弁理士 弁理士試験

弁理士試験の難易度はぶっちゃけ気にしなくてもよい理由

更新日:

士業男子やま
こんにちは。士業男子やまです。

弁理士の難易度って難しそうだな・・・合格できるのか心配だな・・・

士業男子やま
今回はこうした疑問に答えます!!

弁理士の難易度は最難関と言われますが、実際のところはそうでもありません。

僕は難関大学出身ではないですが、弁理士試験の短答・論文必須・口述のいずれも1発合格しています。

弁理士の難易度にとらわれることなく、資格の勉強のやり方をしっかりと理解しておくことが重要です。

そこで今回は弁理士の難易度は気にしなくてよい話をします。

弁理士試験の難易度ってどれくらい!?偏差値は!?

 上の図は、「資格の取り方」という資格サイトのランキングをまとめたものです(参考:https://shikaku-fan.net/)。

 このサイトでは超難関と言われており、偏差値は75と高めの印象です。

弁理士と弁護士の難易度の比較

 この図では、弁理士と司法試験予備試験の難易度は同等くらいです。

 ただし、弁護士の場合には、司法試験予備試験にくわえて更に2回試験があるため、弁護士の方が難易度的には難しいです。

 また、司法試験に合格すると弁理士の資格もとれるので、難易度的にはやはり弁護士を目指す方が難しいと思います。

弁理士と税理士・公認会計士・司法書士の難易度の比較

上の図では、公認会計士・司法書士の方が弁理士よりも難易度が高く、税理士と同等の難易度のようです。

 ただし、税理士の場合には受験資格があるのに対して、弁理士の場合には受験資格がないため、どちらかといえば、弁理士の方が難易度は低いと考えられます。

弁理士試験の合格率はどのくらい!?

弁理士試験の合格率はどのくらいでしょうか。

 年度別に見てみると上の図のようになります(参考:特許庁HP)。

 上の図では、2013年度と2014年度では合格率が極端に下がっていますが、これは2013年度から、短答試験と論文必須試験の難易度が上がったためです。一方、口述試験の難易度は大幅に下がりました。

