未分類

【閲覧注意】ブラック特許事務所に行くと悲惨な話|実体験を語る

更新日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、知財業界で長い間働いています。詳しくはこちらです。

・中小特許事務所

・中小特許事務所

・大手企業知財部

・大手法律事務所

 このように、僕は、知財業界に長いこといるので知財業界に詳しいです。

 今回は、「ブラック特許事務所に行くと悲惨な話|実体験を語る」というタイトルにてお話ししたいと思います。

今回の記事は以下のような方にご参考いただければと思います。

・特許事務所へのジョブチェンジを考えているが、ブラック特許事務所怖い。どんな感じなのだろうか?

スポンサーリンク

 ブラック特許事務所とは

f:id:mayaaaaasama:20190801082109j:plain

まず、「ブラック特許事務所に行くと悲惨な話」を語る前に、そもそもブラック特許事務所のブラックの定義についてお話ししたいと思います。人それぞれで個人差があると思いますが、ブラックの定義とは以下の条件を全てあてはまるものであると僕は考えています。

(1)低年収

(2)指導なし

(3)裁量権なし

逆にこれらのうちどれかは満たしていなければブラックとまではいけないと思います。高年収ならお金のために頑張れますし、指導があればその事務所のおかげで成長ができますし、裁量権があれば自由な働き方ができます。

これに対し、僕が入ったとある中小特許事務所は、「低年収」「指導なし」「裁量権なし」と三拍子そろっていました。これがどれだけ悲惨であるか以下にお話ししたいと思います。

 ブラック特許事務所に行ったら悲惨すぎた話

f:id:mayaaaaasama:20190606225239j:plain

上述したとおり、僕が入ったとある特許事務所は、「低年収」「指導なし」「裁量権なし」と3拍子揃っていました。この3要素が揃っているといかに悲惨であるか以下の図にまとめます。

f:id:mayaaaaasama:20190826150116p:plain

入所してから、「仕事を振られる」⇒「自分で何とかする」⇒「上司(所長など)からやり直し」⇒「再提出」⇒「引き取り」⇒「(別の)仕事を振られる」の無限ループです。「無理ゲー」です。体力が消耗されていき、年収も下がっていきます。その時の僕は「3年頑張ればなんとかなる」という根拠のない根性論を信じて3年頑張りましたが、1年で出ていくべきでしたw

まず実務指導がないのでどうしたらよいのか全く分かりません。紙ペラ1枚のマニュアル(?)のようなものを渡されて、これで仕事できるでしょ?特許明細書書けるでしょみたいな感じです。正直言って、紙ぺら1枚のマニュアルだけで特許明細書を書けるなら代理人の存在価値皆無です。これで指導をしたと考えているのがまた悲惨すぎます。

中間処理までは審査基準を理解すれば何とかなりますが、特許明細書は独学で無理です。これは100%断言できます。このため、新規案件を任されてもやり直しです。クレームがひどいとか罵倒されます。上司からの書き込みも(?)みたいな感じでフィードバックもできません。そのやり直しが2~3回経ったら引き取りです。ある時は、ヘッダーに整理番号がついていないだけで引き取りをされましたwこんな調子なのでいつまで経っても成長しません。まだ、指導がなくても裁量権あり(上司のチェックほぼなしで通る)ならストレスもなく仕事を進められますが、このような感じで裁量権もないので、いつまで経ってもストレスが溜まり、体力も消耗するだけに終わります。

また、この特許事務所ではクライアントは「神」のように崇める体質であり、期限徒過は絶対許されません。ただし、どのように書けばよいのか教えてくれないので毎日残業の連続です。ある夏の日は3日連続徹夜したこともありました。平衡感覚を保ちながら歩けませんでしたw最終の帰りはタクシーで自費で帰りました・・・

このような頑張りに対して、評価は残酷でした。賞与面談では、「努力は認めるが売り上げは全然ダメだ」ということでボーナス0でした。昇給どころか減給です。体力の消耗とともに、どんどん低収入となっていきます。しかしどんだけ自分の力で頑張っても、売り上げを稼ぐことはできません。これはもう「無理ゲー」でした。

僕はここに根拠のない根性論「3年は頑張れ!」を信じて頑張りましたが、何も得るものはありませんでした。もうその頃にはライフゲージは0に近づいていました。残りのわずかのライフゲージで転職活動を進めることにしました・・・

以上のように、「低年収」「指導なし」「裁量権なし」のブラック特許事務所に行くと「無理ゲー」であり、体力を消耗して最悪心身崩壊してしまいます。絶対に行くべきではありません。

なお、この特許事務所で懲りて、エージェントを伝って良質の指導を受けてもらえる特許事務所に行った話も補足しておきます。この特許事務所では、所長と副所長から特許明細書の書き方の指導を受けたおかげで、1年ちょいで特許明細書が書けるようになりました。3年頑張ってできなったことが1年ちょいで達成できました。そして、今では大手の事務所でも通用しており、裁量権をもって自由に働けています。このおかげは、良質な指導をしてくれたこの特許事務所のおかげです。

 ブラック特許事務所に行って唯一よかった点

f:id:mayaaaaasama:20190603213125j:plain

以上のように、ブラック特許事務所は絶対に行くべきではありませんが、こういうところでも行ってよかった点が1つあります。それは、本音で話せあえるような友人ができたことです。その友人も理不尽な特許事務所で消耗してました。彼とはよく昼ごはんにその理不尽さを語りあい、その後はプライベートでも仲良くなっていきました。趣味が合うわけでもないですが、二人でボードゲーム大会に行ったりもしましたw

これは不思議なもので共通の敵をもつと互いに意気投合するようです。その敵が外道の極みであればなおさらです。ドラゴンボールで悟空と敵対していた天津飯やピッコロなどが更に強大な共通の敵に出会って仲間になっていくのと近いものがあると思います。唯一よかったのはこれくらいです。

 ブラック特許事務所に行かないために慎重に特許事務所を選ぼう

f:id:mayaaaaasama:20190602231734j:plain

以上のように、未経験者で特許事務所の転職を考えている人は、ブラック特許事務所に絶対にいくべきではありません。しかし、その一方で、良質な指導を受けて専門スキル(特許明細書が書けること)を磨いていけば、高年収だけでなく自由な働き方も実現でき、人間関係に悩まされる必要はありません。この業界の売りは「高い年収」だけでなく、サラリーマンであれば実現できないような「自由な働き方」です。これを得るために特許事務所へジョブチェンジする価値は十分あります。

ただし、自分で求人サイトを見て特許事務所を選ぼうとすると、僕のように「低年収」「指導なし」「裁量権なし」のブラック特許事務所へ行く羽目になる可能性は十分あります。そこで、自分だけで転職活動をするのではなく、転職エージェントを利用するのがよいです。実際に僕も転職エージェントを利用して上手くステップアップできて今では大手法律事務所で自由な働き方を実現しています。

このブログでは、失敗しないための特許事務所への転職活動のやり方の記事を書いていますのでこちらが参考になると思います。

是非ご覧ください。

失敗しない特許事務所への転職のやり方の記事はコチラ

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-未分類

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.