特許

知財のスペシャリストを目指すなら「転職」を繰り返すことが重要です|理由とやり方

更新日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに知財業界で以下のところに働いていきました。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(発明の発掘等の出願業務と他者特許の分析)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当)

 このため、色んな特許事務所を経験したり、企業知財部にも渡り歩いてきたので知財業界には結構詳しいです。

 そこで今回は「知財のスペシャリストを目指すなら『転職』を繰り返すことが重要です|理由とやり方」というタイトルにてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

知財のスペシャリストを目指すなら「転職」を繰り返すことが重要です

f:id:mayaaaaasama:20190911222500j:plain

知財のスペシャリストを目指すなら「転職」を繰り返すことをおすすめします。特許事務所の場合には、企業への出向や海外オフィスへの駐在制度があるので「転職」でなくても職場を変えるのもよいと思います。

知財といっても、そのスキルは様々です。例えば、特許がとれる特許明細書が書けるといった特許実務スキル、知財訴訟に長けたスキル、知財情報から経営戦略を提案できるスキルなど様々です。これらのスキルを幅広く手に入れることができれば、知財のスペシャリストとしてどのような企業・事務所でも通用し、高収入を見込めることができます。

ただし、これらを幅広く身に着けるためには、1つの企業・事務所にい続けるのみでは難しい場合があります。例えば、大手企業の知財部のほとんどは業務がリエゾングループ、調査グループ、訴訟グループ、戦略グループなどに分業化されており、分業化された業務の中でしかスキルを身に着けることができません。また、企業知財部の場合には、最悪知財部と違う部門に異動してしまう虞もあったりします。特許事務所においても、連日特許明細書を書いたりして、それ以外の業務に携わることができない場合もあります。

このため、知財のスペシャリストを目指すなら、1つの企業・事務所にこだわりい続けるのではなく、転職を繰り返して幅広くスキルを身につけた方が効率的です。

実際に、僕は中小の特許事務所で特許明細書を書き、企業知財部でリエゾン業務に携わり、そして今の法律事務所で弁護士と協同しながら鑑定業務などを行ったりして幅広くスキルを身に着けています。職場を転々としていることにより、幅広いスキルを身に着けて高収入を得ることもできますし、弁理士の資格をもっていれば独立開業も可能です。

このように知財のスペシャリストを目指すのであれば「転職」を繰り返すのが重要です。

 転職を繰り返す前に自分の市場価値を知っておくことも重要です

f:id:mayaaaaasama:20190911222626j:plain

以上のように、知財のスペシャリストを目指すなら「転職」を繰り返すことが重要です。ただし、スキルや年収をアップせずに転職を何度も繰り返しているだけでは意味がありません。そこで、転職を繰り返す前に自分の市場価値を知っておくことが重要です。自分の市場価値を知るためには、以下のステップをとることが重要です。

・職務経歴書のアップデート

・転職エージェントと相談して市場価値を知る

今は転職するつもりがなかったとしても、自分の市場価値を知るために、上記のステップをとるのが重要です。まず、職務経歴書を例えば、月一くらいでアップデートします。そして、そのアップデートしたものを転職エージェントに見せます。すると、エージェントはその職務経歴書から市場価値を判断してくれます。

またエージェントの中には自分が足りないポイントなどを指摘してくれるところもありますので、そのような指摘を受けて、今の職場で自分の足りないポイントを伸ばしていくこともできます。

このように、自分の市場価値を知っておくことで、転職のベストなタイミングを知ることができます。もし、市場価値が高いのであれば、今の職場よりも待遇のよいところに転職して年収アップを図ることができます。一方、市場価値が低いのであれば、足りないところを知ることができ、それにより今の職場で何をやるべきかを知ることができます。このように、仮に今は転職をする気がなかったとしても、職務経歴書を定期的にアップロードして、転職エージェントに相談することで自分のスキルを伸ばしていくことができますし、転職のタイミングを知ることができます。これにより、失敗しない転職をすることができます。

このブログでは、失敗しないための特許事務所への転職活動のやり方の記事を書いていますのでこちらが参考になると思います。

是非ご覧ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

ステップアップのために即転職もあり

f:id:mayaaaaasama:20190910203853j:plain

以上のように、知財のスペシャリストを目指すなら転職を繰り返すことが重要です。そして、転職に先立ち、以下のステップアップをとって自分の市場価値を知るのが重要です。

・職務経歴書のアップデート

・転職エージェントと相談して市場価値を知る

ここでもし自分の市場価値を高く、ステップアップが見込めるところへ転職可能なら即転職することもありかと思います。転職は、今の職場で脂がのっているときに転職する方がその後も成功しやすいです。転職の最高のタイミングは今の職場で脂がのっているときであることはmoto氏の「転職と副業のかけ算」においても触れられています。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190903204144j:plain

以上をまとめます。

知財のスペシャリストを目指すなら「転職」を繰り返す

⇒転職を繰り返す前に自分の市場価値を知っておくことが重要

・職務経歴書のアップデート

・転職エージェントと相談して市場価値を知る

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.