにあると思います。

 つまり入所してからミスマッチングを防ぐことにあります。

 このためには予め特許事務所の内情を知っておく必要があります。

 しかし、大手転職エージェントは残念ながら特許事務所に精通していないところが多いのが実情です。

 そうすると、ミスマッチングを防ぐためには特許事務所に特化したエージェントを使うほかないのです。

 特許事務所に詳しいエージェントは3つあります

 特許事務所に詳しいエージェントは以下の3つです。

・Patentjob Agent

・MS-Japan

・リーガルジョブボード

 「じゃあとりあえず全部登録しておこうかな」と思う方もいるかもしれません。

 それでもいいと思いますが、ぶっちゃけおすすめしません。

 僕も最初は全部登録していたのですが、それぞれのエージェントとヒアリングをしたり面倒なことが多く、時間を結構消耗します。

 また、ぶっちゃけ求人案件が重複することが多く、複数登録することのメリットもあまりないかなと思います。

 このため、この中からどれか1つを選んで、そのエージェントと綿密な関係を築き、慎重に特許事務所を選んでいくのがよいと思います。

 そこで、重要なのは「サポートの質」です。

 これだけは外せないというサポートの質を以下に挙げておきます。

 ・特許事務所の内情に詳しいこと

 ・年収交渉

 ・面接サポート

 ・優良案件の紹介

 これらを以下の3つのエージェントに当てはめてみます。

特許事務所の内情に詳しいか 年収交渉 面接サポート 優良案件の紹介
Patent Job Agent
MS-Japan
リーガルジョブボード

 (特許事務所の内情について)

 特許事務所の内情を知ることはとても重要です。

 特許事務所への転職は簡単ですが、定着が難しいです。

 定着するためには慎重に特許事務所を選び、ミスマッチングをなくすことです。

 ミスマッチングをなくすためには、予め特許事務所の内情を知り尽くしておくことが重要です。

 内情とは、評価システム、クライアントの案件、指導の質、所長の人柄、事務所の雰囲気などです。

 Patent Agent Jobも悪くないですが、リーガルジョブボードであれば、求人に書けないリアルな情報まで取材しておりおすすめです。

 リーガルジョブボードのHPには以下のように記載されています。

 当社の非公開求人は、依頼を受けた際にまずはエージェントが企業に足を運び、募集の背景や代表の考え、リアルな給与体系や実際の残業時間など、表の求人情報には書けないようなか情報まで、詳しく取材しています。(引用元:https://legal-job-board.com/system) 

 実際に僕もリーガルジョブボードのエージェントとヒアリングをしたことがありますが、「え?ここまで知っているの?」というぐらい特許事務所の内情に精通しておりとても参考になりました。

 転職エージェントを利用するのは、転職に失敗したくないからであると思います。 

 失敗しないためには、これから行こうとする特許事務所の内情を予め知っておくことはとても重要です。

 しかし、面接の場でそのようなことは知ることができません。

 このため、エージェントの選び方として、特許事務所の内情を知り尽くしていることはポイントとしてとても高いです。

(面接サポート)

 面接サポートも選び方のポイントの1つです。

 ここで、面接のアドバイスを受けられることはどのエージェントにもあります。

 そのため、いずれのエージェントも「〇」以上の評価としましたが、このうち、リーガルジョブボードの評価を「◎」としたの理由があります。

 それは、エージェントが面接に同伴してくれるシステムがあるからです。

 偏見かもしれないですが、特許事務所へ転職する方は面接が苦手な方が多いと思います。

 内向的な性格なので特許事務所で一人コツコツ作業していきたいという方も多いと思います。

 このような方にとって、自分を面接の場で表現することが苦手なことが多いと思います。

 これに対して、エージェントが面接の場に同伴して代弁してくれるのでとても心強いです。

 このため、内定率もぐんと高まります。

(優良案件の紹介)

 さらに、Patent Job Agentとともにリーガルジョブボードも優良案件を抱えていることが多いです。

 求人サイトに掲載されたところからはなかなか優良特許事務所を見つけることができません。

 というのも優良特許事務所は応募者が殺到すると困りますので、エージェントに頼んで事務所に合った人を紹介してもらうのです。

 このため、エージェントを利用すれば優良特許事務所を紹介してもらえるチャンスはぐんと上がります。

 (トータルでの評価)

 以上をトータルで評価すると、リーガルジョブボード1択かなと思います。

 リーガルジョブボードは、さらに内定が決まると数万円のお祝い金までもらえます。

 このシステムは他のエージェントにはないと思います。

 そこで、特許事務所への転職にあたり、エージェントを利用するのであれば「リーガルジョブボード」を選ぶのをおすすめします。

「リーガルジョブボード」の利用方法はとても簡単です。

 まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、エージェントに希望条件を伝えて求人案件を紹介してもらいましょう。

 

 このブログからリーガルジョブボードへの無料登録を済ませると、特許事務所経験豊富な私が履歴書と経歴書を添削する特典もあります!
 未経験の方にとっては自分の強みが分からない方も多いと思います。そのような方のために添削させて頂きます!
 もちろん、転職エージェントによる添削サービスもありますが、実際に特許事務所を転々とした者からの添削も有益と思います。
 ぜひ利用していただければと思います。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-未分類

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.