特許 特許-特許事務所

後悔しない大手特許事務所の選び方|未経験者は〇〇に経験者は〇〇へ行くのがおすすめです

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕はとある大手の法律事務所で働いており、僕の知人の中には、別の大手特許事務所に働いている方も結構います。

 今回は、自分の事務所経験と知人からの事務所情報を踏まえて、「後悔しない大手特許事務所の選び方|未経験者は〇〇に経験者は〇〇へ行くのがおすすめです」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回は、特許事務所へ転職を考えている方で、大手ならどういう事務所がおすすめなのだろうと悩んでいる方にご参考になればと思います。

スポンサーリンク

 大手特許事務所には3つのタイプがある

f:id:mayaaaaasama:20190815133216j:plain

 まず、「後悔しない大手特許事務所の選び方」に先立ち、大手特許事務所には3つのタイプがあることについてお話しします。そのタイプとは以下のとおりです。

(1)年功序列制

(2)売上制(成果主義)

(3)年功序列制と売上制のブレンド

 ほとんど全ての大手特許事務所は、上記3つのいずれかに当てはまります。(3)のイメージとしては、毎年の昇給額は一定額上がるけれど(年功序列制)、ボーナスの額は売上で評価している(売上制)ようなイメージです。

 特許事務所は売上制のシビアな世界なんだろうと考えている方も多いと思いますが、実は大手特許事務所では年功序列制をとるところも結構あります。

 この点を念頭においた上で以下では「後悔しない大手特許事務所の選び方」をお話しします。

「後悔しない大手特許事務所の選び方」

f:id:mayaaaaasama:20190822205148j:plain

 では「後悔しない大手特許事務所の選び方」についてお話しします。それは、以下のとおりです。

未経験者⇒「(1)年功序列制の大手特許事務所」へ行くのがおすすめ

経験者⇒「(2)売上制(成果主義)の大手特許事務所」へ行くのがおすすめ

 ここで、未経験者とは、特許明細書が書けない人を想定しており、経験者とは、特許明細書が書ける人を想定しています。特許明細書が書けるというのは、大手特許事務所で指導パートナーのチェックがほぼノーチェックのレベルを想定しています。

未経験者が年功序列制の大手特許事務所へ行くのがおすすめである理由

f:id:mayaaaaasama:20190822205309j:plain

 では未経験者は年功序列制の大手特許事務所へ行くのがおすすめである理由についてお話しします。その理由は以下のとおりです。

・売り上げは年収に反映されない

・売り上げがなくても一定額の昇給ができる

・余裕をもってスキルを身につけることができる環境

・残業が少なく弁理士の資格をとりやすい

 年功序列制の大手特許事務所の給与システムは、企業の給与システムと似ています。すなわち、どれだけ売り上げを稼いでいようが、年収には反映されにくいです。これは、若くして売り上げをバンバン稼ぐ人にとっては、「悪い」話ですが、売り上げを稼げない未経験者にとっては都合のよいことです。しかも、企業の給与システムと同様に、売り上げを稼いでいなくても一定額の昇給を見込めます。

 このため、売り上げを気にせずに余裕をもってスキルを身につけられる環境にあるといえます。しかも、このような大手特許事務所では残業が少ない傾向にあり、弁理士の試験勉強のための時間を確保しやすいです。そして、このような大手特許事務所の中には、資格手当がつくこともあり、売り上げに貢献しなくても弁理士の資格をとれば数万円の手当てがつくこともあります。

 このように、年功序列制の大手特許事務所では、スキルを身につけつつ、弁理士の資格勉強も両立できるといった利点があります。

 一方、未経験者がいきなり売上制の大手特許事務所に行くと、ハード過ぎて体力を消耗しすぎて失敗する可能性が高いです。未経験者にとって、敷居の高さは売上制の大手特許事務所>年功序列制の大手特許事務所の順番ですのでまずは「年功序列制の大手特許事務所」に行くのが得策です。

経験者が売上制の大手特許事務所へ行くのがおすすめの理由

f:id:mayaaaaasama:20190822205359j:plain

 続いて、経験者(特許明細書が書ける人)についてお話しします。中小特許事務所で経験を積んである程度特許明細書が書けるようになった人は、「年功序列制」よりも「売上制」の大手特許事務所へ行くことをおすすめします。

 通常、中小特許事務所で所長から特許明細書が上手くかけているとか評価をもらったり、所長からそれほど修正がかからないような場合には、大手で通用する可能性はかなり高いです。このような場合は、「売上制」の大手特許事務所へ行くことをおすすめします。

