特許 特許-特許事務所

ブラック特許事務所を抜け出す方法|心身崩壊する前に抜け出しましょう

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、僕は、特許業界に長いこといるので特許業界について詳しいです。

 今回は「ブラック特許事務所を抜け出す方法|心身崩壊する前に抜け出しましょう」というタイトルにてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

こういうところはブラック特許事務所です

f:id:mayaaaaasama:20190819074221j:plain

 ブラック特許事務所とはどんな事務所でしょうか。何をブラックと感じるかは個人差も大きいと思いますが、たいていは以下のケースのいずれか複数に当てはまるのであればブラック認定されることが多いです。

・未経験者に実務の指導なし

・年収が不当に低い

・ノルマが課せられる

・パワハラがひどい

・サービス残業が当たり前

・有給休暇が取れない

 ちなみに僕が最初にいた特許事務所は上記の全てに当てはまりました笑

ブラック特許事務所にい続けると心身崩壊して人生詰みますよ

f:id:mayaaaaasama:20190819080424j:plain

 ブラック特許事務所にい続けると心身崩壊して人生詰みます。

 こういうブラック特許事務所にい続けても何ら成長もしないですし、それでいて体力を消耗しすぎたり、メンタルがやばくなったりします。しかもこういうブラック特許事務所では、不当に安い年収で働かせているので、いつまでたっても貧乏です。

 その結果、心身崩壊して人生が詰むこともあります。

 僕の知人でも、所長へのパワハラがひどすぎてメンタルが崩壊して長期入院をした方(50代)がいます。そのせいで弁理士試験の勉強も十分でなく、弁理士の資格をとれたのが40代半ばだったそうです。もっと早めに資格を取得できれば、今では大手のパートナーとして活躍していたところ、今もその所長の下で小さい事務所で働いているそうです。

 また、ブラック特許事務所にい続けると人間的にも性格がやばくなってしまいがちです。僕には30代前半の知人がいますが、彼はとある事務所で仕事を振られても断れず仕事をしすぎてオーバーワークをしています。そして、その一方でそのブラック特許事務所には、パートナーから優遇されている高齢の事務員がいて、その事務員が仕事をほとんどしないそうです。そして、彼はツィッターなどで事務所の不満を吐露したり、〇〇は仕事ができないと人を貶めたりしています。もちろんストレスがたまる気持ちは分かりますが、その発散が変な方向にいくと人間性もおかしくなっていきます。

 特にブラック特許事務所にい続けると、不当に安い年収であるにも関わらず、仕事を振られ過ぎてオーバーワークをし過ぎやすくなります。そして、その仕事を処理することを優先的になってしまい、他のことが二の次となってしまって周りが見えなくなります。そうすると、どんどん事務所から抜け出すことができず、事務所にい続けてしまうことになってしまいます。

ブラック特許事務所から抜け出せない人の特徴

 たいていブラック特許事務所から抜け出せない人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

・真面目

・責任感が強い

・争いごとを嫌う

 いずれも素晴らしい性格ですが、それをブラック特許事務所の所長は逆手にとって利用します。こういう人は要注意です。

ブラック特許事務所を抜け出す方法

f:id:mayaaaaasama:20190819080830j:plain

 以上の通り、ブラック特許事務所で心身崩壊する前に抜け出しましょう。

 ここで抜け出すと言っても仕事が溜まっているし、なかなか動けないという方も多いと思います。そこで、ちょっとずつ行動を起こしていくのがよいです。

 ではどのように行動すべきかというと以下の(A)か(B)のいずれかのように行動するのがよいです。

(A)転職サイトに登録して特許事務所からスカウトメールを待つ

(B)転職エージェントとヒアリングして希望条件に合致した事務所を紹介してもらう

 いずれにおいても、自分から「積極的に」仕掛ける必要はなく「受け身」の体勢であるため、それほど負担がかからず、仕事と転職活動を両立させることができます。

 いずれにおいても転職サイトに登録するだけなのでまずはそこから始めるのがいいです。これが抜け出すためのファーストステップです。登録は1分程度でできるので最初のステップとしてはとてもやりやすいです。むしろこの登録もためらうようであれば事務所にい続けて消耗してしまい人生が損をするパターンとなってしまいます。

