特許 特許-弁理士試験

アラサーが人生を変えたいなら弁理士資格をとるのがよい理由|実体験つき

投稿日:

 僕は、とある法律事務所へ働く弁理士🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 今回は「アラサーが人生を変えたいなら弁理士資格をとるのがよい理由|実体験つき」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回の記事は、アラサーの方で以下のような方にご参考になればと思います。

 会社勤めに嫌気がさしている方

 自分の裁量で自由に働きたい方

 専門職にジョブチェンジをして人生を変えたい方

スポンサーリンク

アラサーの僕は弁理士資格を取ってその後人生が変わりました

f:id:mayaaaaasama:20190903204144j:plain

 まずは「アラサーが人生を変えたいなら弁理士資格をとるのがよい理由」の話に先立ち、アラサーだった僕が弁理士資格を取ってその後人生が変わった話をしたいと思います。

 僕のこれまでの職歴のステップアップは以下のとおりです。

 大学院卒

⇒地元のブラック零細企業(技術職)

⇒弁理士資格に合格

⇒特許事務所にジョブチェンジ

⇒現在大手法律事務所に勤務(年収800万円弱)

 上記のとおり、僕は最初はブラック零細企業スタートで今ではおそらくこの業界なら知らない人はいない大手法律事務所で勤務しています。年収も800万円弱で副業も含めると来年あたりには1000万円を稼げそうな感じです。おそらく地元のブラック零細企業にい続けてもこれほど稼ぐことはできなかったでしょうし、このような大手で働くこともなかったでしょう。

 このような人生を変えたのは、「弁理士資格に合格」したことがおかげだと思います。ここで、僕が弁理士資格を目指そうとしたきっかけについて少しお話ししたいと思います。

 僕は院卒ですが、当時はリーマンショック後の大不況で就活厳しく、30社くらい受けて全て面接で落ち、地元のブラック零細企業くらいしか就職先がありませんでした。とはいえ内定をもらえたので一安心。といきたいところですが更に悲劇が訪れます。内定をもらった翌日に東日本大震災が起きて、その影響をその零細はもろに受けたのです。零細に入って初日。悲壮感しかありませんでした。そして、それからは面接のときと話が違う働き方をされました。研究職なのに体力的な仕事をやらされたり、上司からの当たりもきつくなったりでストレスもたまりました。

 こんな感じなので、入って2カ月で向いていないから辞めようと思いました。しかし、辞めたとしても次のあてがありません。貴重な新卒カードも使ったし、というか新卒カードという黄金カードを使っても面接で落ちまくっていたのです。転職で成功するはずがありません。今と同程度かそれよりもひどいところに行く羽目になります。そこで、どうすべきか考えました。実務(スキル)がなければ専門的な資格をとればよいのだと考えました。そして、大学院まで研究室で頑張ってきたのだからその経験も生かしたいと考えて「弁理士」の資格をとることにしました。これが僕が弁理士資格を目指そうと思ったきっかけです。

 その後は、零細企業で働きながら弁理士の勉強をしていました。正直この会社でやっていくつもりはなかったので仕事中も弁理士の勉強を優先しました。そして、弁理士の資格に合格して、今では大手法律事務所に勤めています。

 地元の零細企業から都内の大手法律事務所へステップアップできたのは弁理士資格を取得したおかげだと思います。これのおかげで人生が大きく変わりました。

「アラサーが人生を変えたいなら弁理士資格をとるのがよい理由」

f:id:mayaaaaasama:20190813190744j:plain

 では、僕の上記のような体験談も踏まえて、「アラサーが人生を変えたいなら弁理士資格をとるのがよい理由」についてお話しします。それは以下のとおりです。

・実務ができないなら資格を取らないとジョブチェンジは難しい。

・資格の中でも弁理士はアラサーで取得しても遅くない。むしろ若すぎ。

・弁理士の仕事はアラサーから始めても十分やっていける。

 以下順番に説明します。

・実務ができないなら資格を取らないとジョブチェンジは難しい。

f:id:mayaaaaasama:20190812181829j:plain

 まず、何らかの実務ができないと転職は難しいです。例えば、僕は技術職で転職をしたいと考えたとしても、応募条件に「企業で開発経験〇〇年以上」という条件が合ったりします。特に大手企業であればそれは顕著です。もし、会社をすぐにやめたなら、大手で技術職として働きたくても、このような条件を満たさないのでどれだけポテンシャルをもったとしても無理です。このため妥協して前職と同程度のレベルの企業しか転職することは難しいと思います。そうすると転職の繰り返しでいつまでたってもスキルアップできませんし、人生を変えることができません。

 そのため、実務に代わる自分の武器というものが必要となるわけです。それが「資格」です。ただし、あらゆる資格が全て転職に有利であるわけではありません。例えば、知財の資格には「知的財産管理技能検定」というものがありますが、この資格を取得してもあまり有利に働かないでしょう。国から独占業務が認められるような専門資格でないと難しいと思います。逆に専門資格を取得すれば、今の時点で実務ができていなくても転職は容易となります。

