特許 特許-特許事務所

特許事務所でお金が稼げない不満を解消する方法|2つあります

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、僕は、特許業界に長いこといるので特許業界について詳しいです。

 今回は特許事務所に働いている人向けに特許事務所でお金を稼げない不満を解消する方法についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

 特許事務所でお金を稼げない不満を解消する方法

f:id:mayaaaaasama:20190818145559j:plain

 では「特許事務所でお金が稼げない不満を解消する方法」についてお話しします。その方法は「2つ」あります。

 その方法とは、「副業」か「転職」です。両方をまとめてやってもよいと思います。

 「副業」の場合には、特許事務所で稼げない分を副業で頑張って稼ぎます。

 「転職」の場合には、待遇のよい別の特許事務所へ転職してそこでお金を稼ぎます。

 一方、特許事務所で何年も頑張っていればいつかは評価してもらえてお金を稼げるようになるという期待はしない方がよいです。会社に期待して体力を消耗するより自分で行動して状況を改善した方が「圧倒的に」効果があらわれます。

 やってはいけないのは、「稼げない」のがわかっているにパートナーなどから案件を引き受けて残業することです。「転職」するための体力も消耗してしまいずっとそこに定着してしまいます。

 では、「副業」と「転職」について詳しく説明します。

 1.副業

f:id:mayaaaaasama:20190818145821j:plain

 特許事務所でお金が稼げない不満を解消する方法の「1つ目」が「副業」です。「副業」としては以下のものが挙げられます。

(1)講師・採点のバイト

(2)ブログ

(3)特許事務所の外注

 まず、副業として「講師・採点のバイト」が挙げられます。講師の場合、本業との両立が難しそうですが、大手資格スクールの採点のバイトは敷居が低いのでとっつきやすいです。ただし、今は採点のバイトの報酬額が安くなっているそうです。これは実際に大手資格スクールの採点のバイトをした弁理士から聞いた話ですが、1枚の答案を採点するのに¥600だそうで、それを100枚採点してようやく¥60000だそうです。また、これはあくまでバイトですので、将来的に何か役に立つものでなく、その場をつなぐだけのものです。そう考えるとあまりおすすめできないかもしれません。

 次に、副業として「ブログ」が挙げられます。弁理士ブログは、僕のブログを含めて結構多くおすすめです。アフィリエイトをやれば例えば月に収益10万円以上を達成することもできます。実際に僕は今では月に収益10万円以上を達成していますし、とある弁理士の方はブログで月に収益30万円を達成しており、月に100万円も射程範囲内であると言っていました。その弁理士は、特許明細書を書くよりもブログを書く方が楽しいとまで言っていました笑 

 実は、特許明細書を書いているとブログ(特にアフィリエイト)の相性は滅茶苦茶いいです。特許明細書では発明を称賛する文章を書きますが、ブログでは商品を称賛する文章を書きます。それにセールスライティングを学べば比較的ブログで上手くやるコツがわかってきます。

 次に、副業として「特許事務所の外注」が挙げられます。特許事務所では、所員だけでさばききれないものを外注することがあります。その外注した案件を担当して自分の稼ぎとするものです。たいていは、案件の単価の3~4割を報酬としてもらえます。このうち、特許翻訳は単価が大きくて、弁理士で英語が強いなら特におすすめです。

 ただし、この場合に、正所員の形態であれば特許事務所の外注を引き受けることは制約などで難しいです。というのも、大手でも正所員が副業を禁止しているところが多いからです。一方、個人事業主の形態であれば、コンフリクトに抵触するなどの一部例外を除いてできます。

 もし、今の事務所が正所員の形態で個人事業主の形態で働きたいという方がいれば今僕が勤めている事務所を紹介しますのでメール(yamateninsa@gmail.com)かツィッター(ツィッター@mayaaaaasama)のDMまで頂ければと思います。

