特許

「最速」でお金を稼ぐためには特許事務所の転職は「3回」しておくべき話

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、僕は、特許業界に長いこといるので特許業界に詳しいです。

 そこで今回は、「年収を上げるために特許事務所の転職は『3回』しておくべき話」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回の記事は、以下のような方にご参考になればと思います。

・特許事務所未経験の方で年収を稼ぐためにどのようにステップアップしたらいいか知りたい方

・特許事務所経験者で年収に伸び悩んでいる方

スポンサーリンク

お金を稼ぐために特許事務所の転職は「3回」しておくべき

f:id:mayaaaaasama:20190815133216j:plain

 お金を稼ぐために特許事務所の転職は『3回』しておくべきです。

 特許事務所では、転職を繰り返した方がスキルアップと年収アップが見込めます。実際に、多くの弁理士が特許事務所を転々としています。これについては、適当に特許事務所のHPを見て所属する弁理士のプロフィールを見ればわかると思います。

 最も効率よくスキルアップと年収アップが見込めるやり方は以下のとおりです。

 ・1所目「良質な指導が受けられる中小特許事務所」(インプット)

 ※ここで専門スキルをみにつける

 ・2所目「案件が豊富にある大手特許事務所」(アウトプット)

 ※ここで売り上げを上げるコツをつかむ

 ・3所目「年収の高い特許事務所」

 ※専門スキルを身につけて売り上げを稼ぐことができればこの業界では最強のためより待遇のよい事務所へ転職できる

 

 このように、転職を3回繰り返いしていけば、特許事務所で高い年収を稼ぐことができます。以下、具体的に説明していきます。

 1所目「良質な指導が受けられる中小特許事務所」

f:id:mayaaaaasama:20190812175647j:plain

 まずは中小特許事務所で専門スキルを丁寧に身につけます(インプット)。ここで、この業界では専門スキルとして特許明細書が書ければお金を稼ぐことができます。特許明細書って何!?という方は過去記事で簡単に説明しているのでよければご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

 なぜ「大手」ではなく「中小」の方がよいかというと、中小の方が、特許明細書の質が高い傾向にあり、所長クラスの熟練者からマンツーマンで指導を受けられる可能性が高く、短期間でスキルが「伸びやすい」からです。実際、僕も中小特許事務所で所長から指導を受けてもらい、1年ちょいで特許明細書が書けるようになりました。ここで、書けるようになったとは、大手でパートナーからほぼノーチェックでクライアントに明細書を提出できるくらいのレベルです。

 ここでの修業期間は1~2年程です。後述しますが、大手で通用するくらいであればよいのでそれほど長居する必要はありません。

 中小では、専門スキルを身につけることだけを考えましょう。ここで売り上げを稼ごうとしても稼ぎにくいです。売り上げを稼ぎやすい「大手」へ転職しましょう。

 2所目「案件が豊富にある大手特許事務所」

f:id:mayaaaaasama:20190806204211j:plain

 中小で専門スキルを身につけた後は、大手特許事務所へ転職します。大手特許事務所では、これまでに身につけた専門スキルを活かして案件を「高速処理」して売り上げを稼ぎます(アウトプット)。

 「高速処理」って大変そう・・・と思うかもしれませんが、中小で専門スキルを身につけていればそれほどではありません。というのも、たいていは、中小の方が大手よりも質が高く、中小で専門スキルを身につけていれば、大手では「余裕」で通用するからです。ここでは、「質」よりも「量」です。中小では「質」重視でスピードを考えていませんでしたが、ここでは「量」重視で処理していけばよいです。最初に「質」重視で取り組んでいると、いい意味で「手を抜く」ポイントがわかりますので、「質」から「量」へやり方を変えるのにそれほど難しくはありません。

 大手でも年収をある程度は稼げますが、ここまでくれば、特許事務所で相当の売上を稼ぐことができ、特許事務所では希少価値の存在となりえます。大手にとどまるよりも、より高い年収を提示してくれる事務所はあるはずです。