 以下、(A)と(B)についてそれぞれ説明します。

(A)転職サイトに登録して特許事務所からスカウトメールを待つ

 まずは転職サイトに登録して特許事務所からスカウトメールを待つのが考えられます。特許事務所の求人案件が豊富な転職サイトに登録して、あとは自分の職歴などに興味をもった特許事務所から連絡がくるのをまちます。そして、その後、面接へと進み自分の希望に沿った事務所から内定をもらえるとブラック特許事務所を抜け出すことができます。

 この場合であれば受け身の体勢であるため負担が軽減され、それほど時間をかけることなく転職活動ができます。自分でパテントサロンなどの求人サイトを見て応募するよりも効率的です。

 ただし、登録する転職サイトは特許事務所の求人案件が豊富なところにすべきです。

 ではそのような転職サイトとしておすすめなのはどこかというとそれは「リーガルジョブボード」です。「リーガルジョブボード」がおそらく転職サイトの中でだんとつに特許事務所の求人案件を抱えているためこれ1択でよいです。

 「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから「無料登録」できます。しかも1分程度で簡単に登録できます。ブラック特許事務所を早く抜け出して人生を豊かにするためにも即登録した方がよいです。

(B)転職エージェントとヒアリングして希望条件に合致した事務所を紹介してもらう

 次に、「転職エージェントとヒアリングして希望条件に合致した事務所を紹介してもらう」ことが考えられます。この場合、転職エージェントのいる転職サイトに登録しすると、エージェントから連絡がきます。その後、エージェントとヒアリングして希望条件を伝えると、エージェントから希望条件に合致した特許事務所を紹介してもらえます。

 この場合には、エージェントから特許事務所の内情(給与システム、所長・パートナーの人柄、事務所の雰囲気)を細かく知ることができますので、事務所に入った後のミスマッチングを防ぐことができます。エージェントは実際に特許事務所に取材を行うので、細かいところまで情報を知っています。

 このため、自分の希望条件に合致した特許事務所にすぐにでも行きたいという方は転職エージェントを利用するのがよいです。

 ただし、転職エージェントの中には自分の都合のよい事務所に誘導させようとしたり、そもそも特許事務所に詳しくないエージェントも多いです。そこで特許事務所に特快しており、誠実かつ信頼できるエージェントを選ぶことが重要です。

 ではどこのエージェントがいいのかというとそれは「リーガルジョブボード」です。

 大手転職エージェントの場合には、特許事務所に特化したエージェントがいないことがあり、利用する意味があまりないことが多いです。一方それ以外の特許事務所に特化したエージェントもありますが、求人案件の豊富さ・信頼性・誠実性を考慮すると「リーガルジョブボード」1択です。

 また、「リーガルジョブボード」の転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットもあります。

・履歴書などのコンサルを受けてもらえる

・面接のスケジューリングなど面倒な作業を代わりにしてもらえる

・面接に同席してもらえる

・特許事務所と年収交渉をしてもらえる

・内定でお祝い金をもらえる

 特に重要なのが、「年収交渉」です。転職エージェントは「交渉のプロ」ですから、年収交渉で希望以上の年収を上げることができます。

 「リーガルジョブボード」こちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」をエージェントに伝えましょう。エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 即行動しないと一生ブラックの人生で終わりますよ

f:id:mayaaaaasama:20190819083648j:plain

 以上のとおり、ブラック特許事務所から抜け出すためには、(A)か(B)のどれかをとりましょう。

(A)転職サイトに登録して特許事務所からスカウトメールを待つ

(B)転職エージェントとヒアリングして希望条件に合致した事務所を紹介してもらう

 いずれにおいても「リーガルジョブボード」がよく、「リーガルジョブボード」こちらのサイトから「無料」で登録できます。たった1分ほどで登録完了です。

 このたった「1分」の行動が人生を大きく変えるのです。

 ブラックに勤めている知人に僕は転職を進めているのですが、「仕事が落ち着いてから・・・」と言って話を聞きません。こういう人は一生ブラックで人生を消耗してしまいます。仕事よりも自分を優先して、たった一度の人生をより豊かにするために早いうちに抜け出すべきです。いつまでも転職は面倒だしなあと行動していなければいつまでたってもブラックの人生で終わります。年齢がたてばそれだけ転職も難しくなります。

 ブラック特許事務所を抜け出して人生をより豊かにしていきましょう。

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.