特許 特許-特許事務所

ブラック特許事務所を回避するために知るべき5つのこと

投稿日:

 僕はとある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、これまでに中小と大手の特許事務所(法律事務所)と、大手メーカー知財部で働いた経験があります。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所⇒ブラック特許事務所

・中小特許事務所

・大手メーカー知財部

・法律事務所

 僕は、最初の特許事務所を求人サイトを見て応募しましたが、ここはブラック特許事務所でした。ブラック特許事務所は体力的にも精神的にも消耗して最悪人生が詰んでしまう虞もあります。絶対に行くべきではありません。

 今ではブラック特許事務所を抜け出しましたが、ブラック特許事務所へ入る前に「5つ」のことを知っておくべきだったと後悔しています。そうすれば、最初の特許事務所を避けてより早い段階でスキルアップもはかることができたでしょう・・・

 そこで今回は、これまでの自分の経験と知人からの情報を踏まえて「ブラック特許事務所を回避するために知るべき5つのこと」についてお話ししたいと思います。

 今回の記事は、特許事務所へのジョブチェンジに興味のある方や、別の特許事務所への転職を考えている方で、ブラック特許事務所を回避したいという方にご参考になればと思います。これを読めばブラック特許事務所の回避率はぐんと上がると思います。

スポンサーリンク

 ブラック特許事務所を回避するために知るべき「5つ」のこと

f:id:mayaaaaasama:20190801082109j:plain

 では「ブラック特許事務所を回避するために知るべき『5つ』のこと」についてお話しします。これは、特許事務所に入る前に、その特許事務所について「5つ」の情報を知っておくべきということです。それは以下のとおりです。

(1)実務の指導方法

(2)裁量権

(3)給与システム

(4)所長の人柄

(5)裏ボスの有無

 これら5つの情報を予め入手していれば、ブラック特許事務所を回避することはできます。以下順番に説明します。

(1)実務の指導方法

f:id:mayaaaaasama:20190802145904j:plain

 まず、特許事務所に入る前に、実務の指導方法をしっかりと知っておくべきです。特許事務所で専門スキルを身につけるためには、所長などから良質な指導をうける必要があります。独学では伸びるどころかかえって変な方向にいってしまいます。

 このため、弁理士・特許技術者として成功していきたいならば、良質な指導をしてもらえる事務所に行くべきです。しかし、特許事務所によってその指導方法は異なる者であり、特許事務所によっては、指導をしないことを「是」としている事務所もありますし、指導をしていないのに指導をしているつもりになっている事務所もあるのが事実です。実際に僕も最初の特許事務所で紙ペラ1枚のマニュアルのようなものを渡されてこれで特許明細書を書くように言われました。普通に無理です。このような無理を押し付ける事務所もあります。

 このような事務所にいては、スキルがなかなか身につかず時間と体力を無駄に消耗してしまいます。このため、実務の指導方法について予め情報をつかんでおくのが重要です。

(2)裁量権

f:id:mayaaaaasama:20190803214837j:plain

 次に、特許事務所に入る前に、裁量権についてしっかりと知っておくべきです。特に経験者の場合には、自分の裁量でうまく案件を処理したいと思います。裁量権がないとなかなか案件も処理しにくく売り上げも稼ぎにくいですし、何度もチェックをされてやり直しをされるとストレスも溜まっていきます。

 特に上司が変に書き方にこだわりのある人であってその書き方に従っていないという理由で何度もやり直しをさせられてはとてもストレスが溜まってしまいます。ブラック特許事務所では特に裁量権がなかったり、上司がこだわりの強い人でなかなかスムーズに進めないことが多いです。

 裁量権(どこまで自由に仕事を進めることができるのか)については予め情報をつかんでおくのが重要です。

(3)給与システム

f:id:mayaaaaasama:20190616190556j:plain

  次に、特許事務所に入る前に、給与システムについてしっかりと知っておくべきです。特に経験者の場合には、案件を処理して売り上げをどんどん稼いで年収アップを図りたい方も多いと思うので給与システムについてはしっかりと知るのが重要です。

