特許

ブラック特許事務所に転職して成功する例|〇〇のあるところなら行く価値ありです

投稿日:

 僕は、とある法律事務所で働く弁理士(ツィッター@mayaaaaasama)🙈

f:id:mayaaaaasama:20190622224128p:plain

 僕は、「7年」ほど特許事務所の業界で働いています。詳しくはこちらです。

 なお、他にも職歴はありますが、今回の記事とは異なるものなので外しておきます。

・中小特許事務所(最初の特許事務所。出願業務を主に担当。)

・中小特許事務所(2か所めの特許事務所。ここで特許明細書の書き方を一通りマスター。)

・大手法律事務所(出願業務を主軸とし、弁護士と協同して鑑定なども担当。今ここ。)

 今回は、「ブラック特許事務所に転職して成功する例|〇〇のあるところなら行く価値ありです」というタイトルにてお話ししたいと思います。

 今回の記事は、特許事務所への転職を考えている方、特にブラック特許事務所を避けたいと考えているような方にご参考になればと思います。

スポンサーリンク

 ブラック特許事務所とは

f:id:mayaaaaasama:20190801082109j:plain

 特許事務所へのジョブチェンジを考えている方にとって、ブラック特許事務所は是が非でも避けたいところです。

 ところで、ブラック特許事務所とはどのような事務所でしょうか。具体的には以下のようなところが挙げられます。

・パワハラがひどい

・年収が低い

・ノルマが課せられる

・残業が多い

・休みがとれない

 このようなブラック特許事務所に転職すると、体力が消耗してしまい最悪心身崩壊してしまいます。是が非でも避けたいところですが、こういう特許事務所では、1つだけ「売り」があるところが多いです。

 その「売り」があれば、そのブラック特許事務所へ行く価値はあります。

 ブラック特許事務所の「1つの売り」とは!?

f:id:mayaaaaasama:20190731163747j:plain

 その「売り」とは、「良質的な指導」です。

 特許事務所では、特許明細書が書けるようになることが重要なスキルですが、このスキルを独学で身につけることは難しく、熟練者から良質な指導を受けながら身に着けていく必要があります。ただし、全ての特許事務所が丁寧に指導を受けてもらえるかというとそうではありません。例えば、ホワイト特許事務所と言われているところでも、指導しないことを事務所の是としているところもあります。このため、良質的な指導をしてくれる事務所というのは未経験者にとってはとても魅力的に事務所なのです。

 実は、「ブラック特許事務所」と言われるところは、そこで所長・パートナーから良質な指導を受けてもらえるところが多いです。実際に僕は、2か所目でブラック特許事務所に転職しましたが、そこで所長と副所長から丁寧に指導を受けて1年ちょいで特許明細書を書けるようになりました。また、知人の話では、激務のブラックと言われる大手特許事務所でも、パートナーが丁寧に指導をしてもらえるらしく、未経験から入った知人はとても勉強になっていると言っていました。

 このように、ブラック特許事務所であっても、良質な指導のあるところなら行く価値は十分にあります。

 もちろん、ブラックでなくても良質な指導を受けてもらえる事務所もあります。しかし、そういうところは求人を募集していなかったり、スペックの高い人材を求めている傾向があり、なかなか入れません。そこで良質な指導を受けてもらえるためには、このようなブラック特許事務所に入るのも「1つの手」かと思います。

 パワハラがきつかったが、指導を丁寧に受けてもらえた話

f:id:mayaaaaasama:20190603213125j:plain

 ここで、ブラック特許事務所であっても、良質な指導を受けてもらえた自分の経験をお話ししておきます。

 僕は、2か所目の特許事務所では、年収も安く、所長より先に帰ってはいけないという暗黙のルールがあったり、所長の夫人がクレームモンスターで相当なパワハラをしていました。ここまでは、この事務所は筋金入りの「ブラック」です。

 しかし、この事務所では、指導が「神」すぎました。この事務所では、1つ1つの案件に対して、所長と副所長に良質な指導を受けてもらえました。その指導は決して理不尽なものではなく、弁理士らしいとてもロジックなものであり、納得のいくもので控えめに言っても「目から鱗」の連続でした。このおかげもあって、僕は、1年ちょいで特許明細書が書けるようになりました。 

 ただし、パワハラ(特に所長夫人(クレームモンスター)のパワハラ)がきつすぎたので、1年ちょい勤めて転職しました。そして、今は大手法律事務所に勤めていますが、正直いって余裕で仕事をしています。

 このブラック特許事務所入ったおかげで高速でスキルアップができました。そして、今では大手法律事務所で比較的高い収入を得ることができています。これは、このブラック特許事務所で経験したおかげといってもいいです。