・資格の中でも弁理士はアラサーで取得しても遅くない。むしろ若すぎ。

f:id:mayaaaaasama:20190812175647j:plain

 ただし、ほとんどの士業の専門資格はみな20代で取得しているのがほとんどです。例えば、公認会計士の場合、合格者の平均年齢は25歳くらいです。このため、アラサーの場合には遅すぎの感があります。まだ20代ならまだしも30歳を過ぎるとこの資格を取得しても転職そのものが難しいかもしれません。

 これに対して、30を過ぎて取得しても若すぎるくらいの専門資格というのがあります。それが「弁理士」なのです。おそらく士業の中で、合格者の平均年齢が40歳近いのは「弁理士」だけだと思います。アラサーで弁理士の資格を取得すれば人生を変えることができます。そこからスキルを磨いて30代で1000万円を稼ぐこともふつうにあり得ます。

 このように、アラサーで資格を取る「価値」があるものとすればそれは「弁理士」です。

・弁理士の仕事はアラサーから始めても十分やっていける。

f:id:mayaaaaasama:20190811194153j:plain

 

 そして、弁理士の仕事はアラサーから始めても十分にやっていけます。実際に僕も30歳近くのアラサーでこの業界に入りましたが上手くやれています。未経験で30歳過ぎると居心地が悪いよなあと思っている方がいたら全く気にしなくてもよいです。というのもほとんど弁理士・特許技術者のほとんどのは30代以降であり、30代でも若手扱いなのです。また、弁理士のスキルアップのコツは単純で、特許明細書が書ければよいです。これさえ書ければ、案件をバンバンこなして売り上げを稼ぎ、年収アップを見込めます。スキルアップの道はとても単純です。

 そして、ここからがとても重要な話ですが、資格と実務スキルを備えていればそれだけで希少価値が生まれます。弁理士の資格をもっている人だけで数が少ないのに、さらに実務スキルができるのであれば、それは1/100に更に1/100を書けるようなもので1/10000という希少価値が生まれます。このため、特許事務所などから引く手あまたとなり、年収アップも見込めて1000万円以上を稼げることも可能です。

 弁理士資格を始めるなら通信講座で勉強するのがよいです

f:id:mayaaaaasama:20190806084359j:plain

 以上のように、今がどん底だったとしても、弁理士資格をとることで一発逆転を狙うことができます。もし人生を変えてみたいと思うなら弁理士資格を取ることをおすすめします。 

 では弁理士資格を取るためにどのように勉強すればよいのかと思う方もいると思います。そこで、まずは以下の教材を揃えて、通信講座で勉強することをおすすめします。

 これらの教材は必須といえます。

・四法対照(条文を覚えるための法令集)

・青本(工業所有権法逐条解説)(条文の趣旨を解説した本)

・オンライン通信講座(弁理士試験の勉強を始めるための講座)

 ここでオンライン通信講座としては、講師の質・教材の質・コストパフォーマンスから資格スクエアの弁理士講座(「2021年向け『基礎・短答・論文パック』」がおすすめです。大手資格スクールの通信講座は通常40万円ほどしますが、この講座であれば¥248,000で購入可能です。

 資格スクエアの弁理士講座がおすすめである理由は過去記事でも書いています。

 

www.mayaaaaasama.com

 また、弁理士試験をこれから受験しようと考えている方で資格スクールの教材を迷っているのであれば、コストパフォーマンスもよいですし(¥248,000)、資格スクエアの弁理士講座の購入をおすすめします。

 「2021年向け『基礎・短答・論文パック』」のコースは「こちらのサイト」から申し込みできます。

 ここで「2021年」に違和感を感じる方もいると思いますが、これは「2020年向け」の講座で学習を始めて、2021年向けにアップデートにて追加で視聴できるものです。

 つまり、来年合格できなかったとしても再来年も分までしっかりとカバーされています。

 弁理士講座を受けてみたいけれど慎重に検討したいという方には「資料請求」をするのも有効です。資料請求は、こちらのサイトから請求可能です。

 ここで氏名など必要な情報を入力して、送信します。これで「終わり」です。たったこれだけです。するとメールでPDF資料が届きますのでこちらを読んで参考にするのもよいと思います。 

弁理士試験を受験しようと思ったら早く行動を

f:id:mayaaaaasama:20190813080042j:plain

 最後に、試験勉強のタイミングは早いことに越したことはありません。ぐずぐずしているとあっという間に12月になり試験勉強のための時間がなくなってしまいます。本気で人生を変えたいなら、まずは試験勉強のための教材を揃えることから準備を始めた方がよいです。

 このブログでは具体的な弁理士試験の勉強法も紹介しているのでこちらもあわせてご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

  また、特許事務所への転職のやり方についても記事を書いていますのでこちらも合わせてご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-弁理士試験

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.