未分類

未経験で30代~40代で知財業界に転職はできるのか

更新日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)と、大手メーカー知財部で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手メーカー知財部(主に出願業務と他者特許の分析。出願業務には発明の発掘も含む。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このため、自分の経験と、この業界の知人の話などから知財業界を熟知しています。

 ここで、30~40代の方で知財業界に転職したい方もいると思います。そこで、今回は「未経験で30~40代で知財業界に転職はできるのか」というタイトルでお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

未経験で30~40代で知財業界に転職はできるのか

f:id:mayaaaaasama:20190910203853j:plain

では「未経験で30~40代で知財業界に転職はできるのか」についてお話しします。結論は以下のとおりです。もちろんこの結論が絶対というわけではないですが、知財業界に長くいる経験から十分ありえるものです。

・企業知財部は難しい

・特許事務所への転職は条件付きであれば十分可能

・条件とは、「理系のバックグラウンドがあること」。40代以上の場合には「研究開発経験があること」

もし、企業知財部で働きたいのであれば社内で異動するしかないと思います。それ以外で企業知財部へ転職するのは難しいです。企業知財部へ転職ができるかどうかについては、年齢も考慮されることがあり、企業知財部への転職のハードルは高いです。

一方、特許事務所への転職の場合には年齢的な制限は緩いです。未経験の30~40代でも特許事務所へ転職している方を多く見かけます。特に30代の場合には、未経験でも気にする必要はありません。

ただし、この場合には理系のバックグラウンドがあること。40代以上の場合には、研究開発経験があることが条件であることが多いです。また、企業知財部で特許業務を行っていた経験などがあればなおさら転職は容易となります。ちなみに、企業知財部から特許事務所への転職は40代であっても上手く行く場合があります。もちろん、入所が容易であることと定着が容易であることは別問題ですが・・・

ここで、研究開発経験はないけれど理系のバックグラウンドはあるという方もいると思います。そういう方であっても特許事務所への転職はできないことはないですが、相当絞らないといけません。

30代~40代のための特許事務所への転職のやり方

f:id:mayaaaaasama:20190827130709j:plain

以上のように、未経験の30代~40代であっても理系のバックグラウンドがあり、40代以上であれば研究開発経験があれば特許事務所への転職は可能です。ただし、転職が可能であっても、事務所への定着ができないのであればほとんど意味がありません。無駄に消耗して終わる羽目になります。

そこで、このような失敗に陥らないために適切な事務所選びが重要です。その事務所選びのポイントとしては以下のものが挙げられます。

・良質な指導を受けられるところ

・前職の年収を維持できるところ

まず、特許事務所は成果主義です。成果主義のため専門性の高いスキルを磨く必要があります。ここでいうスキルは主に特許明細書を書くことですが、このスキルを身に着けるには熟練者から良質な指導を受けることが重要です。そうしないといつまで経ってもスキルが向上せず、特許事務所で成功しません。そのため、最初に行くべき特許事務所は良質な指導を受けられるところにしましょう。

また、前職の年収をできるだけ維持することも重要です。そうしないと結構金銭的にきついです。また、せっかくスキルを磨いて年収アップのために次の転職を考えても、前職の年収が考慮されるためその分年収が低く抑えられることがあります。できる限り前職の年収は維持すべきです。

あとは、職場の環境、所長の人柄、残業が多すぎるかなどもしっかりと調べた方がよいです。仕事よりも健康やメンタルが重要です。ストレスがたまるようであれば健康に被害が出てしまいます。そのとき、特許事務所は何もしてくれません。

以上のように、事務所選びのポイントを挙げましたが、これらのポイントはなかなか自分で情報をつかみにくいです。そして、面接だけで話をすすめてしまうと入所してからミスマッチングになってしまうこともあります。

そこで、予め情報を入手するために、特許事務所に特化した転職エージェントを利用することがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

f:id:mayaaaaasama:20190813080042j:plain

その中でも特許事務所の求人案件が豊富な「リーガルジョブボード」をおすすめします。その理由は、実際に僕も相談させてもらいお世話になりましたが実際にお会いして誠実で信頼できる印象でした。また、リーガルジョブボードの口コミでは30~40代に幅広くサポートしている印象であり、信頼の高さがうかがえます。

《特許技術者》大阪府・30代男性

「紹介頂いた事務所の雰囲気が良く、長く続けられ強感じており、とても良い場所を紹介頂き、ありがたく思います。」

 《特許技術者》愛知県・40代男性

「丁寧に色々と業界初心者の私の転職をサポートいただきありがとうございます。これからも時をみて電話等いただけるとのことで心強いです。法曹界等に行きたい知人、親族がいましたらこのサービスを薦めたいと思います。」

https://legal-job-board.com/patent/users_voiceより引用

また、リーガルジョブボードでは、特許事務所と年収交渉をしてくれたり、面接に同伴してくれたり、内定が決まると数万円程度のお祝い金をもらえたりします。また面倒なスケジュールの管理などもエージェントがサポートしてくれます。これらのサービスを無料でしてくれるので控えめに言っても利用しない手はないと思います。

「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録できます。たいていの転職サイトは、学歴、職歴、自己PRなどを初回の段階で入力しなければならず面倒ですが、リーガルジョブボードではそのような作業は最初にする必要はありません。名前、住所などの簡単な情報を入力して後はエージェントからの連絡を待つだけです。お手軽にできるので、まずは簡単に登録して連絡がくるのを待つのがよいです。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190827120442j:plain

以上をまとめます。

「未経験で30~40代で知財業界に転職はできるのか」

・企業知財部は難しい

・特許事務所への転職は条件付きであれば十分可能

・条件とは、「理系のバックグラウンドがあること」。40代以上の場合には「研究開発経験があること」

「失敗しない事務所選びのポイント」

・良質な指導を受けられるところ

・前職の年収を維持できるところ

職場の環境、所長の人柄、残業が多すぎるかなどもしっかりと調べた方がよい。

失敗しない事務所選びのために「リーガルジョブボード」がおすすめ

転職で失敗しないために。弁理士・特許技術者の転職なら【リーガルジョブボード】

 以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-未分類

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.