特許 特許-特許事務所

【悲報】特許事務所では所長や上司との相性がよくないと一瞬で詰みます

更新日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに知財業界で以下のところに働いていきました。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(発明の発掘等の出願業務と他者特許の分析)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当)

 このため、色んな特許事務所を経験したり、企業知財部にも渡り歩いてきたので知財業界には結構詳しいです。

 今回は、「【悲報】特許事務所では所長や上司との相性がよくないと一瞬で積みます」というタイトルにてお話ししたいと思います。

今回の記事は以下のような方にご参考になればと思います。

特許事務所にジョブチェンジしようと思うけど、上司からの指導は厳しいのかな?
上司が優しくてきちんと指導をしてくれるようなところに行きたいな。

[:contents]

 特許事務所では指導タイプは3つある

未経験者が特許事務所へジョブチェンジするにあたり、良質な指導はとても重要です。これがあるかないかで今後の人生がかかってきます。

特許事務所では指導タイプは主に3パターンあります。それは以下のとおりです。

・所長自ら指導

・ベテラン所員が指導

・マニュアル指導

最後のマニュアル指導というのは事務所の方針に沿ったマニュアルのようなものを配られてそれを見てやってくださいというものです。「え!?クライアントがわざわざ頼むくらい専門性が高い仕事を、未経験者がマニュアル見てできるの?」と思うでしょう。できるはずがないんですよね。普通に考えるとありえないですが、こういう滅茶苦茶な指導を放棄している事務所もあるんです。このような事務所は地雷ですのでやめましょう。

所長が自ら指導するパターンは中小特許事務所に多いです。たいてい中小の規模でやっていけているのは所長が幅広いクライアントから信頼されていることの裏付けであり、そのような所長に指導をしてもらうと伸びやすいです。この場合、指導を受けるにあたって素直に真似ていくことが重要です。

一方ベテラン所員が指導するケースもあります。この場合には中小に加えて大手事務所にも多いです。この場合には、上司の当たりハズレも大きく、面接に現れてこないこともあり、いい上司に巡り合えるかどうかは運の要素がとても大きいです。

 特許事務所では所長や上司との相性がよくないと詰む理由

以上の通り、特許事務所では、未経験者は所長や上司のもとで実務の指導を受けます。ここで、所長や上司との相性がよくないと詰んでしまいます。ここで、

「特許事務所に限らず企業においても上司との相性がよくないとやりづらいのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、やっていけるかどうかの程度が特許事務所と企業では全然違うのです。僕は企業財部にいたこともあるのでだいたいわかります。

なんで詰むぐらいのレベルになるのか。その理由は以下のとおりです。

・特許事務所は成果主義。実務ができるのが全て。

・特許事務所では所長・上司の権限が強すぎる所が多い。

まず特許事務所は成果主義であり、実務ができるかどうかが全てのようなところがあります。そして、その実務ができるようになるには所長・上司との相性がカギを握ります。相性の悪い所長・上司のもとでどれほど経験を積んでも実務能力は上がりにくく、時間と体力を消耗して終わります。

また、特許事務所は「大手」といっても企業でいう「中小」規模のクラスであり、中小特許事務所は「零細」規模のクラスです。そのような規模になると、所長・上司の権限が強すぎます。その所長・上司との相性が悪いと、無茶難題を言ってくるところもあり、事務所にいられなくなって詰んでしまうこともあります。

一つ身近な例をお話しします。これは知人から聞いた話です。

未経験の弁理士・特許技術者は、その事務所Aに入ると、ベテランの特許技術者のもとで指導を受けるそうです。そのベテランは、未経験者であるにかかわらず、1週間に10件分のクレームを書くように指示するそうです。当然できるはずがありません。そしてできなかったら所長にあいつはだめだと告げ口をして居心地を悪くさせやめさせていくそうです。

「何のために雇ったの?」とか「わけわからん」と思うでしょ?しかし、そういうわけのわからないことをやっているところもあるのです。

 上司をチェンジできる特許事務所もあります

一方、こういう上司との相性が悪くてやめていく人が増えていることを見据えてか、上司をチェンジできる大手の中には特許事務所もあるようです。こういう事務所であれば積むという事態は回避できます。僕もいくつか知っていますが、あくまでも聞いた話であり、実際に経験をしたわけではないのでここで特定しませんが、もし興味があれば直接メールで聞いてもらっても結構です。

ただ、僕に聞かなくても面接の場で、上司をチェンジできるのか聞いておけばよいと思います。特許事務所側もそれを聞いてわるい印象は持たないと思います。

 転職の時点で所長や上司の人柄を見極めるのはとても大事です

相性のよくない所長や上司とのマッチングを回避するためには転職の時点で所長や上司の人柄を知っておくことが重要です。面接の場で会ったときに見極めるのも重要ですが、もっと早い時点でもいいと思います。

そこで転職して失敗しないためには<strong>「特許事務所の選び方」が重要</strong>です。

このブログでは、失敗しないための特許事務所への転職活動のやり方の記事を書いていますのでこちらが参考になると思います。

是非ご覧ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

 以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事はコチラ

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

特許事務所への転職のおすすめ記事

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.