特許 特許-特許事務所

失敗しない転職エージェントの使い方|特許事務所の転職

投稿日:

 僕はとある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)と、大手メーカー知財部で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所⇒ブラック特許事務所

・中小特許事務所

・大手メーカー知財部

・大手法律事務所

 僕は、このように特許業界で職場を転々としており、転職に詳しいです。この経験と知人からの情報などを踏まえて、このブログでは、特許事務所の転職情報について記事を書いています。

 そして、今回は、「失敗しない転職エージェントの使い方|特許事務所の転職」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回は、以下のような記事にご参考になればと思います。

・エージェントを利用すると特許事務所の転職は上手くいくのだろうか・・・

・エージェントを利用しようと思うが不安だなあ・・・

・どのエージェントがおすすめなのだろうか。

スポンサーリンク

 特許事務所の転職にエージェントの利用が不可欠である理由

f:id:mayaaaaasama:20190813080042j:plain

 まずは「失敗しない転職エージェントの使い方」に先立ち、「特許事務所の転職にエージェントの利用が不可欠」といえる理由についてお話ししたいと思います。その理由としては、自分で求人サイトを見て転職活動を進めると、入所してからミスマッチングしやすく失敗しやすいためです。というのも、特許事務所は、指導方法、給与システム、事務所の雰囲気などが異なっており、そのような情報をネットなどで入手することが難しいためです。また、転職サイトを利用しなくても、特許事務所の求人サイトを見つけやすいですが(「特許事務所」「求人サイト」でググると上位表示されます)、この中には、評判がよくない事務所も含まれていることもありますし、自分に合った特許事務所を選ぶことは難しいです。

 そこで、求職者と特許事務所の間に「仲立ち」として事務所情報を教えてくれる存在が必要であり、それが「転職エージェント」です。転職エージェントは実際に特許事務所に足を運び、指導方法、給与システム、事務所の雰囲気などについて取材を行っており、事務所の内情に精通しています。また、転職エージェントは、求人サイトで掲載されているよりも豊富な求人案件を抱えていますので、より事務所選びをすることができます。また、求人サイトにない「隠れ優良特許事務所」を紹介してもらえることもありえます。このように、失敗しないためには転職エージェントの利用が不可欠です。

 ここで少し補足しておくと、一部のサイトでは特許事務所において転職エージェントを利用する必要がなく、個人(?)で斡旋しているようなところもあります。実名で無料でされているようでその心意気は素晴らしいと思いますが、以下の点で疑問点があります。まず、個人では求人案件の数に限界があるのは予想されますし、無料と言いながら、転職エージェントをほぼ名指しで過剰に攻撃した発言をしていること、更には特許事務所の転職エージェントは悪みたいなことを書いていながら企業知財部への転職は転職エージェントを利用しようという整合性がとれていないような発言をしており、なんだこりゃと正直よくわからない印象を受けます。紹介してもらうなら無難に転職エージェントを利用するのでよいと考えます。

 失敗しない転職エージェントの使い方

f:id:mayaaaaasama:20190812170343j:plain

 それでは「失敗しない転職エージェントの使い方」についてお話しします。その使い方のポイントとしては、以下の(1)~(5)が挙げられます。以下の(1)~(5)に沿って転職エージェントを使えば失敗することを回避できます。

(1)特許事務所に特化した転職エージェントを利用すること

(2)誠実かつ信頼性のある転職エージェントを利用すること

(3)希望条件をしっかりと転職エージェントに伝えること

(4)特許事務所に選ばれるというのでなくこちらから「選ぶ」という意識をもつこと

(5)転職エージェントに年収交渉をしてもらうこと

 以下順番に説明します。

(1)特許事務所に特化した転職エージェントを利用すること

f:id:mayaaaaasama:20190812175647j:plain

 まずは転職エージェントの選び方です。重要なポイントしてまず「特許事務所に特化した転職エージェントを利用すること」です。転職エージェントを利用する主要目的が特許事務所の内情を把握することにあるわけなので、特許事務所に精通していないエージェントを利用しても意味がありません。特に大手の転職エージェントは、特許事務所というニッチなところに精通していないことが多いため、このようなエージェントの利用は控え、特許事務所に特化した転職エージェントを利用するのがよいです。

(2)誠実かつ信頼性のある転職エージェントを利用すること

f:id:mayaaaaasama:20190810213949j:plain

 次に、誠実かつ信頼性のある転職エージェントを利用することがポイントです。特許事務所に特化したとしても、自分の売上稼ぎのために回転率の高い特許事務所へ誘導して報酬を稼ぐエージェントがいることは事実です。名前は出しませんが、実際に僕もとあるエージェントを利用してすすめられた特許事務所は、これまで100人入って1年以上続けたのが8人しかいなかったというとんでもない特許事務所でした(入った後に事務所OBに言われました・・・)。こういうところを紹介するエージェントもいるので誠実かつ信頼性のあるエージェント選びは必須です。

