特許 特許-特許事務所

特許事務所で英語を活かすなら知っておくべきこと

更新日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに知財業界で以下のところに働いていきました。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(発明の発掘等の出願業務と他者特許の分析)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当)

 このため、色んな特許事務所を経験したり、企業知財部にも渡り歩いてきたので知財業界には結構詳しいです。

 今回は、「特許事務所で英語を活かすなら知っておくべきこと」というタイトルにてお話ししたいと思います。

今回の記事は以下のような方にご参考になればと思います。

特許事務所で英語を活かせる仕事ってどんなものがあるのだろう?
英語が好きだけど特許事務所で英語を使う仕事をやっていけるだろうか。後は仕事ができるコツなんかも聞きたいな。

[:contents]

特許事務所で英語を活かすなら知っておくべきこと

「特許事務所で英語を活かすなら知っておいた方がいいこと」は以下のとおりです。

・まずは英文明細書の和訳又は和文明細書の英訳から始める事務所がある

 ・特許事務所で使う英語の表現は独特である

 ・パターンを覚えていれば英語の表現は使いやすい

 ・きちんとした和文が書ければGoogle翻訳は使いやすい

 ・TOEIC試験は不要。但し海外で活躍したければTOEFL試験は必要

以下、順番に説明していきます。

 ・まずは英文明細書の和訳又は和文明細書の英訳から始める事務所がある

特許事務所に入ってまず最初にやる仕事のパターンは主に以下の3つです。

・国内特許明細書の作成

・国内中間処理

・明細書の和訳又は英訳

 

たいていの特許事務所は、国内特許明細書か国内中間処理からスタートですが、明細書の和訳又は英訳から始めるところもあります。あるいは、国内特許明細書と国内中間処理を並行しながら、明細書の和訳又は英訳を行うところもあります。

 

明細書の和訳又は英訳からはじめるところは、外国出願が多いところであり、大手特許事務所が多いですが、中小特許事務所でもあります。

 

「英語が得意なので特許事務所で英語が使える実務を始めたい」と思っている方は、明細書の和訳又は英訳からはじめられる事務所に行くのがよいと思います。

 

明細書の和訳、英訳は大変ですが、この翻訳作業を通じて特許明細書の書き方もわかってくるようになります。そうすると、翻訳ができて特許明細書も書ければ鬼に金棒のようなものであり、短期間でステップアップがしやすいです。

 ・特許事務所で使う英語の表現は独特である

特許事務所で使う英語の表現は独特です。英語が強い人であっても最初はとまどうかもしれません。

 

例えば、「この書面を提出しなかった場合」と訳す場合には、"If you don't submit this document, …”というよりも”If you fail to submit this document, …”という表現を使います。特許翻訳では"don't"といった否定的な表現の明示は避け、"failure to"といったくどい表現を使います。

 

このような独特な表現が特許翻訳には結構あります。このため、大学などで英語を学んできて英語が得意という人も一から勉強するつもりで臨んだ方がよいです。

 

「勉強のために未知の英語表現をもっと学んでいきたい!」という方にとっては向いていると思います。

 ・パターンを覚えていれば英語の表現は使いやすい

特許翻訳では独特な英文表現を使いますが、これらの表現を覚えておくと使いまわしができます。特許翻訳では和文の表現もパターンが決まっており、それに対して対応する英文表現を覚えていけば、すんなりと英訳できます。

 

このため、最初は英文パターンを覚えるのが大変ですが、慣れるととても簡単に思えてきます。

 

「英文パターンって具体的にどんなものがあるの!?」という方は、「弁理士が基礎から教える 特許翻訳のテクニック第2版 奥田百子(著)」あたりを参考にすればよいです。

 ・きちんとした和文が書ければGoogle翻訳は使いやすい

特許翻訳では英訳ができるよりも、きちんとした和文が書ける方が重要です。すなわち、論理的な文章を書けることです。

 

常日頃から和文で主語を省略しないとか、英文に訳しやすいような和文を書けるようにすることが特許翻訳ができるようになるために重要です。

 

そして、英文に訳しやすいような和文が書ければ、Google翻訳を使ってすぐに翻訳できます。Google翻訳の精度は完璧といえないですが、そこらか少しテコ入れをすれば普通に英文として出来上がります。

 

英文が書けることも大事ですが、特許翻訳では英訳しやすい論理的な文章(和文)を書くことも重要です。

 ・TOEIC試験は不要。但し海外で活躍したければTOEFL試験は必要

「特許事務所で英語の仕事をもらうためにTOEICで高スコアは必要なの?」という質問を受けることがあります。

 

もし、特許事務所へジョブチェンジを図るなら、転職のためにTOEIC試験を受ける必要はありません。なぜなら、TOEIC試験の内容と実務は全く異なるものであり、試験で高スコアを取得してもあまり意味をなさないからです。

 

TOEIC試験の勉強を受けるくらいなら、その時間を転職活動に当てて特許事務所に潜り込み実務を積んでいった方が得策です。

 

ただし、大手の海外オフィスに駐在したり、海外研修を受けたいというのであればTOEFL試験で一定のスコアをとることがマストのところが多いです。これは入所してからでも試験勉強すれば良い話ですのでまずは事務所に入りましょう。

特許事務所への転職のやり方

英語を活かしたいならその希望条件に合致した特許事務所を選ぶ必要があります。ただし、ネットでの特許事務所の情報量は少ないですし、変な事務所も多いです。

そこで、特許事務所へ勤めている知人に相談するか、転職エージェントに相談するのが良いと思います。あるいは僕に直接聞いても問題ありません。

そこで転職して失敗しないためには<strong>「特許事務所の選び方」が重要</strong>です。

このブログでは、失敗しないための特許事務所への転職活動のやり方の記事を書いていますのでこちらが参考になると思います。

是非ご覧ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

 以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.