特許

企業知財部から特許事務所へ転職するメリットとデメリット

更新日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに知財業界で以下のところに働いていきました。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(発明の発掘等の出願業務と他者特許の分析)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当)

 このため、色んな特許事務所を経験したり、企業知財部にも渡り歩いてきたので知財業界には結構詳しいです。

 そこで今回は「企業知財部から特許事務所へ転職するメリットとデメリット」というタイトルにてお話ししたいと思います。

今回の記事はこういう方におすすめです。

「企業知財部から特許事務所への転職に興味があるけれど、特許事務所ってブラックな感じがするし、やめといた方がいいのだろうか!?経験者の本音を聞きたいな。」

スポンサーリンク

企業知財部から特許事務所へ転職するデメリット

f:id:mayaaaaasama:20190905080349j:plain

ではまず、企業知財部から特許事務所へ転職する場合のデメリットをお話しします。それは以下のとおりです。

・ノルマが課せられる。

・実際に特許明細書を自分で書かなければならない

・大手特許事務所といえども規模は中小企業並み

・転職時の年収が前職より下がる可能性が高い

・ブラック特許事務所に勤めると人生が詰む

以下順番に説明します。

まず、企業知財部の場合には手持ちの案件を期限までに処理することに追われることはありますが、ノルマは課せられないと思います。もし、手持ちの案件を処理することが難しい場合には、同僚に頼んで引き継いでもらったりして何とかカバーできると思います。これに対して、特許事務所の場合には1人あたり何件を月に処理すること、あるいは月に〇〇万円までの売上を達成すること、といったノルマが課せられていることが多いです。また、納期までに手持ちの案件が仕上がりにくくても自分一人で何とかしないといけない場合があります。この点シビアな環境です。

次に、実際に特許明細書を自分で書かなければいけません。ただし、これをやりたいから事務所へ転職したいという方にはデメリットとはいえないかもしれません。おそらく、企業知財部の人は特許明細書を書くことは面倒だとか大変だという印象をもたれている人も多いと思います。それをじぶん一人で書かなければいけないためそれなりの覚悟が要ります。

次に、大手特許事務所といえども規模は中小企業並みであるということに留意した方がよいです。大手特許事務所といえども人数は500人ほどであり、大手企業と比べると圧倒的に少ないです。このため、「大手」とはいえ福利厚生などの待遇を大手並みに期待すると期待外れに終わってしまいます。

次に、転職時の年収が前職より下がるおそれがあります。企業知財部で専門的なスキルを身に着けたとはいえ、企業知財部の実務と特許事務所の実務は根本的に異なります。このため、特許事務所側では未経験としての採用として、前職よりも低い年収を提示することもあります。そして、特許事務所は上述のとおり成果主義であることが多く、売り上げを稼げないといつまでも年収を上げることができません。この点も留意した方がよいです。

最後に、ブラック特許事務所へ行くと詰みます。ブラック特許事務所とは、「指導なし」「低収入」「裁量権なし」の3拍子揃った事務所です。詳しくは過去記事でも紹介していますが、このような事務所に勤めると何らスキルが身につかず、時間と体力を消耗するだけです。絶対に行くべきではありません。

企業知財部から特許事務所へ転職するメリット

f:id:mayaaaaasama:20190904164520j:plain

では逆に企業知財部から特許事務所へ転職したらどのようなメリットがあるのでしょうか。想定されるメリットとしては以下のとおりです。

・成果主義をとるところが多い。若手でも高収入。

・働き方が自由。フレックス制と在宅制度を採用しているところが多い。

・縦の関係も横の関係も希薄であり、内向的な人に向いている。

・特許業務だけでなく、調査、鑑定、訴訟案件も担当できる。

・独立開業への道も開ける。

以下順番に説明します。

まず、特許事務所では成果主義をとることが多いです。これは実力主義であり、シビアな環境ですが、実力で評価されうるという点でフェアなシステムともいえます。よく、仕事をしない中年が自分よりも年功序列制で給料をもらっているのはおかしいと不満を抱くこともあるかと思います。そういう人にとっては満足できるシステムかと思います。このため、若手でもスキルを身に着けて仕事をバンバンすれば1000万円以上を稼ぐことも可能です。

次に、働き方が自由です。フレックス制度と在宅制度を採用しているところが多いです。このため、満員電車に乗るのが嫌だからあえて出社時刻を遅らせたり、在宅勤務を増やしたりすることもできます。また、企業知財部と異なり、打合せや会議もほとんどなく、同僚のスケジュールに時間が制約されることもありません。自分の好きな時間に専門性の高い仕事をすることができます。

次に、特許事務所では横の関係も縦の関係も希薄です。これは人によってはデメリットかもしれませんが、内向的で職場では仕事だけに専念したいという方にとってはメリットかなと思います。事務所内での飲み会といった交流会もほとんどありません。また同僚から話しかけられることも特にありません。仕事に集中して取り組める環境です。

次に、特許業務だけでなく、希望を言えば調査、鑑定、訴訟案件といった幅広い業務を担当できるところが多いです。大手企業の知財部では分業化される傾向にあり、リエゾンなど訴訟案件などをなかなか経験させてもらえないことも多いと思います。これに対して、特許事務所の場合には幅広い業務を担当できます。

最後に、特許事務所で経験を積んで弁理士の資格を取得すれば、独立開業への道を開けることができます。弁理士の場合、初期費用は低く、失敗しても出戻りすればよいので独立のリスクは低いです。その一方で集客が上手く行けば年商数千万円を稼げることができ、ローリスクハイリターンといえます。このような特権は弁理士以外になかなかないと思います。

特許事務所の失敗しない転職のやり方

f:id:mayaaaaasama:20190827130709j:plain

また、このブログでは、特許事務所の失敗しない転職のやり方について記事を書いていますのでもしよければ参考ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.