 3所目「年収の高い特許事務所」 

f:id:mayaaaaasama:20190808083713j:plain

 大手で売り上げを稼げるようになったら、自分の市場価値を知るとともに、転職活動をスタートさせましょう。

 今は特許事務所は人材不足ですので、大手で売り上げを稼げるような希少価値をもった人材は引く手あまたです。売り上げが順調に伸びている特許事務所であれば、大手よりも高い年収を提示してくれるところもあります。実際に、僕の知人も大手から別の特許事務所や知財コンサル系の会社へ転職して年収数百万円以上アップしています。

 このように、「中小」で修行をして、「大手」で売り上げを稼げるようになって、更に「年収の高い事務所」へ転職することがこの業界で成功するコツです。「中小」「大手」「年収の高い事務所」の3回転職することをおすすめします。

 特許事務所で成功するためには「即行動」と「慎重な事務所選び」が重要

f:id:mayaaaaasama:20190728101748j:plain

 以上のように、特許事務所で働く場合には、転職を繰り返すことを念頭に置いた方が、スキルアップと年収アップが見込みやすいです。

 上述のとおり、転職回数は「3回」として、思い立ったらすぐに行動する「行動力」と、「インプットするための事務所」「アウトプットするための事務所」「高い年収を稼ぐための事務所」の3つを慎重に選ぶ「慎重な事務所選び」が重要です。

 適切な事務所を選びために転職エージェントを利用しましょう

f:id:mayaaaaasama:20190427141641j:plain

 

 適切な事務所を選びために、「転職エージェント」を利用すべきです。特に未経験者は転職エージェントを利用した方がよいです。

 というのは、特許事務所の情報量は少なく、自分一人で求人サイトを見て転職活動をすると、失敗することが多いためです。かくいう僕も最初は自分で選んで失敗しました。失敗したくなければ転職エージェントを利用すべきです。

 また、経験者にとっても、求人サイトにはない「隠れ優良求人案件」を紹介してもらえるというメリットもあります。とりあえず登録だけしといて優良求人案件を紹介してもらえるようにしましょう。更に、市場価値を知るためにも転職エージェントを利用することは重要です。

 また、「転職エージェント」を利用すれば、面倒なところはエージェントに負担してもらえるので慎重に特許事務所を選ぶことができますし、転職エージェントは特許事務所の内情を細かいところまで把握しているので希望の事務所とマッチングしやすくなります。

 ただし、転職エージェントの中には、特許事務所に精通していなかったり、自分の都合のよいように変な事務所に誘導させるエージェントがいることも「事実」ですので、特許事務所に特化して、誠実かつ信頼できるエージェントを選ぶことにしましょう。

 そのようなエージェントとしておすすめなのが、「リーガルジョブボード」です。「リーガルジョブボード」は特許事務所に特化したエージェントがいます。実際に僕もこのエージェントにお世話になりましたが、とても誠実で信頼できる方でした。また、ネットでの評判も良好であり、信頼できるエージェントであることがわかります。

 しかもリーガルジョブボードでは、面接に同伴してくれたり、「交渉のプロ」であるエージェントが特許事務所と年収交渉してくれたり、内定が決まると数万円の「お祝い金」を貰えます。これらは、「無料」で対応してくれるのです。

 控えめに言ってもリーガルジョブボードは「使わないと損」です。

 そこで、失敗しない転職をするために、「リーガルジョブボード」に登録してみましょう。「リーガルジョブボード」の利用方法はとても簡単です。

 まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、エージェントに希望条件を伝えて求人案件を紹介してもらいましょう。 

まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190427140113j:plain

 以上をまとめます。

 「お金を稼ぐためには特許事務所の転職は「3回」しておくべき話」

・1所目「良質な指導が受けられる中小特許事務所」(インプット)

 ※ここで専門スキルをみにつける

 ・2所目「案件が豊富にある大手特許事務所」(アウトプット)

 ※ここで売り上げを上げるコツをつかむ

 ・3所目「年収の高い特許事務所」

 ※専門スキルを身につけて売り上げを稼ぐことができればこの業界では最強のためより待遇のよい事務所へ転職できる

⇒転職活動に転職エージェントは必須。転職エージェントは「リーガルジョブボード」1択。こちらのサイトから無料登録。

 

 また、特許事務所へ入所してから、弁理士試験を合格することも重要です。このブログでは弁理士試験のやり方についても解説しているのでご覧ください。

www.mayaaaaasama.com

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.