 ブラック特許事務所に入ってもスキルを身につけサクッと辞めればいい

f:id:mayaaaaasama:20190608162441j:plain

 このように、ブラック特許事務所は環境が厳しすぎますが、「鬼修行」と割り切って、スキル向上のためにひたすら頑張れば高速スキルアップが望めます。

 そして、僕のように1年くらいでサクッと辞めればよいです。長居するとなるとぞっとしますが、1年くらいであれば、耐えられます。特許事務所では転職の回数はそれほど気になりません。3年は頑張ろうとか年数で割り切るのでなく、ある程度スキルが身に付いたならそこでサクッと辞めて大手なり年収の高い事務所へ移動すればよいです。そうすれば、後は人生イージーモードが待っています。

 ブラック特許事務所での鬼修行で重要なこと

f:id:mayaaaaasama:20190727183011j:plain

 このように、ブラック特許事務所で丁寧に指導を受けてもらって鬼修行をするのも今後の成功のために十分にありです。ただし、鬼修行にあたり、注意すべき点があります。それは以下の2点です。

 ・所長の書き方に素直に従うこと

 ・わからなければどんどん聞きまくること

 まず、素直になりましょう。僕の場合、所長の書き方を徹底的に真似るくらい素直になりました。素直で仕事をすれば、指導する側も気持ちいいもので、所長との関係を良好に維持できます。これに対し、自分流の書き方にこだわったりすると、スキルもなかなか身に付かないですし、所長との仲も険悪ムードになり、事務所にいられなくなります。

 次に、わからないことがあればどんどん聞きまくり早いうちに疑問を解消しましょう。質問をしまくる方がやる気があるイメージもとれますし、印象がよいです。それに早いうちにスキルを身に着けないとなかなか早いうちに辞められません。質問を積極的にして疑問を解消するようにしましょう。

 未経験者が特許事務所へ転職するにあたり、「良質な指導」は「マスト」

f:id:mayaaaaasama:20190802081806j:plain

 以上のように、ブラック特許事務所であっても、「良質な指導」があるところなら行く価値は十分あります。もちろん、ブラックでなくてもよいですが、未経験者が特許事務所へ転職するのであれば、「良質な指導」という条件は必須です。

 ただし、注意すべきことがあります。特許事務所の情報量は少なく、未経験者が自分で失敗しない適切な事務所選びをすることは難しいと思います。

 そこで、失敗しない転職活動をやるには、「転職エージェント」の利用をおすすめします。転職エージェントを利用して、良質な指導を受けてもらえる事務所を紹介してもらいましょう。

 更に、転職エージェントを利用することの利点は以下のとおりです。

仕事と転職活動の両立をしやすいため

・エージェントが年収交渉してくれる

・内定が決まると数万円ほどのお祝金

 重要なのは、「年収交渉」です。

 エージェントを利用すると、自分に代わってエージェントが年収交渉をしてくれます。特許事務所では、他の士業の事務所や企業と異なり、年収の交渉によって最初の提示額から大幅にアップが見込めることが多いです。ただし、自分だと上手く交渉できないと思いますのでそこは「交渉のプロ」に頼みましょう。

 このように転職に失敗しないためには、エージェントを利用するのが重要です。ではどこのエージェントを利用すべきでしょうか。

 

 それは、「リーガルジョブボード」です。実際に僕も相談してもらい誠実な対応でお世話になりました。また、リーガルジョブボードはネットでの評判もよく信頼できることがうかがえます。

 特許事務所の転職で失敗しないためにやるべき転職は以下の通りです。

(1)「リーガルジョブボード」に無料登録する。

(2)「リーガルジョブボード」に良質な指導をしてくれる特許事務所を紹介してもらう

 「リーガルジョブボード」への登録は、こちらのサイトからできます。5分で簡単に無料で登録できます。登録後は、転職エージェントから連絡がきますので、希望の条件を伝えて適切な特許事務所を紹介してもらいましょう。

 控えめに言っても「リーガルジョブボード」は「おすすめ」です。登録して特許事務所の転職を上手くすすめましょう。

転職はまず小さな行動の積み重ね

f:id:mayaaaaasama:20190515201310j:plain

 転職はまず小さなステップを一つずつ積み上げることが重要です。まずはこちらのサイトに無料で登録するのが転職活動の第1のステップです。この後、一つずつステップを積み上げて正しい事務所選びをしましょう。

 まずは「行動」です。行動しないと何も始まりません。

 なお、リーガルジョブボードがお勧めの理由について詳しく過去記事で書いています。こちらもご覧いただければと思います。

www.mayaaaaasama.com

以上

 

開業予定の特許事務所です。お仕事の依頼があれば是非!

-特許

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.