 経験者が「売上制」の大手特許事務所へ行くのがおすすめな理由は以下のとおりです。

・売り上げに応じて高い年収を稼げる(高いモチベーションを維持できる)

・経験者にとっては「フェア」な評価システム

・自由な働き方ができる(在宅OK、私服OK、遅い時間に出社OK)

 売上制ですので処理した案件に応じて年収が決まります。このため、案件を処理すればするほど売り上げが大きくなり、それに応じて年収も高くなるので仕事に対するモチベーションを維持できます。これは、やった分だけ年収が支払われるので、経験者にとっては「フェア」な評価システムと言えます。売上額がしっかりと年収として現金に換金されます。これに対して、「年功序列制」はどれだけ売り上げを上げてもそれが年収に支払われません。いわば年功序列制における、売上額はゲームセンターのメダルのようなものです。

 また、売上制の大手特許事務所は、最新の働き方を導入している傾向にあり、自由な働き方ができます。例えば、在宅OK、私服OK、遅い時間に出社するといったものです。全てがそうというわけではありませんがこの傾向は強いです。

 このため、やった分だけお金が稼げてしかも自由に働けるので、経験者(特許明細書が書ける人)にとっては、売上制の特許事務所に行く方が人生が豊かになります。

 

年功序列制の大手特許事務所の選び方と売上制の大手特許事務所の選び方

f:id:mayaaaaasama:20190814075837j:plain

 以上をまとめますと以下のとおりです。

未経験者(特許明細書が書けない人)⇒年功序列制の大手特許事務所へ行く

経験者(特許明細書が書ける人)⇒売上制の大手特許事務所へ行く

 では未経験者は年功序列制の大手特許事務所ならどこに行っても上手く行くのでしょうか。あるいは経験者は売上制の大手特許事務所ならどこに行っても上手く行くのでしょうか。

 ここでは、更に踏み込んで、年功序列制の大手特許事務所の選び方と売上制の大手特許事務所の選び方についてお話しします。その選び方のポイントは以下の通りです。

(年功序列制の大手特許事務所の選び方)

⇒良質な指導

⇒昇給額がどれくらいか

⇒最初の年収を高めに設定してくれるところ

 

(売上制の大手特許事務所の選び方)

⇒評価システム(売り上げの何割を年収とするのか)

⇒単価の高い案件をまわしてくれるのか

 

 

 年功序列制の場合には、「良質な(実務の)指導」、「昇給額」「最初の年収」の3つがポイントになると思います。

 これに対して、売上制の場合には、「評価システム」「単価の高い案件をまわしてくれるのか」の2つがポイントになると思います。評価システムについては、売り上げの3割が年収というよりも4割が年収の方がいいですし、多ければ多いほどよいです。ただし、単価の安いものばかりやらされると売り上げも上がりませんので、単価の高い案件をまわしてくれるかどうかも重要です。

  以上の通り、大手特許事務所へ転職する場合、まず「年功序列」か「売上制」かを見極めたうえで上記のポイントを踏まえた選び方をするのが重要です。

 ただし、特許事務所というのは内情が分からないことが多いです。これは大手特許事務所についてもあてはまります。大手とありますが規模は中小企業並みであるからです。このため、これらのポイントについてネットの情報や事務所のHPなどから知ることが難しいです。このため、自分で求人サイトを見つけて募集して転職してみるとミスマッチが生じて後悔してしまうこともあります。

 そこで、事務所選びで後悔しないためには「転職エージェント」の利用が必須です。

後悔しない大手特許事務所を見つけるためには転職エージェントの利用は必須

f:id:mayaaaaasama:20190813080042j:plain

  そこで、後悔しない大手特許事務所を見つけるためには転職エージェントの利用が重要です。

 ここで、特許専門の転職エージェントとしておすすめなのが、手厚くサポートしてもらえる観点から、「リーガルジョブボード」です。「こちらのサイト」から無料で簡単に会員登録できます。スマホからでも簡単です。

 この転職エージェントでは、特許専門のエージェントから、具体的な特許事務所の内情を聞けるだけなく、内定までの転職活動をサポートしてもらえたり、特許事務所と年収交渉をしてくれたり、お祝い金ももらえたりするのでおすすめです。そして「無料」です。

 この「リーガルジョブボード」の仕組みについては過去記事で徹底解説していますのであわせてご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.