特許

特許事務所でお金を稼ぎたいなら自分の「市場価値」を知るべきです

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 このように、僕は、特許業界に長いこといるので特許業界に詳しいです。

 今回は、「特許事務所でお金を稼ぎたいなら自分の『市場価値』を知るべきです」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回の記事は、特許事務所に勤めていて年収などの待遇に不満がある方にご参考になればと思います。

スポンサーリンク

  自分の市場価値を知るべき理由

f:id:mayaaaaasama:20190812132658j:plain

 特許事務所で働いているのであれば、自分の「市場価値」は絶対に知っておいた方がよいです。なぜならその方が「年収が稼げるから」です。

 より詳細には、早い段階で市場価値を知っておけば、より高い年収が見込める事務所へ転職できます。そうすると、無駄に働き過ぎて消耗しすぎることもありませんし、より豊かな人生を送ることができます。

 実際に僕も市場価値を最近知ったのですが、「1000万以上」でした。今の年収が800万弱ですので、これは転職しないわけにいきません笑

 ただ、僕の場合には、このブログでも話をしましたが近々独立開業する予定のため、転職せずにまだおりますが笑

  そして、意外と気づいていないかもしれませんが、ある程度のスキルがある人は、思っている以上に市場価値が高いことが多いです。

 僕の周りにも市場価値を知って転職して年収アップをした方が多くいます。具体的には以下のとおりです。

 弁理士Aさん:大手特許事務所年収550万円⇒外資系コンサル年収750万円

 弁理士Bさん:大手特許事務所年収600万円台⇒隠れ優良事務所年収800万円

 このように、自分の市場価値を知ることで転職活動するモチベも出てきて、転職も成功しやすくなります。

 

 市場価値はどのようにして調査すべきか

f:id:mayaaaaasama:20190812140018j:plain

 では自分の市場価値はどのようにして調査すべきでしょうか。

 それは、特許事務所に特化した転職エージェントを利用することです。

 より詳細には、転職エージェントに登録して、履歴書を送ってエージェントが紹介する求人案件を見たらOKです。その求人案件が提示する年収から自分の市場価値を把握することができます。

 なお、履歴書を送るのが面倒くさい方はエージェントに自分のスキルを伝えればよいです。

 おすすめの転職エージェント

f:id:mayaaaaasama:20190810213949j:plain

 ここで、どの転職エージェントを利用した方がよいかについてもお話しすると、「リーガルジョブボード」1択でよいです。リーガルジョブボードは、特許事務所に特化して、信頼でき誠実なエージェントの方がいます。僕もこのエージェントの方にお世話になりましたし、ネットでも評判が高いのがうかがえます。

 また、自分の市場価値を知って、更に転職活動に踏み込むのであればなおさら「リーガルジョブボード」1択です。リーガルジョブボードを利用すると、「交渉のプロ」であるエージェントが特許事務所と交渉してくれるので、高い年収アップが見込めます。また、働きながら転職活動をすると消耗しやすいですが、スケジュール管理や履歴書の添削などをエージェントが担当してくれて、面倒なところを代わりにやってくれるので、仕事と転職活動を上手く両立できます。更に、特典として内定が決まると、数万円程度のお祝い金ももらえたりします。

 控えめに言っても「リーガルジョブボード」は「使わないと損」です。

 まずは、自分の市場価値を知るために、「リーガルジョブボード」に登録してみるのがよいです。「リーガルジョブボード」の利用方法はとても簡単です。

 まずはこちらのサイトから「無料」で簡単に登録できます。

f:id:mayaaaaasama:20190712161825p:plain

 こちらのサイトをクリックすると、上図の画面が表示されるので「会員登録」をクリックします。

f:id:mayaaaaasama:20190712162021p:plain

 次に、上図の画面が表示されるので、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」「職種」の情報を入植して、「利用規約とプライバシーポリシーに同意」にチェックを入れるだけです。たったこれだけで「登録完了」です。

 その後は、エージェントから電話がくるので、エージェントとに自分のスキルを伝えたり、履歴書を送って、市場価値を知りましょう。 

 人材不足の特許業界で動くなら今が狙い目です

f:id:mayaaaaasama:20190808084510j:plain

 今の特許事務所はどこも人材不足です。そのため、一層仕事を振られて消耗しきっている方も多いと思います。それにもかかわらず、思うように年収が上がらない。このような待遇に不満があるなら、今動くのが狙い目です。

 市場価値が高ければ、どこの特許事務所でも行くことができます。特許事務所では、1つの特許事務所で長い間働き続けるよりも、別の事務所へ転々と移ったほうが年収アップが見込めます。確かに大手ではパートナーに就任すると、年収が2000万円ほどが見込めますが、パートナーになるまでにはその事務所に10年以上い続けなければならないことが多いです。その間に体力も消耗してしまいますし、若いうちから稼ぐという趣旨に合っていません。

 特許事務所では、市場価値を知って、年収の高い事務所へ転職(ジョブホッピング)するのが豊かな人生を送れるコツです。

 弁理士の資格があれば、より市場価値は上がります

 特許事務所では、資格の有無に限らず特許技術者として働くことができます。ただし、弁理士の資格があれば、市場価値は一層上がります。

 有資格と専門スキル有の組み合わせは強力です。これで800万円以上の市場価値が見込めます。え?自分は両方もっているけど、年収はそんなにないけど!?・・・と思う方はリーガルジョブボードのこちらのサイトから無料登録して市場価値を引き出しましょう。

 このため、特許技術者であれば弁理士試験も重要です。このブログでは弁理士試験の勉強法について分かり易く解説していますのでご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

 まとめ

f:id:mayaaaaasama:20190808083713j:plain

 以上をまとめます。

 特許事務所でお金を稼ぐために、自分の「市場価値」を知ることが重要。

 「市場価値」はどうやって調べるのか。

 ⇒転職エージェントを利用する

 ⇒転職エージェントの中でも特許事務所に特化しており、信頼できる「リーガルジョブボード」がおすすめ

 ⇒「リーガルジョブボード」への登録は超簡単。こちらのサイトから5分で無料登録できる

 ⇒市場価値を知って、より高い年収が見込める事務所へ転職するのがよい(ジョブホッピング)

以上

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.