 知るべき情報としては、例えば、売り上げの何割が年収となるのか、特許明細書の単価はどれくらいかなどです。年功序列制の場合には、昇給はどのくらいかについても知っておくべきです。

 ブラック特許事務所では、給与システムが不当に整っていないところが多いので、これについてはしっかりと予め情報をつかんでおくべきです。

(4)所長の人柄

f:id:mayaaaaasama:20190728172226j:plain

 特許事務所では大手よりも中小の数の方が多いです。そして、中小特許事務所では、所長の権限がとても強い傾向にあります。このため、特許事務所の雰囲気は所長の人柄に左右されがちです。ブラック特許事務所の場合には、所長の人柄が常人よりずれている傾向にあります。この場合には、理不尽なことが当たり前であるような事務所で働かせられ、時間と体力を無駄に消耗してしまいます。絶対に行くべきではありません。 

 このため、ブラック特許事務所を回避する場合には、所長の人柄についてしっかりとつかんでおくべきです。

(5)裏ボスの有無

f:id:mayaaaaasama:20190728141631j:plain

 また、所長の人柄だけでなく、裏ボスの有無についてもしっかりと情報をつかんでおいた方がよいです。例えば、特許事務のリーダーやベテランの特許技術者、中小特許事務所の場合には所長の夫人の有無も調べておいた方がよいです。この業界では、大体このあたりが裏ボスとして君臨している可能性が高いです。具体例を以下にお話しします。これは知人の弁理士から聞いた話です。ある特許事務所では、新人の弁理士をベテランの特許技術者の下につかせて仕事をさせるそうですが、そのベテランの特許技術者は、無茶難題にその弁理士をこき使い、使えないという所長に報告して首にさせるそうです。その知人の弁理士曰く、ベテランの特許技術者は何年たっても弁理士資格に合格できない腹いせで新人の弁理士を首にしてストレス発散としているとのことです。信じられない話ですが、このような事務所の話は他にもよく聞くので注意が必要です。こういう理不尽なことをする裏ボスの有無についてもしっかりと確認すべきです。

 ブラック特許事務所へ行かないために転職エージェントの利用は必須です

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 ブラック特許事務所を回避するためには、上記の5つのことを予めて知って置くkとが重要です。しかし、なかなかネットなどの情報だけではうまくいきません。自分で求人サイトを見て募集すると失敗する可能性が高まります(最初の僕がそうでした・・・)。特に裏ボスの存在などを知ることは自分で調べるだけでは不可能です。

 そこで、失敗しないためにおすすめなのが転職エージェントの利用です。ただし、転職エージェントは、特許事務所に特化して、誠実かつ信頼できるエージェントを利用すべきです。特許事務所に特化しても、自分の都合のよいように誘導させるエージェントであれば、事務所のマイナスポイントを隠そうとします。

 そこで、特許専門の転職エージェントとしておすすめなのが、特許事務所に特化して、誠実かつ信頼できる観点から、「リーガルジョブボード」です。

 エージェントは、特許事務所に自ら取材をして、給与システム(評価システム)、スキルの指導のやり方、所長の人柄、事務所の雰囲気などを把握しています。そこで、エージェントに希望条件を伝えてヒアリングを行いながら転職活動を進めるのがおすすめです。

 「リーガルジョブボード」は、こちらのサイトから「無料」で簡単に1分程度で登録できます。あとは、エージェントから連絡がくるのを待ちましょう。

 また、「リーガルジョブボード」では、特許事務所と年収交渉をしてくれたり、面接に同席してくれたり、最大7万円までのお祝い金をもらえたりすることができます。

 控えめに言っても「リーガルジョブボード」を使わない手はありません。

 「リーガルジョブボード」がおすすめの理由については過去記事で書いていますのでご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.