特許

【理系向け】英語を活かす仕事なら特許技術者がおすすめである理由

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、僕は、特許業界に長いこといるので特許業界について詳しいです。

 今回は「【理系向け】英語を活かす仕事なら特許技術者がおすすめである理由」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回は理系だけど、英語が得意なので英語を活かせる仕事をしてみたいとった方にご参考になればと思います。

スポンサーリンク

 理系で英語を活かせる仕事は少ない!?

f:id:mayaaaaasama:20190819192121j:plain

 英語を活かせる仕事といえば、「通関士」「入国審査官」「ツアーコンダクター」「貿易事務」「翻訳」などが挙げられますが、理系の仕事となると少ないです。

 一方、英語と活かしつつ、理系のバックグラウンドも生かせる仕事に就きたいと考えている方は多いと思います。

 そういう方には、特許事務所で「特許技術者」で働くことがおすすめです。

 特許技術者って何!?

 ここで特許技術者というものに聞きなれない方も多いと思いますので簡単に説明します。

 特許技術者は、特許業務を弁理士と協同して行います。特許業務としては、主に特許出願から権利取得に向けて行う業務であり、特許明細書を書いたり、特許権を所得するための中間処理を行います。

 補足すると、特許技術者と弁理士の違いは資格があるかどうかぐらいであり、特許技術者の仕事は、実質的に弁理士の仕事と同じです。

 理系で英語を活かしたいなら特許技術者がおすすめである理由

f:id:mayaaaaasama:20190819194019j:plain

 では「理系で英語を活かしたいなら特許技術者がおすすめである理由」についてお話しします。その理由は以下のとおりです。

(1)英語の「リーディング」と「ライティング」を活かせる業務が多い

(2)特許についての専門スキルも身につけることができ、高い年収が見込める

(3)フレックス制度や在宅制度など働きやすい環境にある

 以下順番に説明します。

(1)英語の「リーディング」と「ライティング」を活かせる業務が多い

 特許事務所によりますが、英語で業務を活かせるものが多いです。具体的には以下のものが挙げられます。

・特許翻訳(特許明細書の英訳、英文特許明細書の和訳)

外国中間処理

 まず、特許翻訳では、特許明細書の英訳(和⇒英)又は英文特許明細書の和訳(英⇒和)を行います。

 特許出願は国内だけでなく外国にする場合も多いです。このとき、国内で出願した特許明細書を英訳して出願しますので英訳の仕事が発生します。また、逆に外国のクライアントが日本に特許出願したい場合には、英文の特許明細書を和訳する必要がありますので和訳の仕事が発生します。

 特定の特許事務所では、特許技術者は、和訳や英訳から仕事を始めます。これにより、特許明細書がどういうものか知ってもらおうという意図があるようです。もし、英語が得意で英語を活かしたいならば、このような事務所に入ってみるのが合っていると思います。

 また、特許出願してから、特許権を取得するまでの間に、現地の特許庁審査官とやり取りをする必要があります。より具体的には、特許出願をしても、特許庁審査官がその出願に係る発明に特許性を認めないことが多く、出願人は特許性が認められるまで反論(応答)します。このやり取りの過程で現地の代理人も含めて英文でのやりとりをします。このやりとりを中間処理と言います。この中間処理では、英文レターを書いたり、審査官からの英文の拒絶理由を分析したりする必要があり、リーディングとライティングを十分に活かすことができます。

(2)特許についての専門スキルも身につけることができ、高い年収を見込める

 また、特許技術者がおすすめである理由として専門スキルも身につけることができ、高い収入が見込めることが挙げられます。上記の(1)のように、特許翻訳ができたり、外国の中間処理をこなすことができれば、これらの単価は大きく売り上げを稼げて年収も高くなります。

 実は特許技術者というのは、英語が苦手な方が多いです。そして、特許翻訳や外国中間処理が苦手でうまくできないか、時間がかかる人が多いです。これらのコツを身に着けてどんどん処理をこなせれば売り上げを稼げて年収を上げることができます。

 実際、僕の知人には外国中間処理だけで900万円程の年収を稼げる人もいます。更に、特許明細書が書けるようになれば「鬼に金棒」という感じで、1000万円プレイヤーになることも十分可能です。

