未分類 特許 特許-特許事務所

知財の仕事ができるおすすめの転職先|知財関係の転職

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

知財の仕事をしたいけれどどこに転職するのがおすすめなの!?

特許事務所、企業知財部に知財の仕事ができるところを教えて欲しいな

こうした悩みを解決します。

ちなみに僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)で働いた経歴があり、特許業界に詳しいです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

今回の記事を読めば、以下のことがわかります。

知財の仕事ができるおすすめの転職先がわかる

失敗しない転職のやり方がわかる

 目次です

スポンサーリンク

知財の仕事ができるおすすめの転職先

知財の仕事ができる職場としては、以下のような感じです。

・特許事務所※主に特許明細書の作成といった特許実務を身につけることができる

・企業知財部※リエゾンとして特許事務所と発明者との橋渡し。大手とベンチャーでは仕事内容が異なる傾向。

・翻訳会社 ※特許明細書の翻訳などを行う。

・調査会社 ※先行技術調査などを行う

これらの中でも本格的に専門性の高い仕事をしたいのであれば特許事務所をおすすめします。

ただし、特許事務所で働くことのデメリットは、経営スキルが身につきにくいことです。

特許実務の能力はつきますが、それだけでは経営スキルは身につきません。

特許明細書が書けるといっても知財のスペシャリストになるためには、出願業務だけでなく、係争業務、他社特許分析といったスキルも必要ですし、また今後は知財情報を経営に活かすためのスキルも必要となっていきます。

そこでおすすめなのが、特許事務所で基本的なところを身につけて、ベンチャー企業へ転職することです。

実際に、僕は大手事務所に勤めていますが、ベンチャー企業へ転職している方が多いです。

大手企業の知財部は分業化されている傾向にあり、スキルを伸ばしにくいです。

例えば、リエゾン、交渉、調査、戦略部隊といった様々な部門に分かれており、その部門に配属されます。

また、大手企業の場合には、知財部門を縮小化するところもあり、別部門への異動を促すところもあると聞きます。

更には、大手企業は転職がそもそも無理ゲー感が強いです。

大手企業は人手不足であっても他部門から補充することもできます。

また、大手企業で転職に成功した人のほとんどは別の企業の知財部出身です。

もし、それでも大手企業に行きたいというならば特許事務所で経験を積むか、あるいは大手特許事務所で大手企業に出向すればよいでしょう。

翻訳会社は、外資系の企業が多く、もし英語が得意であれば年収も高いのでおすすめです。

ただし、翻訳会社の場合には知財のスペシャリストを目指すという方向ではないのでその点は留意した方がよいです。

調査会社は、年収が低めの傾向もありますし、あまりおすすめしません。

以上をまとめると以下のようになります。

知財のスペシャリストを目指すなら、まずは特許事務所へ転職することがおすすめ

更に経営のセンスなどを磨きたいのであればベンチャー企業の知財部へ転職することがおすすめ

英語が得意で、高い年収を稼ぎたいなら外資系翻訳会社がおすすめ

 特許事務所の中でもおすすめの転職先は?

特許事務所でスキルアップを図りたいのであれば、まずは特許明細書が書けることが重要です。

特許明細書が書けることは知財のスペシャリストになるための最も基本的なところです。

特許明細書が書けるようになると、そこから、係争案件、鑑定、知財戦略といった分野にも上手く対応できます。

「僕は知財コンサルタントの仕事をしたいから特許明細書が書けなくてもいいや」と考えている方、特許明細書の書き方が分かってないとコンサルタントもつとまりませんよ。

これは、最初に務めた特許事務所の所長も良く言っていました。

特許明細書が書けることは、知財の全ての分野に対応できるための基本的なスキルなのです。

このため、まずは特許明細書が書けるようになることをおすすめします。

ただし、特許明細書が書けるようになるには独学では不十分です。

逆に独学でなんとかなるのであれば、正直弁理士の仕事は無価値です。

専門性の高い仕事とは言えません。

「じゃあどうすればいいの!?」と思うかもしれません。

それは経験豊富な熟練者の書き方を真似ることです。

この一言に尽きます。

そこで、最初の特許事務所としては、良質な指導をしてくれる事務所に入ることを強くおすすめします。

ここで、「良質な指導をしてくれる事務所ってどんなところ?どうやって探すの?」と思うかもしれません。

このブログでは特許事務所への転職のやり方の記事を書いていますのでこちらがご参考になると思います。

失敗しない特許事務所の転職のやり方の記事はコチラ

もちろん、僕に相談して頂いても構いません。

知っている範囲でお答えします。

以上

>>おすすめの記事

転職エージェントを利用するメリット・デメリットに関する記事はコチラ

リーガルジョブボードの口コミに関する記事はコチラ

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-未分類, 特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.