 ここでおすすめしたいのが「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードはネットでも評判がよく、自社サイトの転職成功者の声において、40~50代の声が多く、幅広くサポートしている印象を受けます。一部その声を抜粋します。

《特許技術者》埼玉県・50代男性

「対応もとても早く、転職先の候補も色々とご提案頂き、とても心強く感じました。ご担当者様にはとても感謝しております。

《特許技術者》愛知県・40代男性

「丁寧に色々と業界初心者の私の転職をサポートいただき ありがとうございます。これからも時をみて電話等いただける とのことで心強いです。法曹界等に行きたい知人、親族が いましたらこのサービスを薦めたいと思います。」

《特許技術者》大阪府・40代男性

「担当の方が丁寧で迅速に対応してくださったので、非常にスムーズに転職活動をすることができました。条件も期待以上だったので、大満足です。」

 これはあくまでも一部ですが、求職者がとても満足しており、うまくマッチングした事務所に入られたことがうかがえます。実際に僕もリーガルジョブボードに市場価値などを含めて相談させて頂いたことがあり、エージェントの方と相談させてお世話になりました。印象としてはとても誠実で信頼できる方でした。

「リーガルジョブボード」は、こちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録できます。簡単に登録した後は、エージェントから連絡がくるので連絡を待てばOKです。通常、転職サイトの登録は面倒な情報を入力してそれだけで消耗しがちですが、リーガルジョブボードは軽く登録してその後ヒアリングという流れなのでとてもスムーズに進めることができます。

(3)希望条件をしっかりと転職エージェントに伝えること

f:id:mayaaaaasama:20190810163639j:plain

 次に、希望条件はしっかりと転職エージェントに伝えましょう。そうしないと転職エージェントに流されてしまい、自分の本意でない事務所に行くことになります。希望条件がよくわからないという方は以下の条件を考えてみることが重要です。

・未経験者の場合には、実務指導の質

・転職時の年収(当たり前ですが超重要です)

・給与システム(評価システム)

・残業の有無(特許事務所には直で伝えづらいのでエージェントを介するのが無難です)

・在宅ワーク可能か等

(4)特許事務所に選ばれるというのでなくこちらから「選ぶ」という意識をもつこと

f:id:mayaaaaasama:20190808084510j:plain

 次に、特許事務所の転職では、「選ばれる」のではなく、「選ぶ」という意識をもつのが重要です。転職エージェントがすすめてきた求人案件に流されるのではなく、予めたてた自分の希望条件に合致しているか判断するのが重要です。「妥協」は避けるべきで、そこは慎重に時間をかけてやるべきです。特に未経験者は最初の事務所選びがとても重要であり、自分のスペックだとこのあたりが妥当かなあと妥協して選ぶのは控えるべきです。もっと待遇のいい事務所がないかどん欲に見つけるべきです。

 エージェントがリードするのではなく、あくまでも自分がリードするという意識をもって事務所選びをするのが重要です。

(5)転職エージェントに年収交渉をしてもらうこと

f:id:mayaaaaasama:20190807195649j:plain

 最後に、特許事務所と面接を済ませて内定も見込みがあるのであれば、しっかりとエージェントに年収交渉をしてもらって少しでも年収を上げてもらうようにしましょう。年収はとても重要ですし、今後のステップアップを踏まえると、特許事務所に入った時の年収というのは重要な要素となります。例えば、特許事務所に入って、年収アップのために別の事務所に入るとします。このとき、前職の特許事務所の年収が評価されますので、前職の特許事務所では年収は高く設定しておいた方がよいです。

 ここで、未経験者は前職よりも年収がダウンしやすい傾向にありますが、そこはエージェントに交渉してもらって前職の年収をキープできるように努めるべきです。これはエージェントに聞いた話ですが、特許事務所の場合には交渉に応じやすく年収アップが見込みやすいそうです。これは他の士業の場合にはあてはまらず特許事務所特有の傾向だそうです。妥協せず年収交渉をしてもらいましょう。

 まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190813190744j:plain

 以上をまとめます。

 失敗しない転職エージェントの使い方。

(1)特許事務所に特化した転職エージェントを利用すること

(2)誠実かつ信頼性のある転職エージェントを利用すること

(3)希望条件をしっかりと転職エージェントに伝えること

(4)特許事務所に選ばれるというのでなくこちらから「選ぶ」という意識をもつこと

(5)転職エージェントに年収交渉をしてもらうこと

 転職エージェントとしては、「リーガルジョブボード」がおすすめです。こちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録できます。

 転職で成功するためにはまず「行動」です。当たり前ですが行動しないと始まりません。これを見てよしエージェントに相談しようと思ったら秒速でした方がよいです。そうしないと時間の経過とともに冷めてしまい、今の職場に甘んじてしまいます。まずは行動が重要です。

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.