 この傾向は現在まで続き、今は合格率が7~8%くらいです。

 そうすると、弁理士試験はやはり難しいのではないかと思われます。

 しかし、弁理士試験の難易度がぶっちゃけ気にしなくてもよいかなと思っています。

 その理由を以下にお話しします。

弁理士試験の難易度はぶっちゃけ気にしなくてもよい理由

 弁理士試験の難易度はぶっちゃけ気にしなくてもよいかなと思います。

 実際に僕は難関大学出身者ではありませんが、ふつうに弁理士試験に1発で合格できました。

 弁理士試験の難易度は気にしなくてもよい理由は以下のとおりです。

ポイント

(1)受験生の年齢層が高すぎて他の試験と比較できない

(2)受験生のほとんどが働きながら勉強をしている

(3)勉強のための努力の方向が明確過ぎる

(4)素直に勉強していれば受かる試験

 以下順番にお話しします。。

弁理士試験の難易度は受験生の年齢層が高すぎて他の試験と比較できない

 弁理士試験の受験生の平均年齢は42.1歳です(平成30年度弁理士試験志願者統計)。

 これは他の士業の試験の受験生と比べると「滅茶苦茶」高いです。

 例えば、公認会計士の平均年齢は20代半ばであることからもこの年齢の高さは異様と思います

 ある程度年齢を積んでいくと記憶力などは劣る傾向にありますから、30~40代ではなかなか試験勉強をやろうとしても合格できないのが実情です。

 そうすると、弁理士試験の難しさは、試験自体の難しさというよりも年齢が高いことが大きな要因とも考えられます。

 そして、このような年齢の高い弁理士試験と他の士業の資格とを比較して難易度を測ることはできないのではないかとも思えます。

 このように、他の士業と同じ基準で弁理士試験の難易度をはかるのには違和感があるので、一般的に言われている弁理士の難易度について気にしなくてもよいと思います。

弁理士試験では受験生のほとんどが働きながら勉強をしている

 また、弁理士試験の受験生のほとんどは社会人です。

 統計でみると、平成30年度弁理士試験の受験生3977人のうち、約8割が社会人です(平成30年度弁理士試験志願者統計)。

 つまり、受験生のほとんどが働きながら試験勉強をしているのでなかなか受からないのは当然です。

 これに対し、公認会計士などの他の士業は、受験生が学生であることが多く、学生の間に勉強をして受かることが多いです。

 そうすると、社会人の割合が圧倒的な弁理士試験と、学生の割合が圧倒的な他の士業の試験とを単純に比較するのには違和感を感じます。

弁理士試験では勉強のための努力の方向が明確過ぎる

 次に、弁理士試験は、勉強のための努力の方向が明確過ぎるため、難易度は気にしなくてもよいです。

 本当に難易度が高いようなものは、努力の方向がわからないようなものであり、「特許実務」です。

 弁理士試験は、通信講座を受講してその教材を何度も繰り返しやっていれば受かる試験です。

 勉強法も型が身についていれば短期間で合格できます。

 

 ただし、あれもこれもと教材に手を出してしまいどれも中途半端にやりとげているのであれば「絶対受かりません」。この点は注意が必要です。

 弁理士試験に必要な教材を最低限揃え、かつ勉強の型を身につければ1年で合格は可能です。

 以下では、弁理士試験に必要な教材と勉強の型についてお話しします。

 弁理士試験に必要な教材

 弁理士試験に必要な教材は以下の5つです。

ポイント

「条文集」

「工業所有権法逐次解説(青本)」

「短答式記述試験過去問集」

「簡単な判例集」

「資格スクールが提供する通信講座」

 基本的にこれら5つだけあればOKです。

 弁理士試験は独学では難しいです。短期合格したいなら通信講座を利用しましょう。

「条文集」

 短答式記述試験では、特許法・実用新案法・意匠法・商標法・条約・著作権法・不正競争防止法の7科目の各条文をほぼ丸暗記する必要があります。

 そうしないと、短答式記述試験に合格することは困難です。

 そこで、これらの条文が全て記載された条文集を用意することが重要です。

「工業所有権法逐次解説(青本)」

 条文集を揃えても、各条文を解説した解説書がなければ理解できません。

 そこで、特許法・実用新案法・意匠法・商標法の各条文について解説したものを準備する必要があります。

 これは、工業所有権法逐次解説(青本)と呼ばれるもので、通称青本とも呼ばれています。

 なお、工業所有権法逐条解説はこのサイトから無料で入手可能ですが、PDF媒体だと勉強の効率が悪いので思い切って買ったほうが正解です。

「短答式記述試験過去問集」

 弁理士試験に限らず、どの試験においても過去問をこなしておくのは重要です。

 短答式記述試験用の過去問は必須です。

 ここでどの過去問を使うべきかが悩ましいところですが、解説がわかりやすい「LEC」の教材がベストです。

「2020年 弁理士試験 体系別短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法」

「判例集」

 判例についても勉強をすることが重要です。

 しかし、判例と言っても膨大ですからどこまで知っておくべきかわからないと思います。

 そこでこれだけは知っておきたいという判例を網羅した教材で勉強するのが重要です。

 マニアックな判例を覚えるとかえって「落ちます」。

 ではどの判例集がおすすめなのか。

 それは、「知的財産法判例教室」です。

 これ1択で十分です。

以上の教材については「勉強法」の記事でも紹介しています。

弁理士試験におすすめの勉強法|この勉強法で1発合格しました

続きを見る

資格スクールが提供する通信講座」

 そして最後に重要なのが資格スクールが提供する通信講座です。

 弁理士試験は「短答」は、独学で太刀打ちできても「論文(必須)」はほぼ100%無理です。

 通信講座で提供されるテキストを何度も繰り返し使用して必要な知識をインプットしましょう。

 特に通信講座では、論文の書き方について丁寧に指導をしてくれるので、その指導に沿って論文の書き方を身につけましょう。

 ここで通信講座としてどこがおすすめでしょうか。

資格スクエア」・・・コスパ最高。合格輩出者多数。今はこちらが主流。¥253,000

LEC」   ・・・王道。色んなコースがあるが、「ベーシックコース」1択。¥426,000

スタディング」・・・超格安の¥79,000。合格者の実績あり。

 一昔前ならLEC1択でしたが、価格が高すぎです。

 今なら資格スクエアをおすすめします。資格スクエアを選ぶ利点は、以下のとおりです。

(1)価格が安く予算28万円くらいでおさえられる。

(2)講師と教材の質がよく、短期合格しやすい。

(3)スマホ1台でも勉強でき、忙しい社会人でも勉強時間を確保しやすい。

(4)最年少合格者を輩出しており、合格実績が高い。

弁理士試験の予算が気になる方はこちらの記事をご参考ください。

 