 2.転職

f:id:mayaaaaasama:20190817210543j:plain

 特許事務所でお金が稼げない不満を解消する方法の「2つ目」が「副業」です。仕事と副業が難しい場合には手っ取り早く「転職」した方がよいです。

 特許事務所の中には、年功序列制の事務所があったり、単価のよくない案件ばかりやらされて売上が上がらない事務所があることも事実です。また、実務について指導をしてくれずいつまでたっても実務能力が上がらない方も多いと思います。

 そういうところは、いくら仕事を処理して頑張ってもその努力が報われることはありません。無駄に体力を消耗して、それ以外にやる気力がなくなりいつまでもそこに定着してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 そうなる前に「即行動」して「転職」しないと人生損をします。

 確かに「転職」は面倒ですが、フットワークの軽さが重要です。もし特許事務所に不満があるけれど「面倒」だしやらないとか「仕事が忙しすぎて」できないという方は特許事務所にすでに搾取されています。

 仕事とか職場とか上司とかよりも今の自分を優先にすべきです。「転職」してより待遇のよい「特許事務所」へ転職しましょう。実際に僕のまわりで年収が不満があり、別の特許事務所に転職した人を複数知っています。

 転職のやり方としては、以下のやり方が効率的で「面倒」な手間も省けます。

(A)求人が豊富な転職サイトに登録して、特許事務所からスカウトを待つ

(B)転職エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した特許事務所を紹介してもらう

 (A)については、転職サイトに登録して特許事務所からスカウトメールを待つのが転職活動に伴う手間が省けて効率的です。パテントサロンなどの求人サイトを見て自分から応募することも考えられますが、それだと自分から行動しないと行けず手間もかかりますし、求人サイトに応募するところは決まって同じ事務所です。それよりも豊富な求人案件を抱えている転職サイトに登録するのがおすすめです。

 ではそのような転職サイトとしておすすめなのはどこかというとそれは「リーガルジョブボード」です。「リーガルジョブボード」がおそらく転職サイトの中でだんとつに特許事務所の求人案件を抱えているためこれ1択でよいです。

 「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから1分で簡単に「無料登録」できます。

 (B)については、転職エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した特許事務所を紹介してもらうのがよいです。失敗しない特許事務所選びをしたいのであればこちらがおすすめです。転職エージェントが実際に事務所を取材しているため事務所の内情を細かいところまで聞くことができます。内情とは、例えば、給与システム、事務所の雰囲気、所長・パートナーの人柄などです。

 このため、事務所に入ってミスマッチングというようなことはありません。

 ここで転職エージェントとして「リーガルジョブボード」がおすすめです。大手転職エージェントの場合には、特許事務所に特化したエージェントがいないことがあり、利用する意味があまりないことが多いです。一方それ以外の特許事務所に特化したエージェントもありますが、求人案件の豊富さ・信頼性・誠実性を考慮すると「リーガルジョブボード」1択です。

 また、「リーガルジョブボード」の転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットもあります。

・履歴書などのコンサルを受けてもらえる

・面接のスケジューリングなど面倒な作業を代わりにしてもらえる

・面接に同席してもらえる

・特許事務所と年収交渉をしてもらえる

・内定でお祝い金をもらえる

 特に重要なのが、「年収交渉」です。転職エージェントは「交渉のプロ」ですから、年収交渉で希望以上の年収を上げることができます。

 「リーガルジョブボード」こちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、「希望年収」をエージェントに伝えましょう。エージェントが、このような希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190807192959j:plain

「特許事務所でお金が稼げない不満を解消する方法」

1.副業

(1)講師・採点のバイト

(2)ブログ

(3)特許事務所の外注

2.転職

(A)求人が豊富な転職サイトに登録して、特許事務所からスカウトを待つ

(B)転職エージェントに希望条件を伝えて、希望条件に合致した特許事務所を紹介してもらう

 いずれにおいても転職サイトは「リーガルジョブボード」がおすすめ。「リーガルジョブボード」はこちらのサイトから簡単に無料で登録できます。

以上

関連記事

弁理士試験の勉強方法のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/03/02/200452

特許事務所への転職のおすすめ記事

https://www.mayaaaaasama.com/entry/2019/06/15/163351

弁理士試験 合格見込みの方へ

-特許, 特許-特許事務所

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.