 このように、専門スキルを磨けばどんどんお金を稼ぐことができるのもおすすめする理由の1つです。

(3)フレックス制度や在宅制度など働きやすい環境にある

 更に、特許技術者がおすすめである理由として働きやすい環境にあることが挙げられます。具体的には特許事務所での働き方は以下のような感じです。

・フレックス制度があり、好きな時間に出社できる

・在宅可能なところが多い

・十分広いデスクスペースで仕事ができる

・静かな雰囲気で干渉されにくく仕事ができる

 特許事務所の働き方でよい点はフレックス制度があることです。好きな時間に出社できるので、例えば満員電車を避けたりすることもできます。また、在宅可能なところも多く、育児・介護が必要な方であれば仕事と家庭とをバランスよく両立させることもできます。

 更に特許事務所では十分広いデスクペースで仕事ができたり、静かな雰囲気で干渉されにくく仕事ができるというメリットもあります。 

 希望に合う特許事務所を選ぶためには転職サイトを利用しよう

f:id:mayaaaaasama:20190812140018j:plain

 以上のように、英語を活かす仕事なら特許事務所で特許技術者として働くことがおすすめです。では特許事務所の求人案件はどのようにして探せばよいでしょうか。

 おすすめは特許事務所に特化した転職サイトに登録することです。

 転職サイトは、特許事務所の求人案件が豊富なところを選びましょう。そのような転職サイトとしてベストなのが「リーガルジョブボード」です。リーガルジョブボードは、特許事務所に特化しており、求人案件の数がとても多いですので希望に合った事務所を見つけることができます。「リーガルジョブボード」1択といってもよいです。

「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから1分で簡単に「無料登録」できます。

 登録の後は、求人を出した特許事務所からスカウトメールを待ちます。スカウトメールが来て希望の事務所に合致したところであれば面接を受けに行きましょう。

 今は転職を考えていなくても、少しでも気になったらとりあえず登録だけしておいてみるのがよいです。面倒なので登録しなければ自分に合った仕事であったにもかかわらず、そのような仕事を見過ごしてしまいかねないためです。

 入所してからのミスマッチを防ぐためにはエージェントの利用は不可欠です

f:id:mayaaaaasama:20190812181931j:plain

 以上のように、登録の後は求人を出した特許事務所からスカウトメールを待つのもよいですが、積極的に動きたいのであればエージェントを利用しましょう。「リーガルジョブボード」にはエージェントもいますので、エージェントから希望の特許事務所を紹介してもらえます。

 この場合には、転職エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した特許事務所を紹介してもらうのがよいです。失敗しない特許事務所選びをしたいのであればこちらがおすすめです。転職エージェントが実際に事務所を取材しているため事務所の内情を細かいところまで聞くことができます。内情とは、例えば、給与システム、事務所の雰囲気、所長・パートナーの人柄などです。

 このため、事務所に入ってミスマッチングというようなことはありません。

 また、「リーガルジョブボード」の転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットもあります。

・履歴書などのコンサルを受けてもらえる

・面接のスケジューリングなど面倒な作業を代わりにしてもらえる

・面接に同席してもらえる

・特許事務所と年収交渉をしてもらえる

・内定でお祝い金をもらえる

 特に重要なのが、「年収交渉」です。転職エージェントは「交渉のプロ」ですから、年収交渉で希望以上の年収を上げることができます。

 「リーガルジョブボード」こちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」をエージェントに伝えましょう。エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 専門スキルの習得には時間がかかります。思い立ったら即行動しましょう

f:id:mayaaaaasama:20190802081806j:plain

 以上のように、英語を活かす仕事なら特許技術者がおすすめです。ただし、特許技術者は専門性の高い仕事ですので、専門スキルを身につけるには時間がかかります。このため、気になったり、ジョブチェンジをしたいと思ったら即行動しましょう。

 ここで転職めんどくさいなあと思うかもしれません。そこでちょっとずつ少しの行動をするのがよいです。上記の通り、「リーガルジョブボード」に登録してみてスカウトメールを待つだけでもよいと思います。そういう少しの行動をちょっとずつ積み重ねれば転職も案外スムーズにいきます。ちょっとずる行動してみましょう。

  「リーガルジョブボード」こちらのサイトから「無料」で1分で簡単に登録できます。自分に合った仕事を見つける一歩をまずは踏んでみましょう。

 以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.