 この講座は、講師・教材の質もよく、しかも大手資格スクールの教材のほぼ半額で購入できます。

 資格スクエアの「基礎・短答・論文パック」には以下の講座が含まれています。

「基礎講座(約150時間)」

「短答対策講座(約80時間)」

「論文対策講座(約80時間」

 これら3つだけですが、どの講座も中身が充実しています。

 短答対策講座と論文対策講座には、インプットだけでなく演習も豊富に含まれており、これさえあれば弁理士試験で勝負できる実力を備えることができます。

 また資格スクエアは、合格最年少を輩出しており、若い人が受かり易い講座です。合格実績も十分です。

 弁理士試験に1発合格した僕が自信をもって「買い」と断言できます。

 資格スクエアの「2021年向け『基礎・短答・論文パック』」のコースは「こちらのサイト」から申し込みできます。

ぶっちゃけ迷うならすぐに買ってすぐに勉強にとりかかるべきです。

弁理士試験は時間との勝負です。

いつまでも迷っていたら時間があっという間に過ぎてしまいます。

 

 教材を揃えたら、すぐに勉強を始めましょう。

 勉強のやり方はこちらです。こちらでは通信講座を利用した過去の僕が実践してきた勉強法を紹介しています。

 詳しい勉強法はコチラです。

弁理士の難易度についてのまとめ

 以上をまとめます。

弁理士試験の難易度はぶっちゃけ気にしなくてもよい理由

(1)受験生の年齢層が高すぎて他の試験と比較できない

(2)受験生のほとんどが働きながら勉強をしている

(3)勉強のための努力の方向が明確過ぎる

(4)素直に勉強していれば受かる

〇おすすめの通信講座

通信講座は「資格スクエアの『2021年向け『基礎・短答・論文パック』のコース1択。こちらのサイト」から申し込みできます。

 弁理士試験勉強のやり方についても記事を書いていますのでこちらもご参考ください。

 以下に弁理士試験の勉強法の記事も書いていますのでご参考ください。

 弁理士試験の短答試験対策【具体化】

 具体的な短答試験対策については下の記事でも書いていますのでこちらをご参考ください。

 弁理士試験の論文試験(必須)対策【具体化】

 具体的な論文試験対策については下の記事でも書いていますのでこちらをご参考ください。

 弁理士試験の勉強時間はどのくらい必要なのか!?

弁理士試験で合格に必要な勉強時間はどれくらい?

どや弁
2000時間あれば足ります。効率よく勉強すれば1000時間でも合格可能です。

 弁理士試験に必要な予算はどのくらい必要なのか!?

弁理士試験に必要な予算てどのくらい?

どや弁
28万円あれば十分ですよ。無駄に不要な教材を買い過ぎないようにしましょう

 弁理士試験勉強のおすすめのスケジュールの立て方

弁理士試験の勉強のスケジュールの立て方を知りたいな

どや弁
俯瞰:仰視:反復を1:3:8の比率でやれるように調整しましょう。詳しくはこちらの記事で書いています。

以上

ツィッターでもIP・SEOについて有益なツィートを発信しています!
記事が気にいってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです!

「たった1年でモノにした極秘のSEO攻略法」をnoteで公開中!

詳しくはコチラです。

このブログのワードプレステーマは「WING(AFFINGER5)」を使用しています。
HTMLやCSSに詳しくなくても簡単にかっこいいデザインが作れておすすめです!

関連

独立開業用のサイトです


※またブログの中に広告の掲載依頼も受け付けています。

-弁理士, 弁理士試験

Copyright© 弁理士ブログ|とある士業の知的な日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.