特許

仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよい理由

更新日:

 僕はとある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)と、大手メーカー知財部で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所⇒ブラック特許事務所

・中小特許事務所

・大手メーカー知財部

・大手法律事務所

 僕は、このように特許業界で職場を転々としており、転職に詳しいです。この経験と知人からの情報などを踏まえて、このブログでは、特許事務所の転職情報について記事を書いています。

 今回は、「仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよい話」についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

弁理士の平均年収は約700万円という話

f:id:mayaaaaasama:20190904084105j:plain

弁理士の平均年収は約700万円と言われています。ここでは、特許事務所で働いている弁理士も企業で働いている弁理士も含まれます。また、特許を専門にする弁理士と意匠商標を専門にする弁理士も含まれます。

特許事務所で働いている場合と企業で働いている場合では報酬の形態も異なりますし、しかも特許事務所の中でもスキルの程度によってかなり年収に差があります。特許事務所の場合、30代で1000万円を超えている人もいますし、何年頑張っても年収が500~600万くらいの人もいます。また、ブラック特許事務所へ行ってしまうとせっかく弁理士の資格をとったのに年収が上がるどころかむしろ前職の年収よりも下がるケースもあります

仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよい理由

f:id:mayaaaaasama:20190823083342j:plain

特許事務所に勤めていて、仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよいです。

その理由は以下のとおりです。

(1)頑張って資格を取った意味が報われない

(2)資格と実務を備えているのに低すぎる

(3)特許事務所は人手不足であり今は年収アップを見込めるチャンス

以下順番に説明します。

(1)頑張って資格を取った意味が報われない

f:id:mayaaaaasama:20190822205148j:plain

まず、「頑張って資格を取った意味が報われない」というのが理由に挙げられます。

年収700万円以下であれば大手企業のサラリーマンの30~40代の年収と大差ありません。しかも大手企業の場合には特許事務所に比べて福利厚生が充実しており、そう考えると、大手企業のサラリーマンよりも待遇は悪いといえます。頑張って難関資格と言われる「弁理士」の資格を取ったにもかかわらず、です。これでは、合格率が数パーセントである難関資格を取得したのに報われません。難関資格を取得したことに対して、もっと自信を持った方がよく、未経験者でないのに、年収700万円以下しかもらっていないのであればそれは低いという自覚を持った方がよいです。

(2)資格と実務を備えているのに低すぎる

f:id:mayaaaaasama:20190820081725j:plain

次に、「資格と実務を備えているのに低すぎる」というのが理由に挙げられます。

特許明細書を書けるスキルがあれば、年収700万円以下は不当に「低い」です。というのも難関資格である弁理士の資格をもっているだけでも希少価値があるのに、それに加えて専門スキルである特許明細書を書けるスキルを備えていれば、さらに希少価値があり、あらゆる特許事務所で重宝されます。より具体的には、弁理士の資格を持っている人が1人/100人の確率であるとします。そして、特許明細書を書けるスキルを持っている人が1人/100人の確率であるとします。そうすると、これらを掛け算すると、1人/100人×1人/100人=1人/10000人となり、資格と実務を備えている人の割合は相当低くなることがわかります。もし、資格と実務を備えているのであれば、相当の希少価値をもっており、高い市場価値をもっているということを認識した方がよいです。それなのに、大手企業のサラリーマンの平均年収と同程度あるいはそれ以下しかもらえていないのであればそれは不当に安く働かされているといえます。

(3)特許事務所は人手不足であり今は年収アップを見込めるチャンス

f:id:mayaaaaasama:20190808084510j:plain

次に、「特許事務所は人手不足であり今は年収アップを見込めるチャンス」であるというのが理由に挙げられます。特許事務所はどこもかしこも人手不足です。求人サイトのパテントサロンを見てください。大手の特許事務所が揃って募集しているだけでなく、事務所説明会を開催したりして積極的に人を集めようとしているのがわかると思います。実際に僕が勤めている事務所においても人材不足でパートナーから誰かいい人いないかと聞かれますし、ある大手特許事務所では、所員に紹介料数万円を払うからいい人がいたら紹介してほしいという制度を設けているそうです。

このように、大手も中小もどこもかしこも人材不足であり、ここは転職して強気で年収交渉をすれば年収アップを見込めるチャンスです。また、上記の求人サイトに掲載されていないような隠れ優良ホワイト事務所も転職サイトを介して募集しているようですので、転職活動をする価値は十分にあります。

特に資格と実務を備えている人であれば、引く手あまたであると思いますので是非とも転職活動して年収アップをするべきです。

また、このチャンスは今後も続くとは限りません。というのも、終身雇用制度が崩壊しているので、今後は知財部を含めて企業から特許事務所への流入が予想されるからです。まだ、終身雇用制度の崩壊が浸透していない今がチャンスです。

年収アップのためには転職エージェントの利用が必須

f:id:mayaaaaasama:20190810213949j:plain

以上の理由から、仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよいです。ここで年収アップをはかるためには、転職活動において転職サイトを利用するのがおすすめです。

その中でも特許事務所の求人案件が豊富な「リーガルジョブボード」をおすすめします。「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録できます。

「リーガルジョブボード」では、特許事務所からのスカウトを待つやり方と、エージェントとヒアリングを行い、希望条件に合致した特許事務所をエージェントから紹介してもらうやり方の2つの方法があります。

どちらでもよいですが、特許事務所の内情(給与システム、事務所の雰囲気、所長の人柄など)をしっかりと把握したいという方であればエージェントと相談するのがよいと思います。

また、リーガルジョブボードでは、特許事務所と年収交渉をしてくれたり、面接に同伴してくれたり、内定が決まると数万円程度のお祝い金をもらえたりします。また面倒なスケジュールの管理などもエージェントがサポートしてくれます。これらのサービスを無料でしてくれるので控えめに言っても利用しない手はないと思います。

「リーガルジョブボード」に登録した後は、エージェントから連絡がくるので連絡を待てばOKです。通常、転職サイトの登録は面倒な情報を入力してそれだけで消耗しがちですが、リーガルジョブボードは軽く登録してその後ヒアリングという流れなのでとてもスムーズに進めることができます。

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190808083713j:plain

以上をまとめます。

仕事ができるのに年収が700万円以下の弁理士は転職した方がよい理由

(1)頑張って資格を取った意味が報われない

(2)資格と実務を備えているのに低すぎる

(3)特許事務所は人手不足であり今は年収アップを見込めるチャンス

年収アップのためには転職サイトへの登録が重要

転職サイトとしては「リーガルジョブボード」がおすすめ。

こちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録可能。

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.